Bmx7vcacyi2pzbq4bey6

対処法

CATEGORY | 対処法

耳が聞こえにくい人必見!難聴の原因と対処法、予防法をご紹介!

2018.12.26

突然耳が聞こえにくいという原因や対処法をご存知でしょうか。難聴と呼ばれるこの現象は、イヤホンで音楽を聞いてもこもるものです。しかし予防法も最近では増えてきています。今回は耳が聞こえにくい原因と対処法、そして予防法などについて解説していきます。

  1. 耳が聞こえにくい原因と対処法とは
  2. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法①:耳あか
  3. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法②:イヤホン
  4. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法③:鼓膜
  5. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法④:気圧の変化
  6. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法④:ストレス
  7. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑤:環境
  8. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑥:老人性難聴
  9. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑦:突発性難聴
  10. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑧:メニエール病
  11. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑨:中耳炎
  12. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑩:耳管狭窄症
  13. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑪:耳硬化症
  14. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑫:外リンパ瘻
  15. 突然の耳が聞こえにくい原因と対処法⑬:耳性帯状疱疹
  16. 突然の耳が聞こえにくい原因予防法①:ストレスをためない
  17. 突然の耳が聞こえにくい原因予防法②:ビタミンB12
  18. 突然の耳が聞こえにくい原因への対処法①:あくび
  19. 突然の耳が聞こえにくい原因への対処法②:診察を受ける
  20. 難聴には予防法もある
突然ですが、皆さんは突然耳が聞こえにくいということや、音がこもるということになったことはありますか。イヤホンから音楽を聞いていても、どうしても音がこもるというこの症状は、難聴である可能性があります。
難聴なんてお年寄りにしかならないものだろう、そう考えている人もかなり多いですが、最近では若い人でもなるのです。しかしそれでも、予防法などもここ最近では増えてきており、治るものになりつつあります。普段からイヤホンで音楽を聞いていたりという人は、突然耳がこもるということにもなりがちです。予防法を知っておくことで、難聴を防ぐこともできます。今回はそんな突然耳が聞こえにくいという原因や対処法、予防法などについて解説していきます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/e/3/e3e6abc1.jpg
引用: https://takeda-kenko.jp/assets/img/navi/navi/nantyou/img_01.png
耳が聞こえにくいという症状や、こもるなどの難聴の原因というのは、実はかなりあります。特に突然音がこもるようになるという症状については、かなり多くあります。この音がこもるという現象の原因として最も多いのが、耳あかです。
知らず知らずのうちに耳あかが大量に発生し、結果的に音がこもるということになります。こちらに関してはわざわざ病院に行かなくても、自宅で耳掃除をすれば解消します。と言っても、一人暮らしの人の場合、きちんと取れているか心配になるものです。しかし最近では先端にカメラがついた耳かきというものもあるため、そのようなものを使って耳掃除をするだけでも、十分予防法になります。
引用: http://www.y-jibika.jp/_p/4954/images/pc/165fb7da.png
引用: https://minnakenko.jp/wp-content/uploads/2016/09/excess-ear-wax.jpg
通勤通学のときに、イヤホンやヘッドホンで音楽を聞いているという人はかなり多いはずです。しかしそのイヤホンも、音量によっては難聴の原因となる可能性があります。
