// FourM
Swoza87xjooxzn2dxoln

栄養

CATEGORY | 栄養

納豆の正しい食べ方:栄養そのまま美味しいちょい足しアレンジご紹介!

2018.12.06

皆さんは正しい納豆の食べ方をご存知でしょうか。ご飯に乗せるだけでも栄養そのままで食べることができるのでおすすめですが、簡単にちょい足しアレンジするということもおすすめです。今回は意外と知らない正しい納豆の食べ方などについて紹介します。

  1. 正しい納豆の食べ方とは
  2. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:混ぜ方
  3. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:ちょい足し
  4. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:マナー
  5. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:栄養向上
  6. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:パスタ
  7. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:オムレツ
  8. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:トースト
  9. ご飯以外にも!おすすめ納豆の正しい食べ方:チャーハン
  10. 納豆は簡単ちょい足しアレンジでも栄養満点の食べ方ができる
古くからご飯のお供として親しまれている納豆。多くの人はご飯に乗せて食べるという食べ方をする人が多いのですが、様々な料理にちょい足しするだけで簡単にアレンジすることができるということで、ここ最近は様々なレシピが生まれています。レシピによっては納豆の栄養を落としてしまう食べ方もありますが、ほとんどは納豆の栄養をそのままに簡単に食べることができたり、納豆の栄養をより高める食べ方もできます。また、正しい納豆の食べ方で栄養を高めることもできるのです。最近では納豆を使ったダイエットもあり、多くの人が実践しています。今回はそんな納豆の正しい食べ方や、栄養を損ねない簡単ちょい足しアレンジレシピを紹介していきます。
引用: http://biz-journal.jp/images/post_24088_1.jpg
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/a/ad/Natto_mixed.jpg/220px-Natto_mixed.jpg
正しい納豆の食べ方は、混ぜ方から違うということを皆さんはご存知でしょうか。混ぜ方だけでなく、醤油やからしなどのタレを入れるタイミングも、実は決まっているのです。スーパーなどでは納豆は冷蔵ケースに入っている状態で売られており、自宅で保管するときも基本的には冷蔵庫で保管するはずです。正しい混ぜ方としては、まずは一旦常温で放置し、それから混ぜるようにすることで、発酵活動が再開されて、粘りが増します。そしてタレなどについても、基本的に混ぜてから入れることで、粘りが強くなめらかになります。混ぜる回数に関しても、最低100回以上は混ぜましょう。美食家として知られている北大路魯山人が提唱している納豆の食べ方であるため、一度実践してみるのも良いですね。
引用: https://kaigo.news-postseven.com/wp-content/uploads/2018/04/nattou_fotoco.jpg
引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/1/10/100/10071/1/large.jpg
基本的に付属のたれを入れるだけでも十分食べることはできますが、人によってはその他にもう一つちょい足しをするという人もいるはずです。特に定番なのが、生卵や砂糖をちょい足しするという食べ方です。砂糖に関しては、秋田県では定番の食べ方であり、相性を心配する人が多いですが、かなり抜群です。砂糖を入れることで納豆菌が活発になり、栄養価も高くなります。生卵についても、粘り気が少なくなるという難点がありますが、そのおかげで食べやすくなります。しかし生卵を入れる際、ほとんどの人は卵白も一緒に入れている人が多いです。もしも生卵をちょい足しするときは、できれば卵黄のみちょい足しするようにすることで、納豆の栄養を損ねることのない食べ方ができます。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/foodcreative/20140814/20140814115906.png
引用: https://d1x0dndjbjw02n.cloudfront.net/production/posts/eyecatches/000/026/903/original.jpg?1515834053
納豆に限った話ではありませんが、世界共通で食事の食べ方のマナーというものがあります。それは納豆でも同じことです。特に女性の場合、人前で納豆を食べるのはためらってしまうという人もいます。外国人の中でも日本は好きだけど納豆はどうも好きになれないという人もいます。しかし同じ日本人同士であれば、人前で納豆を食べることは問題ありません。しかし中には、納豆の食べ方ですするという人もいますが、それはマナーとしてはだめです。犬食いという行儀の悪い食べ方ということになってしまうため、すする癖のある人は今のうちに直しておくと良いでしょう。また、納豆は体に良いですが、食べかすは虫歯にとっても良いものであるため、口臭予防のためにも、唾液が落ち着いたら歯を磨いておきましょう。
引用: http://www.weider-jp.com/protein/images/column/1527493114_mceclip2.jpg
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/kamakurayama_70
納豆というのは、スーパーで並んでいたり出荷されるときでも発酵が進んでいます。そのため、食べ方次第では栄養をさらに引き上げることも可能なのです。基本的に食品というのは賞味期限のことも考えて早めに食べるというのが常識となっていますが、納豆に関しては、賞味期限ギリギリで食べたほうが栄養価が高いです。また、納豆と一緒に別の発酵食品も食べると、乳酸菌の吸収のサポートにもなり、結果的に栄養もかなり高くなります。特に夕食時に食べることで、納豆菌の良さを最大限に活かすことができます。このように何気ないちょっとした食べ方でも、納豆の栄養をさらに向上させることができるのが、納豆の良いところです。
