// FourM
Yaugtrawgqmblhtfs0lo

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えておきたいコンパクトセット紹介

2019.01.10

皆でワイワイ行うキャンプも楽しいかもしれませんが、最近では1人で行う“ソロキャンプ”の人気が高まりを見せています。ソロキャンプは1人ということで道具は少なく低予算で済む点もおすすめ。ソロキャンプに最低限揃えておきたいおすすめの道具(コンパクトセット)をご紹介。

  1. ソロキャンプの魅力
  2. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット①:「1人用テント」
  3. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット②:「シュラフ」
  4. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット③:「シュラフマット」
  5. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット④:「アウトドア用チェア」
  6. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑤:「ミニテーブル」
  7. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑥:「焚き火台」
  8. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑦:「ランタン」
  9. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑧:「クッカー」
  10. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑨:「バーナー」
  11. ソロキャンプの道具一覧!最低限揃えたいおすすめコンパクトセット⑩:「カップ」
  12. ソロキャンプを快適に行うには使う道具が重要【まとめ】
引用: https://617mi5y4.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2018/06/49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-10.jpg
近年、人気が高まっているソロキャンプ。自然の中で1人で行うソロキャンプは、日々の喧騒から離れ心休まる時間を過ごせることから人気が高まっています。そんなソロキャンプは1人で行うからこそおすすめできる魅力がたくさんあるので、キャンプ好きな人はもちろん、今までキャンプをあまりしたことがない人にも是非挑戦してもらいたいおすすめのアウトドアになります。
快適にソロキャンプを行うにはソロキャンプに適したキャンプ道具が必須になります。ソロキャンプに必要最低限の道具かつ、1人で持ち運べるコンパクトセットになったキャンプ道具が求められますが、1人分の道具で済む分予算的にも安くあがるのも魅力だと言えるでしょう。予算を抑えつつソロキャンプが快適に行えるようになる最低限揃えておきたいキャンプ道具を解説していきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71H9Xz8o1CL._SL1500_.jpg
コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J
価格
キャンプの必須アイテムであるテントは様々な大きさ、重さのものがラインナップしています。ソロキャンプの場合は1~2人用のテントで間に合うので、大きすぎるテントではコンパクト性に欠けて重くなり持ち運びが不便になります。ソロキャンプ用のテントを用意しておけば間違いないでしょう。また、1~2人用テントの方が予算的にも安くあがるのも良いところです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ovZ4Q%2BGxL._SL1000_.jpg
Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5 (オレンジ) 2000032337
価格 ¥ 3,990
ソロキャンプ時の寝るスペースを確保したら、今度はシュラフ(寝袋)も必要になります。ソロキャンプは山の中にある自然に囲まれた中で行うことが多いので、夏であっても朝晩は冷えこむ可能性が高くなります。夏以外の季節なら朝晩の防寒対策は必須で、季節に合わせたシュラフを用意するようにしましょう。シュラフを選ぶ時に最低限注意するポイントは、対応する季節、シュラフの長さ、重さです。予算とも相談しつつソロキャンプでも快適に寝れるシュラフを使用しましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Nm0EdGrGL._SL1200_.jpg
エア-マット キャンピングマット テントマット KOOLSEN エアーベッド 超軽量型 耐水加工 アウトドア 寝袋 キャンプ キャンプマット 枕が付き 防災用品 山登り テント泊 車中泊
価格 ¥ 3,280
ソロキャンプでも快適に眠るならシュラフマットもおすすめです。マットを使わずにシュラフだけで寝ると地面の固さで体が痛くなってしまうことが多々あるので、持ち運ぶ道具が増えてしまいますが、シュラフマットも使うようにしましょう。シュラフマットはクッションとなって快適に眠れるだけではなく、地面からの冷気を遮断する効果も期待できるので防寒対策にもなりおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71r2qr0nniL._SL1500_.jpg
DEIJYUN アウトドア チェア キャンプ 椅子 折り畳み コンパクトチェア 丈夫アルミ合金&軽量 コンパクト 収納バッグ 付き 耐荷重120kg 組み立て簡単 