イヤホンというのは構造上耳元で大音量を流すということになるため、毎日何気なく使用しているイヤホンが原因で、難聴になるという人がかなり多いです。予防法としては、イヤホンで聞く場合の音量を落とすことです。また、イヤホンで音楽を聞く以外にも、コンサートなどで大音量の音を聞きすぎると、こもるという症状や、難聴の原因にもなります。最近ではイヤホンで音楽を聞く場合、音量を上げすぎるとスマホ側で感知して音量が上がらないようになっている機能のスマホも多いので、イヤホンで普段から音楽を聞く人は注意しましょう。
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2015/03/earphone150303-w1280.jpg
引用: https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2017/0625/th__D7A9687_fixw_730_hq.jpg
難聴になったり、音がこもるようになる原因として、鼓膜が破れていたり破損しているという可能性もあります。これはイヤホンで大音量で聞くことはもちろん、コンサートなどで大音量の音を聞きすぎると、鼓膜が破損してしまうということになります。また、音がこもるということで耳掃除をするときに、奥までやりすぎると、鼓膜を傷つけてしまい、音がこもる症状が悪化してしまうということになったり、難聴になるということもよくあります。
予防法としては、何よりも鼓膜を傷つけないようにすることです。イヤホンの音量はもちろん、耳掃除をするときにも傷つけないようにするだけでも、難聴を防ぐことができます。
引用: https://www.marinediving.com/skill/clear_ears/miho_3/img/ph03.jpg
引用: https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FHazardlab%2FHazardlab_20161_1.jpg&t=jpeg&q=70&w=600
車などの乗り物でドライブする際、特に峠などの標高の高い場所に行くとき、耳がこもったりしてしまうという経験をしたことのある人はかなり多いはずです。特に飛行機で旅行などをする際、ほとんどの人が音がこもるという現象になります。
その原因は、実は気圧の変化が原因です。高度が高くなればなるほど気圧は低くなり、それによって体内の気圧との間に差が生じてしまうため、音がこもるという症状になります。こちらは予防法はありませんが、水やつばなどを飲むことで、その症状を治すことができます。ちなみにこのときに行う行為のことを耳抜きといい、このやり方さえ覚えておけば、飛行機などで気圧が変化する場所でも安心です。
引用: http://anythingdic.net/wp-content/uploads/2015/05/img_0.jpeg
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FWotopi%252F2017%252FWotopi_64061%252FWotopi_64061_oads201711teikiatsu2_1.jpg,small=600,quality=80,type=jpg
これは耳が聞こえにくいという症状や、難聴などの音がこもる現象に限らず、すべての病気で言えることですが、ストレスが原因ということもあります。
特に最近は、職場ではブラック企業であったり、パワハラなどの問題、一方外に出るとあおり運転など、ちょっとしたことでもストレスになることが多く、どうしてもストレスが溜まってしまう社会になりつつあります。このストレスをため続けると、難聴などの病気になりやすくなります。これは他の病気などでも言えることであります。予防法についても、とにかくストレスをためないことです。人に合うとどうしてもストレスになるという人は、一人旅に出るというのも、良いストレス発散法です。
引用: https://www.zenyaku.co.jp/aropanol/assets/img/img_stress-sign_sign.png
引用: https://si-academy.jp/wp3/wp-content/uploads/2017/12/normal.jpg
高度の高いところや、大きな音を聞いたあとはどうしても音がこもるようになってしまいます。このときに耳抜きをしたり、静かな場所で一旦耳を落ち着かせるということをすれば、この音がこもるという症状は解消されるものですが、人によってはなかなか解消されないという人もいます。
イヤホンが原因であるという人の場合は、一旦イヤホンの使用を中止するということをすれば治りますが、それでもなかなか治らないという場合は、難聴である可能性が高いです。耳抜きなどで音がこもるという症状については、人によって治るスピードというのは異なりますが、なかなか治らなかったり、特に高所にいったわけでもないのに常に音がこもるという人は、要注意です。
引用: https://info-tribe.com/wp-content/uploads/2016/04/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87%E3%81%A7%E8%80%B3%E3%81%8C%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8B.jpg
