Poss8trrek7gebyz2tlf

ファッション小物

CATEGORY | ファッション小物

メガネフレームの赤が良い?似合う人の特徴と印象を徹底解説!

2018.12.26

赤色のメガネフレームは、使いようによってはおしゃれに使いこなす事ができる。しかしながら、中には似合う人や、似合わない人がいるのも事実。色の与える心理的な印象なども含めて、赤色のメガネフレームの特徴と印象を徹底解説しよう!

目次

  1. 赤が与える心理的な印象!赤色のメガネフレームが似合う人とは?
  2. おしゃれなメガネフレームを選択!赤が与える心理的印象とは?
  3. おしゃれのワンポイントにも使える!赤色のメガネフレームが似合う人とは?
  4. 目立ちすぎるとマズい場所!赤色のメガネフレームが不向きな場所とは?
  5. 赤色のおしゃれなメガネフレームをゲットして、TPOに沿って使い分けよう!
31dk3vjdc9l. ux342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Dk3VjDc9L._UX342_.jpg

メガネフレームは、近年ではおしゃれなタイプのものが多数リリースされており、ファッションアイテムとしての側面も色濃くなってきた。それに加えて、たくさんの色のタイプを見つけることも出来る。通常は黒かシルバーのメガネフレームだが、赤色のメガネフレームもまた一味違う印象を与えてくれるおしゃれなアイテム。

511s1ni7oil. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511s1ni7oiL._SY355_.jpg

使いようによっておしゃれに使える赤色のメガネフレームだが、フォーマルな席や会社関係の集まり、冠婚葬祭なども含めて、実際に赤色のメガネフレームをつけてもいい場所かどうかも気になる。

41jgchubl8l. ux466
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41jGCHubL8L._UX466_.jpg

赤色が与える心理的な印象や特徴も含めて、赤色メガネが似合う人はどんな人なのかをチェックしてみよう!

51le7hpg7jl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Le7hPg7jL._SX355_.jpg
赤からは太陽や火の熱く活発なイメージが浮かびます。エネルギーを感じさせるアクティブな色です。人が生きるために必要なものと多く結びついている赤は、他のどの色よりも強い刺激があります。気分を高揚させる働きから元気を与えてくれたりスポーツで闘争心を駆り立ててくれます。

51%2byf1jzxtl. ux522
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BYF1jzXTL._UX522_.jpg

色の中でも刺激がつよいと思われている赤色。心理的印象はアクティブでパワフル、経営者やリーダーといった印象を与えてくれる色である。印象にはポジティブなものとネガティブなものが有り、愛情や勝利、積極性をアピール出来る半面、怒りや危険、闘いといったイメージもつきまとう。では、赤色が似合う人とはどんな人なのか?

関連記事

61axinlltsl. ux522
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61axINlLTSL._UX522_.jpg

通常落ち着いた色である黒やベージュなどの色。男性に良く似合うと感じたことはないだろうか?それもそのはず、メガネフレームのカラー選びに重要なのは、「その人の顔の中にある色」。日本人の顔の中の色で言うなら黒やベージュは、眉毛や肌の色といった部分とマッチしているため、よく似合うように見える。

41xif5ijmjl. ux466
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41XiF5iJmjL._UX466_.jpg

つまり、赤色が似合う人は、顔の中に赤色がある人と言える。例えば、唇が赤い人や口紅を塗っている女性、または元が赤ら顔の人など。赤色が似合う人は、顔の中に同じカラーをもっている。しかし、赤にもさまざまな色があるので、自分に似合う色のメガネフレームを試してみることで、マッチするものが見つかる可能性も高い。

31pqb9tinxl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Pqb9TinxL.jpg

赤いメガネフレームはおしゃれで可愛い反面、その色が嫌われる場所もある。たとえば、会社関係の集まりや集会。スーツやフォーマルファッションで目立たない服装をしなければならない場所なら、赤色のメガネフレームは目立ちすぎる。その他、お葬式などに出席するときなども、まだまだ一般常識上、赤色のメガネフレームは受け入れられにくい。親族の失礼にならないように、時と場所を踏まえて利用したい。

1 / 2