引用: https://style.vegewel.com/wp-content/uploads/2017/02/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E7%B4%8D%E8%B1%86%E2%91%A0pixta_25564375_S-1.jpg
引用: https://img.dmenumedia.jp/ent/wp-content/uploads/2016/05/20160804233354.jpg
納豆はご飯に乗せるものですが、実は簡単にアレンジをすることができるのです。最近の食べ方では納豆ダイエットというダイエットもあり、様々な簡単アレンジレシピも出てきています。ここからはそんな納豆を使った簡単アレンジレシピを紹介していきます。納豆の簡単アレンジレシピの中でも定番となっている納豆パスタは、かなり美味しいと評判です。納豆とオリーブオイルの相性はかなり抜群であり、意外にも美味しく食べることができます。また、パスタにもよく使われる明太子などと合わせても十分美味しくなり、和風納豆パスタなどという新たなパスタのアイデアも日々生まれている程です。みなさんもこの食べ方を是非一度試してみてはいかがでしょうか。
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/9bbea5db2caee6f0b94211a0d20cb3348408a967.07.2.3.2.jpg?thum=58
引用: https://production-orp.s3.amazonaws.com/uploads/recipes/image/0000300193/20150709172505_w300hf.jpg
納豆に生卵が合うのであれば、火を通した卵と納豆の相性も抜群なのでは、と考える人もいるはずですが、大正解です。納豆オムレツも最近かなり人気のあるレシピということで人気があります。特に子供からの人気も高く、納豆は嫌いだけど納豆オムレツであれば問題なく食べられるという子供もいるほどです。味付けが濃い目になっているため、納豆特有の臭いも解消されています。チーズと合わせることでさらに美味しくなり、納豆嫌いのお子様にもおすすめです。納豆オムレツをするときのコツとしては、納豆を予め細かくしておくと良いでしょう。そうすることで、子供にも納豆が入っているということを悟られずにすみます。
引用: https://image.excite.co.jp/jp/erecipe/recipe/8/1/817e0275a54b31477f3939a96e3e8b2c/d4f8b193e96d6ede4dae68f1fd3eacff.jpeg
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/8d073c630b7910350d086bfb621708ccb5a35f40.07.2.3.2.jpg?thum=58
トーストのトッピングといえば、多くの人はマーガリンやジャムなどをイメージする人が多いですが、せっかくなら納豆をトッピングにしましょう。納豆をトッピングとすることで、ボリュームもかなり上がり、忙しい朝の朝食としても十分満足することができます。作り方も簡単であるため、一人暮らしの人でもトースターさえあれば簡単にできます。多くの人は納豆の上にチーズを乗せているため、発酵食品を同時に摂取することができるというのも嬉しいところです。加熱しているため納豆の栄養は若干落ちてしまいますが、その分美味しく食べることができるため、忙しい朝でも栄養をしっかりと摂取したいという人におすすめです。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2226744/280/dbc5001c71264adff24f7a04be8876f2.jpg?u=3323505&p=1397569365
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/3/cd69cd6ca675d99c56b7c0f564058d6a8047de28.40.2.3.2.jpg?thum=58
休日にお父さんが子供のために作る料理として定番のチャーハン。そこに納豆を入れてみるのも良いですね。納豆とご飯を一緒に炒めることで、ぱっと見では納豆が入っているとはわからないものです。こちらも納豆の栄養は加熱により若干減ってしまいますが、それでも美味しく食べることができます。子供はもちろん、大人でも納豆は苦手だという人でも、この納豆チャーハンであれば克服することもできます。チャーハンもにんにくなどを入れることによりさらに美味しくなり、様々なアレンジもできるため、納豆パスタと同じぐらい、今では定番になりつつあります。今度の休日には、いつもと一味違う納豆チャーハンを作ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/345625/280/09aaf814a3829617c8276a1c207c9d76.jpg?u=399230&p=1214215057
引用: http://www.nagatanien.co.jp/contents/recipe/m254_l.jpg
いかがでしたか。今回は納豆の正しい食べ方や、ちょい足しでできる簡単アレンジレシピなどを紹介しました。今回紹介したレシピ以外にも様々なレシピや食べ方があり、中には生卵や砂糖のような、ちょい足しレシピも数多くあるため、興味のある人は調べて実践してみると良いでしょう。納豆にはナットウキナーゼという栄養が入っており、加熱をすると少なくなってしまいます。とはいえ、加熱したらそのナットウキナーゼがなくなるというだけで、納豆そのものの栄養価が下がってしまうということはありません。そのため、納豆ダイエットをするときでも、長期間続けるためにも、この簡単アレンジレシピをダイエットメニューに取り入れてみるのも良いものです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yNkZ6HiXL.jpg
引用: https://storage.topvalu.net/assets/contents/images/product/74839/4901810457083_PC_L.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2017/07/natto-1-650x401.jpg