引用: https://i0.wp.com/risuko.info/wp-content/uploads/2017/12/79e15832e53f10bba10b00e2fe2f2f86_s.jpg?fit=640%2C427&ssl=1
耳が聞こえにくい原因について紹介したところで、ここからは実際にある耳の病気などについて紹介していきます。最初に紹介する病気は、難聴です。難聴といっても種類があり、多くの人が知っている南朝というのは、この老人性難聴です。
よくお年寄りで、耳が遠いという人がいるはずですが、その耳が遠い人というのは老人性難聴の可能性が高いです。話しかけるときはどうしても近くではっきりと、大きな声で話しかける必要があります。こちらの原因としては、加齢による神経の老化などが原因であり、こればかりはどうしても避けられないものです。しかし普段から音量などに配慮をしておくことで、老化のスピードを落とすということはできます。
引用: https://img.phoenix.webcrew.co.jp/17100/cont_images/news_mst/115/lead_image.jpg
引用: https://cdn.serai.jp/wp-content/uploads/2018/02/pixta_28469845_M-500x333.jpg
難聴なんてお年寄りに多いものだし、自分は大丈夫だろう、そう考えている人もかなり多いはずです。しかしそんなことを考えている人こそ危険なのが、この突発性難聴です。
その名の通り突然耳が聞こえにくいという症状になったり、音がこもるという症状です。この病気の厄介なところは、両方同時になるということもありますが、ほとんどは片耳だけということです。つまりどちらかの耳が正常でも、もう片方は突発性難聴という状態になるため、なかなか症状に気づきにくいというところです。最近はアーティストを中心にこの病気になるということもあり、普段何気なく生きている私達にとっても、この病気はいつ起こるかわからないものです。
引用: https://www.osaka.med.or.jp/img/citizen/tv-img51.jpg
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/00/2f6435ca8ce36734b51aabb1f9019dfc.jpg
ここ最近女性を中心に症状が起こる病気が、このメニエール病です。こちらは難聴のような症状の他に、耳鳴りなども同時に起こり、さらには常に目が回っているようなめまいの症状が発生し、強い吐き気や嘔吐を伴うこともあります。さらにひどい場合、発作を繰り返し起こしたりするという、かなり厄介な病気です。難聴に関しても、低い音が特に聞こえにくくなるため、通常の難聴よりも少し特殊です。
こちらに関してはストレスや過労が原因ですので、もしもこの症状に見舞われたら、すぐに病院に行くようにしましょう。予防法としても、過度なストレスをためないこと、そして適度に休むことが最も大切です。
引用: https://www.mito-cura.com/wp-content/uploads/2017/08/278c9b9d4607c2ce753acdcde0832253-640x650.jpg
引用: https://kenka2.com/uploads/article/image/118/card_P65.jpg
耳の病気として知名度の高い中耳炎。実は中耳炎にもいくつか種類があるということをご存知でしょうか。多くの人がなりやすい中耳炎というのは、急性中耳炎であり、風邪やインフルエンザなどの病気が治った直後に起こりやすくなります。
そしてその中耳炎の治療を途中でやめてしまった場合に起こりやすいものが、滲出性中耳炎です。こちらは中耳に溜まった液体が排出されないことが原因で起こる病気であり、痛みなどがないというのがかなり厄介です。そして中耳炎の中でも危険なのが、真珠製中耳炎です。こちらは中耳に塊ができ、それが原因で耳が聞こえにくいという症状が起こります。こちらは放っておくと重度の難聴になってしまうので、万が一発覚したらすぐに病院に行きましょう。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=409x10000:format=png/path/s6bc5a5821d821913/image/i805c19a4aa23bf74/version/1374830175/image.png
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/39/Otitis_media_incipient.jpg/280px-Otitis_media_incipient.jpg
先程の耳が聞こえにくい原因の一つとして、気圧の変化について解説しましたが、その気圧の変化が原因で発症する病気が、この耳管狭窄症です。飛行機などで高度の高いところにいる状態で音がこもるように聞こえてしまう症状が、地上に降りても治らないという場合は、この病気である可能性が高いです。
