Yd48e8mgc9s0edtfwoqu

コーヒー

CATEGORY | コーヒー

アメリカンコーヒーとは?ブレンドコーヒーとの違いや個性を徹底解説

2020.07.10

コーヒー豆は産地によって、味の違いがありますが、「アメリカンコーヒー」のことはどれだけ知っていますか。味が薄いコーヒーだと思っていませんか?そして「ブレンドコーヒー」との違いは分かりますか?そんなアメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの知識を深めていきませんか。

  1. アメリカンコーヒーとは何か
  2. アメリカンコーヒーと“味の薄い”コーヒーは別物
  3. アメリカンコーヒーは豆を浅く焙煎したもの
  4. ブレンドコーヒーとは何か
  5. 【カルディ】のブレンドコーヒーおすすめ① マイルドカルディ
  6. 【カルディ】のブレンドコーヒーおすすめ② イタリアンロースト
  7. 【カルディ】のブレンドコーヒーおすすめ③ スペシャルブレンド
  8. 【カルディ】のブレンドコーヒーおすすめ④ リッチブレンド
  9. 【カルディ】のブレンドコーヒーおすすめ⑤ アメリカンブレンド
  10. 【スターバックス】のブレンドコーヒーおすすめ① パイクプレイスロースト
  11. 【スターバックス】のブレンドコーヒーおすすめ② カフェベロナ
  12. 【スターバックス】のブレンドコーヒーおすすめ③ エチオピア
  13. 【スターバックス】のブレンドコーヒーおすすめ④ ハウスブレンド
  14. 【ドトール】のブレンドコーヒーおすすめ① マイルドブレンドコーヒー
  15. 【ドトール】のブレンドコーヒーおすすめ② ロイヤルクリスタルブレンド
  16. 【ドトール】のブレンドコーヒーおすすめ③ ブルーマウンテンブレンドコーヒー
  17. 【ドトール】のブレンドコーヒーおすすめ④ ハワイコナブレンドコーヒー
  18. アメリカンコーヒーで上質な時間を
引用: http://www.tomikawa.co.jp/coffee_blog/a0011_000006.jpg
アメリカンコーヒーと聞くと、「味が薄いコーヒー」とか、「お湯で薄めたコーヒー」と想像する人は意外と少なくありません。スターバックスなどのコーヒーショップができてからは、「美味しくないコーヒー」とまで思う人もいるようです。では、正しい「アメリカンコーヒー」の定義は何でしょうか。
引用: http://coffeeroast-tokai.com/_src/3891/baisen_do.jpg
アメリカンコーヒーとは、「コーヒー豆を浅く焙煎したコーヒー」を指す言葉です。焙煎が浅いと酸味が強くなり、深いと苦味が強くなります。つまり、アメリカンコーヒーは、味で表現するならば、「酸味が強いコーヒー」ということになります。酸味が強くなると、さっぱりした味わいになるため、味が薄いと感じるのかもしれません。
引用: http://d3vgbguy0yofad.cloudfront.net/resource/products/images/4524785246959_2_l.jpg
ちなみに、なぜ浅く焙煎したコーヒーにアメリカンという名前がついているのでしょうか。一説には、西部開拓時代のアメリカでは、ドリップできる機械がないために、焙煎をじっくりしている暇がなかったからだ、と言われています。アメリカ人は薄い味でもおいしいと感じるから、といった皮肉まじりの理由では決してないのです。
引用: https://i0.wp.com/hackcoffeebeans.com/wp-content/uploads/2017/02/espresso-691231_1280.jpg
では、「お湯で薄めたコーヒー」と思われているのはなぜでしょうか。これは、「アメリカーノ」を勘違いしていることから派生したイメージと言われています。アメリカーノとは、「エスプレッソを抽出して、それをお湯で割ったコーヒー」です。お湯で薄めていますが、必ずしも味が薄いわけではありません。味の薄い・濃いといった違いは、そのショップのエスプレッソで用いる豆の焙煎度合にもよるのです。
引用: http://free-photos-ls04.gatag.net/thum01/gf01a201502081400.jpg
もうひとつ、ショップで聞くのが「ブレンドコーヒー」です。ブレンドコーヒーとは、複数の種類のコーヒー豆を混ぜたものです。したがって、ブレンドする店やメーカーによって、混ぜた豆の種類や割合が変わるため、一口に「ブレンドコーヒー」と言っても、その味は全く異なってきます。ちなみに、1種類のコーヒー豆だけを使用したコーヒーは、「ストレート」と呼ばれています。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/atsuko-san/20170327/20170327213230.jpg
家庭でもショップのブレンドコーヒーを飲みたい方向けに、ショップで買えるおすすめのブレンドコーヒーを見ていきましょう。店ごとに薄い味や濃い味、酸味が強かったり苦味が引き立っていたり、そんな違いが分かるかもしれませんよ。
