Lw3r03smlj239y6gfyu7

マフラー・手袋・防寒具

CATEGORY | マフラー・手袋・防寒具

サイクルグローブで冬の通勤を乗り切る!おすすめ自転車用手袋7選!

2019.01.10

極寒の冬にはサイクルグローブがおすすめです。フルフィンガーであれば、防風対策がしっかりとされており、冬の自転車通勤はもちろん、ロングランでも乗り切ることができます。今回は冬におすすめのサイクルグローブを紹介していきます。

  1. 冬はサイクルグローブ
  2. サイクルグローブの選び方
  3. 冬におすすめのサイクルグローブ①:シマノ
  4. 冬におすすめのサイクルグローブ②:モンベル
  5. 冬におすすめのサイクルグローブ③:Wizard
  6. 冬におすすめのサイクルグローブ④:パールイズミ
  7. 冬におすすめのサイクルグローブ⑤:OGKカブト
  8. 冬におすすめのサイクルグローブ⑥:ファイントラック
  9. 冬におすすめのサイクルグローブ⑦:オンヨネ
  10. サイクルグローブで極寒の冬を乗り切れ
極寒の冬の時期は徒歩でも寒いと感じることが多いですよね。自転車で通勤となると風の影響もあり、体感温度はかなり下がります。そんな冬の防風におすすめのアイテムが、サイクルグローブです。冬用のグローブはフルフィンガータイプのものであれば、自転車通勤でも快適です。
引用: http://blog.worldcycle.co.jp/wp-content/uploads/2013/11/glove05.jpg
首都圏などの雪が降らない地域では、冬でも自転車通勤をすることができますが、それでも風によっては極寒の地にいるような寒さが襲ってきます。しかし、グローブがあるだけでも十分防風をすることができます。デザインもおしゃれな物が多く、ファッションとして使うことも可能です。今回はそんなサイクルグローブを紹介していきます。
引用: http://blog.worldcycle.co.jp/wp-content/uploads/2013/11/glove06.jpg
サイクルグローブといっても、様々なメーカーから出ており、どのメーカーのものを選べば良いのかわからないという人も多いはずです。基本的に冬の通勤などの、体幹気温が極寒になる環境の場合は、フルフィンガータイプのサイクルグローブがおすすめです。手首までホールドしてくれる物であり、手首の部分がきちんとフィットするものであれば、なお良いでしょう。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mis/gr/115/image.wowma.jp/44649696/skytrail/cabinet/040item/040-bka98914055.jpg
いくらフルフィンガーのグローブ出会っても、手首の部分までしっかりホールドされていなければ、隙間から風が入り込んでしまいます。また、手首までホールドできても、しっかりとフィットするような構造になっていなければ、意味がありません。また、防風に重点を置きすぎて、ブレーキハンドルなどの操作がしにくくなると、今度は操作性などにも影響を及ぼしてしまいます。
引用: http://www.onyone.co.jp/images/detailed/11/oda97080_684_wb7w-nx.png
自転車用品や釣具を展開しているシマノのサイクルグローブは、信頼性と性能がかなり良いです。防風対策はもちろん、古フィンガーであるため、防寒対策についてもしっかりとされています。価格もかなりお手頃であるため、コストパフォーマンスもかなり高いサイクルグローブです。
引用: http://smarttopics.net/wp-content/uploads/2015/10/20151015-142822-e1444886953672.png
また、シマノのグローブは立体構造となっているため、ブレーキ操作などのときにも、グローブを付けた状態での操作もしやすく、実用性も高いです。さらにグローブを付けた状態でもスマホの操作をすることができるため、外でスマホ操作をしなければいけないときにわざわざグローブを脱ぐ必要もありません。
引用: http://smarttopics.net/wp-content/uploads/2015/10/20151015-143108-e1444888977293.png
アウトドア用品を中心に扱っているモンベルからも、自転車用のサイクルグローブが出ています。こちらもフルフィンガーであるため、防風はもちろん、指先までしっかりと防寒ができます。デザインはシンプルですが、その分安価なので、低価格のサイクルグローブを探している人におすすめです。
引用: http://smarttopics.net/wp-content/uploads/2015/10/k_1130430_bk-e1444887994247.jpg
登山用品をメインに扱っているだけに、防風や防寒はしっかりとしており、極寒の寒さでもしっかりと手を保温してくれます。スマホの操作も可能で、グローブを脱ぐ必要はありません。しかし他のものよりも作りがしっかりとして固いため、ブレーキなどの操作は若干しにくいというのが欠点です。
引用: https://tech-swing.net/wp-content/uploads/2017/03/IMG_7921-728x477.jpg
Wizardのサイクルグローブは、スポーティーなデザインが特徴です。こちらもフルフィンガータイプであり、指先までしっかりと防風がされています。また、手首の部分はフィット性がかなり高いため、手首から風が入り込んでしまうということもなく、完全に風をシャットダウンしてくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91%2B6JXLIlhL._UL1500_.jpg