耳の奥にある耳管というところで気圧を調節しており、この部分が狭くなることで、音がこもるようになってしまったり、難聴になってしまうという病気です。こちらは飛行機などで高度の高いところに長時間いたり、喉や鼻の炎症が原因で起こりやすくなります。飛行機での耳抜きの徹底や、鼻のかみすぎさえ気をつければ、この症状を予防することができます。
引用: https://www.ota-jibika.jp/wp-content/uploads/9c08c30f6447615fff0b514cd0802679.png
引用: https://d3nmge69q1fbex.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/11/16140239/pixta_21977510_M-728x484.jpg
人間が音を聞くときは、鼓膜の振動によって音が伝わるというのは多くの人が知っているはずです。しかし実は鼓膜以外にも様々な器官や骨があり、それらが振動によって伝わり、やがて聴神経にその振動が伝わり、音として入ってきます。
耳硬化症というのは、この内の耳骨や中耳に異常が起こり、耳が聞こえにくくなります。ほとんどの場合は両耳で起こり、次第に症状が悪化してきます。そしてそれに伴い耳鳴りも頻繁に起こるようになります。昔はこの病気は日本では起こらない病気でしたが、最近では食生活の変化により徐々にその発生数も増えてきています。しかし治療すれば張力を回復させることができます。
引用: https://www.hiroshiba.com/ear/bin/dis04/dis2.jpg
引用: http://hapila.jp/wp-content/uploads/2016/06/22.jpg
飛行機に乗っているときはもちろん、トイレなどできばると、その間だけ耳が聞こえにくくなるということになります。このときにきばりすぎたりすることが原因で起こる病気が、この外リンパ瘻です。
体内の気圧が急激に変化し、それによって鼓膜が破れてしまい、中耳にリンパ液が流出してしまうことにより起こる症状です。突然ポンという音が聞こえたときというのは、この症状が発生した可能性が高いです。その後難聴や耳鳴り、めまいなどの症状が発生する流れになっています。きばりすぎたり、うつむきすぎたりすると、この症状になる可能性が高くなります。また、ため息を吐いただけでもなることがあるので、十分気をつけましょう。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/-7DrRw8U_HEQ/Vg53OzR3FoI/AAAAAAAARa0/tgxRsVaLy20/s1024/2015-10-02%2B21.15.15.jpg
引用: https://www.jikeikai-group.or.jp/shinsuma/visitor/specialty/otolaryngology/perilymph/img/5.jpg
耳性帯状疱疹は、帯状疱疹が耳にできた病気です。帯状疱疹ウィルスや、ヘルペスウィルスが耳に感染したことが原因で起こるものであり、最初に耳痛や頭痛などが発生します。そして帯状疱疹の症状である発疹などが耳の内部などに発生し、それが原因で耳が聞こえにくくなったり、音がこもるという症状に繋がります。
症状が悪化すると耳鳴りやめまいなども発生し、ひどい場合は顔面神経麻痺なども発生し、目を開けたり閉じたるすることもままならないほどになります。こちらに関しては病院で治療してもらう以外に対処法がないため、突然耳が痛くなったりしたときは、すぐに病院に行くようにしましょう。
引用: https://aoyama-shinkyu.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_9e6/aoyama-shinkyu/mimi-taijou.jpg
引用: http://www.suganuma-clinic.com/images/ex/03img02.jpg
ここまでは難聴などを伴う病気について解説しましたが、これらの病気を防ぐ予防法というのも、実はいくつかあるのです。特にここで紹介した病気の多くは、ストレスが原因で発症する病気です。つまり普段からストレスをためない生活をするのが、一番の予防法です。最近では長時間労働や、ブラック企業によるストレス過多な社会であるため、なかなかストレスを発散するということは難しくなりつつありますが、例えばお風呂に入ったり、しっかりと睡眠を取るということでも、十分ストレス発散になります。
特に職場でのストレスが原因であるという場合は、思い切って辞職するということも良い選択肢です。大げさかもしれませんが、最近では多くのライフスタイルや生き方などがあるため、そのような決断をしても問題ないです。
引用: https://www.mhlw.go.jp/kokoro/first/img/illu_10.jpg
引用: https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/living-well-with-menopause/recommendations/reduce-stress-and-fatigue/img/index_im01.gif