引用: https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/4515996019050.jpg
カルディの看板コーヒーと言えば、これしかありません。店舗に行くと試飲させてくれるコーヒーで、豆本来の甘さとやわらかな口当たりのバランスの良さが魅力です。おサイフにもやさしい価格もうれしいですよね。
引用: https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/4515996019104.jpg
先程のマイルドカルディとの違いは、その焙煎の深さです。豆の甘さだけでなく、やわらかな苦味も楽しめます。ミルクや砂糖を入れてもおいしく味わうことができます。アイスコーヒーにもあう、香りを重視したブレンドもおすすめです。
引用: https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/4515996015045.jpg
中煎りながらも、酸味と苦味がしっかり出た、深みのあるブレンドが、このスペシャルブレンドです。コクがあり、しっかりした味わいを楽しめるブレンドです。違いの分かる人に、ぜひ試してほしいコーヒーです。
引用: https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/4515996015083.jpg
重厚感のある味わいを楽しめるのがリッチブレンドです。深煎りであることは、豆の色を見れば一目瞭然です。力強い飲みごたえのあるコーヒーです。
引用: https://kaldi-online.com/client_info/KALDI/itemimage/4515996015106.jpg
軽くやさしい味わいで、たくさん飲んでも飲み飽きないブレンドが、このアメリカンブレンドです。浅めの焙煎が、この軽さにつながっています。苦味も少ないので、飲みやすいコーヒーです。
引用: http://d3vgbguy0yofad.cloudfront.net/resource/products/images/4524785162365_1_l.jpg
スターバックス発祥の地名を付けたコーヒーは、中煎りで、苦味と酸味のバランスが、スタバの中でも一番取れているコーヒーです。
引用: http://d3vgbguy0yofad.cloudfront.net/resource/products/images/4524785083547_1_l.jpg
深煎りで風味が強いコーヒーです。ダークココアの口当たりで味わい豊かなブレンドが人気です。チョコレートとの相性がいいコーヒーです。
引用: http://d3vgbguy0yofad.cloudfront.net/resource/products/images/4524785222205_1_l.jpg
コーヒー発祥地の名を冠したのが、その名もエチオピアです。万人受けする味わいで、シトラスの香りもほんのり漂う風味が魅力です。
引用: http://d3vgbguy0yofad.cloudfront.net/resource/products/images/4524785083424_1_l.jpg
スターバックス創業時から販売されていて、ナッツやココアの味わいが特徴的です。酸味と苦味のバランスがよく、香りも豊かな、多くの人に愛されている中煎りのブレンドコーヒーです。
引用: https://www.doutor.co.jp/product/file/20110912133752.jpg
ドトールの店頭で販売している「ブレンドコーヒー」が、このマイルドブレンドコーヒーです。バランスの良さが感じられる、スタンダードなコーヒーです。
引用: https://www.doutor.co.jp/product/file/2132.jpg
上品な甘味とさわやかな酸味の、すっきりした味わいのブレンドです。カラメルのような香ばしさが魅力的なコーヒーです。
引用: https://www.doutor.co.jp/product/file/208208.jpg
ブルーマウンテンの上品な味を生かしながら、飲みごたえのあるコクが加わったブレンド。甘味と苦味、酸味のバランスがよく、奥行きのある味わいが魅力的なブレンドです。
引用: https://www.doutor.co.jp/product/file/20170927154241.jpg
ドトールの直営農園で育てられたコナコーヒーがベースになっているブレンドコーヒー。アイスコーヒーやカフェオレなど、いろいろな飲み方ができるブレンドです。
引用: http://health-and-beauty-site.com/wp-content/uploads/2015/05/16520991_m.jpg
エスプレッソがブームになった時、飲みやすさからアメリカンコーヒーやアメリカーノの良さを再発見した人も多かったのではないでしょうか。そして、コーヒーショップからコンビニまで、いろいろな場所でコーヒーを楽しめるようになりました。その中で、様々な種類のブレンドコーヒーが手に入る環境は、とても幸せです。あなたのお気に入りのショップで、お気に入りのブレンドコーヒーを見つけて、楽しんでみるのはいかがでしょうか。