こちらも立体構造であるため、ブレーキハンドルの操作などもしやすく、毎日の自転車通勤はもちろん、冬のロングライドでも安心できます。しかしスマホ操作に関しては、一部では対応していないモデルもあるため、購入するときはスマホ操作が可能かどうかを確認した上で検討するようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71WZvTzSsTL._UL1274_.jpg
冬用のサイクルグローブであれば、パールイズミのサイクルグローブもおすすめです。多くのサイクルグローブを展開しており、それぞれの季節に適したサイクルグローブを扱っています。特にパールイズミのサイクルグローブは、気温5度という極寒の地でもしっかりと手を温めてくれるので、まさに冬用のサイクルグローブとしては最強のグローブです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CZdcvvnoL._UL1200_.jpg
こちらもフルフィンガータイプであり、手首までしっかりとホールドしてくれるデザインとなっているため、極寒の自転車通勤でも安心です。さらに立体裁断となっているため、操作性などについてもしっかりと考慮されています。スマホ操作も可能であるため、極寒の日でも自転車通勤やロングライドを快適に行うことができます。
引用: https://www.pearlizumi.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/08/W7215_2_fit-870x870.jpg
定番のフルフィンガータイプはもちろん、変わり種のグローブなども展開しているOGKカブトのサイクルグローブは、冬用以外にも様々なグローブを出しており、デザイン性の高いグローブが多いです。もちろん機能性もしっかりと確保されており、サイクルグローブに機能性とデザイン両方ほしいという欲張りさんにおすすめできるメーカーです。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/worldcycle-wh/cabinet/itiran48/ogk-k-sfg-1-bkbl.jpg?_ex=500x500&s=0&r=1
男性向けはもちろん、レディースや子供用のサイクルグローブも用意されており、家族で揃えることも可能です。また、フルフィンガーグローブだけでなく、あえて手の甲だけをホールドするというアウターグローブも扱っています。冬の自転車において最も風の影響を受けるのは手の甲です。その手の甲だけでも防風ができるというのは面白いですね。
引用: http://www.worldcycle.co.jp/images/items/ogk-i-spg-7j-rd31689.jpg?20150403122121
自転車通勤はよくするものの、わざわざ冬用に新しくサイクルグローブを用意するのは面倒だという人も多いはずです。そんなときはインナーグローブがおすすめです。文字通りグローブの下に装着するグローブであり、夏はもちろん、冬でもそれなりに防風をすることができるため、コストを抑えたいという人におすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61VtdCuQ8LL._UL1284_.jpg
ファイントラックのインナーグローブは、登山などのアウトドア用品も展開しているメーカーだけあり、防風・防寒がしっかりとしています。そのためインナーグローブでも、それなりに冬は温かいです。冬用グローブを安く揃えたいという人や、冬以外の季節でも山の方にロングライドをしたりすることが多いという人におすすめです。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kojitu/cabinet/finetrack01/4573406372256_1.jpg
シンプルでありながらも、機能性に優れた製品を多く作っているオンヨネのインナーグローブは、防風対策はもちろん、保温性がかなり高いです。オンヨネはインナーグローブ以外にも、ウェストフォーマーなど、保温性を高めてくれるインナーウェアを多く取り揃えているメーカーです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617iexTLLOL._UY445_.jpg
インナーグローブというのは見た目はかなりペラペラで、本当に大丈夫なのかと不安になるほどです。特にオンヨネはかなり薄いのですが、実際に使用するとその機能性の高さに誰もが驚いてしまいます。極寒の状況でも保温性が高いため、春夏秋冬季節を問わず使うことができるグローブであれば、オンヨネがおすすめです。
引用: https://www.do-blog.jp/jitensyahonpo/photo/20111110-01.JPG
今回は冬の自転車通勤におすすめのサイクルグローブを紹介しました。サイクルグローブ以外にも、ハンドル部分にかぶせて使用するカバーなどもありますが、どうしても見た目が悪くなってしまうという欠点があります。しかしフルフィンガーのサイクルグローブであれば、見た目の違和感もなく、それでいてより確実な防風対策をすることができます。
引用: http://blog.worldcycle.co.jp/wp-content/uploads/2013/11/glove03.jpg
冬用のフルフィンガーサイクルグローブというのは、春夏用のものとは違い、保温性が高められているものが多いです。そして人気のサイクルグローブというのは、グローブの問題である指の動かしにくさも解消されているものが多いため、防風対策をしつつも、きちんと安全性などの部分も考慮されているため、冬の自転車通勤もかなり安心してできます。
引用: http://blog.worldcycle.co.jp/wp-content/uploads/2013/11/glove011.jpg