やはり病気を防ぐには、その病気を予防してくれる栄養素を取りたい、総考える人もかなり多いです。しかし難聴などを防ぐための栄養素はどのようなものか、意外にも知られていないものです。
難聴をはじめとする耳の病気に最も効果のある栄養素というのは、ビタミンB12です。このビタミンB12というのは、傷ついた末梢神経を修復するという役割があるため、耳などの聴神経にある末梢神経を修復し、難聴などを予防してくれる効果があります。ビタミンB12は、レバーや豚肉、アサリやしじみ、サンマなどに多く含まれており、その食材を用いた料理を食べれば、摂取することができます。もしも食事で摂取するのが厳しい場合は、サプリメントで補うというのも良いでしょう。
引用: https://www.otsuka.co.jp/nmd/common/images/item_107@2x.png
引用: http://www.supplement-direct.co.jp/blog/wp-content/uploads/j.jpg
あくびというのは、様々なことが言われています。多くの人は眠くなったときに出てくるものというイメージがあり、中にはつまらない授業などを受けているとあくびが出るという人もいます。実はこのあくびというのは、耳が聞こえにくいという症状や音がこもるという症状を治すにはかなりおすすめの方法なのです。
あくびによって体内に空気が多く入り込み、それによって体内と外の気圧が均一になるため、症状を治すということができます。よくあくびをしたら突然耳の聞こえが良くなったという経験をしたことのある人も多いはずですが、それは体内の気圧が外とずれていたものが、あくびによって均一になったためなのです。
引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2017/02/shutterstock_558500710-650x401.jpg
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/46/Joseph_Ducreux_%28French%29_-_Self-Portrait%2C_Yawning_-_Google_Art_Project.jpg/180px-Joseph_Ducreux_%28French%29_-_Self-Portrait%2C_Yawning_-_Google_Art_Project.jpg
最近では飛行機でも格安の航空券が出てきたということもあり、飛行機を利用するという人がかなり増えてきています。そしてそれによって、先程紹介した外リンパろうや耳管狭窄症などの病気になりやすくなっています。
特に音がこもるということについては、耳抜きなどでも治らない場合でも、あくびで治るということがありますが、それでも治らないという場合は、病院で診察を受けるのがおすすめです。耳の病気といっても、中には初期症状が現れないまま症状が進行してしまうという厄介なものも多く、どうしても放置してしまうという人がかなり多いです。当然放置すると重大な難聴になってしまうということもあるため、予防法を行っても治らないときは、病院で診察を受けましょう。
引用: https://l-s-b.org/wp-content/uploads/2015/11/shutterstock_525868153.jpg
引用: https://img.phoenix.webcrew.co.jp/17800/cont_images/facet_content/52/main_presbycusis_03.jpg
いかがでしたか。今回は耳が突然聞こえにくいという症状や、音がこもるという症状の原因、それによって起こる病気、そしてそれに対する対処法や予防法などについて解説しました。毎日何気なく生活している現在でも、難聴や、難聴になってしまう病気の原因というのは、至るところにあります。もちろんそれは外的な原因ということもありますが、普段何気なくしていることが原因で起こるということもあるのです。
耳というのは普段からどうしても使うものです。普段から使うからこそ、大切にしなければいけません。特にイヤホンで音楽を聞きながら通勤通学をしているという人は、音量などに注意しましょう。周囲の迷惑というよりも、自分の耳を大切にするためにもぜひ気をつけましょう。
引用: https://takeda-kenko.jp/assets/img/navi/navi/nantyou/hero_01.jpg
引用: https://www.starkeyjp.com/hs-fs/hubfs/Stock%20images/business%20man%20with%20hand%20on%20ear%20-%20what%20did%20you%20say%3F.jpeg?width=640&name=business%20man%20with%20hand%20on%20ear%20-%20what%20did%20you%20say%3F.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/f8/f2b8cb9fac772269366116066dc6dfaf.jpg