Xxx8wmmskirf61ampsff

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

バドミントンのフォームの基本!きれいなフォームに改善しよう!

2018.12.26

バトミントンのフォームを素振りで固めたい。上手い選手は綺麗なフォームが身についているが、初心者の人はフォームに矯正が必要な場合も。また、汚いフォームを直すことでプレイ自体が改善する。バトミントンのフォームの基本と改善についてご紹介!

  1. 綺麗に矯正してバトミントンのプレイを改善!汚いフォームを直す方法とは?
  2. フォームを改善して直す!バトミントンのフォームを理論的に解説!
  3. 知っておきたいバトミントンのフォーム改善のポイントその①:フォームの基本的な体の動きを知る
  4. 知っておきたいバトミントンのフォーム改善のポイントその②:力を抜いてスイングする
  5. 知っておきたいバトミントンのフォーム改善のポイントその③:実戦を意識したスイング練習
  6. 綺麗なフォームを作る!バトミントンのフォーム練習の種類その①:フォアハンド
  7. 綺麗なフォームを作る!バトミントンのフォーム練習の種類その②:バックハンド
  8. 綺麗なフォームを作る!バトミントンのフォーム練習の種類その③:オーバーヘッドストローク
  9. 汚いフォームを矯正して、バトミントンのプレイを上達させよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/78/9f/b7789f9b0ce0a5ce5919d85df0527c7e.jpg
バトミントン初心者の人や、いまいち上達しないと言う人なら一度チェックしておきたいフォーム。プレイの基礎として数えられるフォームは、間違ったまま覚えて慣れてしまえば、改善する必要があるだろう。上手い選手はフォームが綺麗だが、汚いフォームの場合は改善して直すことに重点を置きたいところ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d1/e7/ab/d1e7ab0dbc0e22f04dc79778ca5ded68.jpg
試合にも影響する基本のバトミントンのフォームだが、汚いフォームを直して綺麗に改善するにあたって、どんなポイントに注意すればいいのか。また、日々練習で取り入れるべきフォーム練習の種類にはどんな物があるのか。バトミントンのフォームを改善するための練習方法についてご紹介しよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/81/79/ef81797985b0f7a9e3aa2c3e16fc1ad1.jpg
バトミントン初心者の人や、フォームを見直したい人なら、一度基本フォームについて知っておくべきポイントをチェック。頭で理解して、身体に浸透させ、フォームの改善を目指そう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/5b/07/22/5b07221491ecf6a8a11b33f683807bde.jpg
バトミントンのフォームを練習するにあたって意識しておきたい、身体の外転と内転の動作。他のスポーツのフォームとは違って、バトミントンは手首や肘の外転と内転を使う。これは普段の生活ではあまり使うことのない動作であり、練習をするときには、この外転と内転を意識して身体を動かすことが大切。
引用: https://i.pinimg.com/564x/28/59/b2/2859b292562a4bc0b89544b92157cf47.jpg
肘や手首の外転・内転を意識しながら練習するバトミントンのフォームだが、初心者の人や慣れていない人なら、スイングをするときに余計な力が入っている傾向にある。基本的なスイングのやり方として、脱力した状態でフォームを練習するのが最適。自分の動きをチェックしながら、力を抜いたバトミントンのスイングを実現しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/86/9b/97/869b976dbc27e6ef3ed0968a9504a11d.jpg
実際にコートの上ではシャトルを打ち合うバトミントン。素振りの練習で大切なのは、実際にシャトルがあるという状態を想像したイメージトレーニング。そうすることで、実戦と同じテンション、同じ動きでスイング練習ができる。実戦をイメージしながらバトミントンのフォームを作るように心がけよう。
基本のバトミントンのフォームとなるフォアハンド。手首と肘の回転運動を使っておこなう基礎のバトミントンのフォームと言える。肘の位置を固定して、手首または肘の運動だけで軸回転をする。足の動きを使って全体のフォームを練習しよう。
身体がぶれないように綺麗に打ち返すバトミントンのバックハンドを1人で練習する方法。ラケットの面を引いて全面に打つイメージだが、空気抵抗を考えてラケットの押し引きをするように心がけよう。練習方法では、シャトルを打たない面にシャトルを乗せて、バックハンドで打ち、フォームを改善する。
こちらもバトミントンの基本となるオーバーヘッドストローク。脚の幅と形、ラケットの角度などを意識しながら練習を行おう。バトミントンのフォームに関しては、一つづつ注意点を確認しながら、綺麗で効率のいい打ち方を習得するのがおすすめ。鏡の前でも練習を行おう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/49/df/4b49dfd886887fbc09f22211d9c03d44.jpg
初心者の人や、上達しないと悩んでいる人なら、一度基本的なバトミントンのフォームを見直してみよう。最初に習ったときより、意外なポイントを見落としているということも多い。ラケットの動きと手首、肘の外転と内転を意識しながらフォームを見直してみよう。汚いフォームを矯正して、バトミントンのプレイを上達させよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61S24M8HBEL._SY355_.jpg