価格 ¥ 2,499
テント、シュラフ、シュラフマットが揃えば、ソロキャンプの寝床となる道具は最低限揃ったことになります。次はソロキャンプの時に多くの時間を過ごすことになるアウトドア用チェアをチェックしましょう。快適にソロキャンプを行うにはアウトドア用チェアは非常に大事になります。心休まる時間を過ごすには落ち着いて座れる椅子を選ぶ必要があり、持ち運びもしやすくて軽量のアウトドア用チェアを選びましょう。アウトドア用チェアの予算をケチってしまうと背もたれが無かったり座り心地が悪くなるのであるので、椅子は良いものを選ぶのをおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2BN9z6i5CL._SL1500_.jpg
Ohuhu ロールテーブル ミニテーブル 軽量 アルミ 400x285mm アウトドア用 折りたたみ式 机 キャンプ BBQ 登山 ツーリング レジャー ケース付 ブラック
価格 ¥ 2,000
ソロキャンプの場合は1人分のテーブルで事足りるので、ミニテーブルで必要十分だと思います。ミニテーブルならソロキャンプにちょうどいい軽さで携帯性にも優れますし、予算的にも安上りになるはずです。理想としてはアウトドア用チェアの大きさを考えて高さが合うものがおすすめですが、あくまでもミニテーブルは簡易的に物を置く意味合いが強いので、携帯性や重さ、予算などを基準にミニテーブルを選ぶようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71q-2IakKUL._SL1200_.jpg
BESONT焚火台 焚き火台 バーベキューコンロ 焚火スタンド メッシュシート 収納袋付き
価格 ¥ 1,750
ソロキャンプの醍醐味と言っても過言ではないのが焚き火台です。自然の中で1人焚き火を見つめる時間は普段では味わうことができない、ソロキャンプならではの魅力になります。また、焚き火台の種類によってはお湯を沸かしたり料理をすることもできるので、最低限揃えておきたいソロキャンプの道具だと言えるでしょう。最近ではソロキャンプにも向いている軽量の焚き火台も増えてきたの、で焚き火台選びの選択肢も多くあるはずです。焚き火に特化した超軽量のものから料理にも使えるものまであるので、自分に合った焚き火台を選びましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UlJjUaShL.jpg
FIELDOOR LED ランタン グランピング オーナメント 吊るし キャンプ BBQ 長時間点灯 調色機能付 キャンプ アウトドア 暖色 白色
価格 ¥ 1,480
自然の中で行うことになるソロキャンプは夜になれば明かりが必要になります。そこで活躍してくれるのがランタンです。もちろん、ランタン以外のライトでも使うことはできますが、ランタンはソロキャンプの雰囲気を演出してくれますし、何より広範囲を照らしてくれるランタンがおすすめ。今ではLEDになったタイプも多数販売されているので選択肢も多くあるはずです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AE2ZNbU5L._SL1000_.jpg
スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008
価格 ¥ 2,538
普段キャンプをしない人には馴染みがない言葉かもしれませんが、クッカーとは料理に使う鍋や器がコンパクトに収納されたソロキャンプにおすすめの便利な道具になります。クッカーは基本的に1人分に適したコンパクトなサイズ感になっているので、ソロキャンプに向いています。、鍋の他にもフライパンや飯盒などになったタイプのものがあるので、ソロキャンプで使いたい用途に合わせてクッカーを選びましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5114YfVRQ6L.jpg
岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
価格 ¥ 4,050
ソロキャンプでちょっとした火を起こしたい時に活躍してくれるのがバーナーです。家庭用カセットコンロを使うかのように簡単に火を起こすことができ、それでいてソロキャンプにも適しているコンパクトなバーナーが多く販売されているので、ソロキャンプでお湯を沸かしたい、ちょっとした調理を行いたいという人におすすめのキャンプ道具になります。バーナーの魅力はコンパクトさだけではなく、風にも強いという特徴もあるので他に火を起こす方法があったとしても予備で揃えておきたい道具だと言えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JRSKVn8wL._SL1000_.jpg
スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ
価格 ¥ 1,760
先ほど紹介した焚き火台やバーナーでお湯を沸かして温かいコーヒーなどを飲むというのもソロキャンプの魅力だと言えます。そんな時には軽量で保温性のあるカップがソロキャンプでは求められるので、ぜひ揃えておきたいキャンプ道具になります。カップなら自宅で使っている物を、と思う人もいるかもしれませんが、ソロキャンプでは割れる心配があるカップは向いていないのでステンレスやチタンなどの素材のカップを使うようにしましょう。
複数人で行うキャンプと1人で行うソロキャンプでは使う道具は変化します。全てが1人用で大丈夫ということで道具はコンパクトになり、最低限必要なものを揃えるだけで良いのでソロキャンプは初心者の人でも始めやすくおすすめできます。ソロキャンプの人気の高まりと共にコンパクトなキャンプ道具が多くラインナップされるようになったので適した道具を集めて快適なソロキャンプを行いましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/o/n/e/one9638/IMG_3388.jpg