Lyxxcpadxusstybihpl2

ファッション

CATEGORY | ファッション

日本人ファッションの特徴を世界と比較!自分らしいおしゃれはどっち?

2018.12.12

日本人のファッションと世界のおしゃれには特徴違いがあることをご存知でしょうか。今回はそんな日本人と世界のファッション比較をしていきます。男性や女性の特徴、自分らしいおしゃれはどちらなのかを比較しながら体感してみてください。

  1. 日本人と世界のファッション特徴比較!男性女性のおしゃれとは?
  2. 女性日本人と世界のファッション特徴比較➀服装の露出具合
  3. 女性日本人と世界のファッション特徴比較➁化粧
  4. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較③ブランドへの執着
  5. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較④子供服
  6. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較⑤年配の方のおしゃれ
  7. 男性日本人と世界のファッション特徴比較⑥薄毛
  8. 男性日本人と世界のファッション特徴比較⑦白髪
  9. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較⑧髪染め
  10. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較⑨カジュアルが似合うかどうか
  11. 男・女性日本人と世界のファッション特徴比較!結局おしゃれは自分次第
  12. 日本人と世界のファッション特徴比較でした!
Ytac5e60vc83on416wfd
引用: https://www.instagram.com/p/Bqo6XlHn7lS/
人によってそれぞれ個性が出る部分と言えばファッション。ファッションに興味がなければ常にシンプルに生活するという人もいたり、いつでもトレンドを追いかけるというのもあると思います。
ファッションに毎月かけるお金も、多い人なら万単位、少なければシーズンごと、更に少ないと毎年着れるまで着回し続けるというパターンもあります。
そんな中でも、日本人と世界のファッションにはいくらか違いがあることをご存知でしょうか。感性ともいうべきなのか、日本人と世界ではおしゃれ意識に違いが生じているようです。
そこで今回は、日本人と世界におけるファッションの違いや特徴についてご紹介。主にアメリカ・イギリス・フランスといった大国とのおしゃれの違いについて見ていきます。
Wgmryu9ssesy3eoiu7pu
引用: https://www.instagram.com/p/BqlyqdfnG4M/
日本人女性はおしゃれをするときでも、衣服の露出は抑えて隠すことでおしゃれなファッションを実現する傾向にあります。外出して色んな場所を歩いてみても、海やプールなど例外を除けば女性の方は露出は少ないかもしれません。
また、ビジネスや会社、学校などでも肌を露出することはマナー違反とされるため、その影響が続いて露出は基本的にしなくなったという方もいるはずです。
Xubxe2vrsxhs4lj39qch
引用: https://www.instagram.com/p/BqlLGAjH0XG/
その点世界のファッションでは、肌を露出することでセクシーさを出すほうがおしゃれという認識があります。街中を歩いてみれば胸元を隠さず大きく開いた女性が歩いていたり、ブラジャーは見えみえでお尻のラインもくっきり見えているなど、男性の目のやり場に困るような事もあります。
もちろん、これは宗教や国によって違いますが、日本人が隠すことでおしゃれを出すのに対して、世界では露出を多くすることでセクシーに決めることがよくあるのでしょう。
Rihjabqbmzha4ewxtz2v
引用: https://www.instagram.com/p/BqpMUSTgV3e/
日本人女性の化粧は、ファンデーションをしっかりと付けてから不自然にならない程度のメイクアップを仕上げることで、顔の特徴を反映した美しさを表現することが多いです。
実際のところ日本人女性の場合、顔を生かした自然なメイクのほうがモテやすく、厚化粧は男性には受けません。
Qqfomcme64yhvvnjkrrm
引用: https://www.instagram.com/p/BqpJ0G7jW5j/
その点、海外のメイクでは最初からゴリゴリに仕上げて明らかに化粧してますという感じが出ている人がいます。また、人によってはまったく化粧をしない人もいたり、趣味に応じて普通にはみられないド派手なメイクを施す方もいます。
日本人が世界のようなメイクを施したら、お人形のようにみえてしまうかもしれません。また、日本人女性が薄いメイクで素材を生かした化粧をするといいましたが、海外の化粧しない人は素材を生かすというよりメイクに興味がない印象です。
X3jr8ebrjtquhrvrqhnx
引用: https://www.instagram.com/p/BqnqIv_Bo-y/
日本人でよくありがちな事と言えば、ブランドもののファッションを好むという点です。ブランド意識の高い人はハイブランドなど意識の高そうなファッションを身に着け、お金もよく使っているでしょう。
その点、海外ではブランド名はさほど気にしません。それぞれが自分にとって着たいものや、良いと思ったデザインを着用します。
S2rthlwzx2pvwojvsokc
引用: https://www.instagram.com/p/BqpOju-B5oH/
日本人がブランドものをデザイン気にせず満足感で着るのに対して、世界ではブランドよりも自分にとって着たいデザインかで決めているのです。
もちろんブランドものの中に欲しいものがあれば世界でも購入するでしょう。ただ、日本人の場合はファッションの際にブランドの名前を優先的に見てしまう傾向にあります。
Dglqerf98uulkdxw2b3j
引用: https://www.instagram.com/p/BqpOOzpjFQu/
子供の中でも小学校低学年未満など、まだ小さい子のファッションは親が選ぶことが多いと思います。そんな日本人の親が選ぶ子供服と言えば、アンパンマンやプリキュアなどキャラクターものを選んだり、派手に何か絵が描かれているようなものを選ぶことが多いです。
その点、世界の子供服ファッションを見てみると、無地のカラーで男の子なら青や黒、グレーといった色が着せられ、女の子ならピンクや赤などの色が使われます。
Gjpqhwueu4jrybhlaqx4
引用: https://www.instagram.com/p/BqpGF9ng2zT/
このように、日本人の子供服はキャラクターものやちょっと派手な絵が描かれているものが多いのに対して、世界では無地でシンプルなカラー、悪く言えば個性がないファッションが多いようです。
Wnnm6pioiopdvkt8ris8
引用: https://www.instagram.com/p/BoasWSUBLwt/
日本人の年配の方のファッションを見てみると、落ち着いた印象の服装を着ていて渋く見えたり、やや色合いのあるものを着用することで少し可愛らしさも持っています。また、アクセサリーといったものはあまり着用しないでしょう。
その点、世界の年配の方のファッションでは日本人と比べると華やかで、女性であれば歳をとっても若々しさのある衣服、帽子、服を身に着けています。
Tv1d3jdrlxt9lhtnkvji
引用: https://www.instagram.com/p/BnvkJGBHstb/
日本で年配の方がそういったファッションをすると遊び心がありながらも見る人によってはあまりいい印象を抱かないかもしれません。世界ではそんなことはなく、歳を取っても若々しいファッションが好まれるのです。
Jp9ezeqhakcfrwrawr8w
引用: https://www.instagram.com/p/Bqoscf_Fs04/
日本人は薄毛になると、髪をなんとか維持しようと頑張ったり、残された髪を使ってバーコードヘアにする人なんかもいます。この点、海外では髪が薄くなってきたら早々に坊主に切り替えて、潔く受け入れる傾向にあります。
これについては、日本において薄毛があまりいい印象を持たれず、女性からもモテないというイメージが強いからかもしれません。
Crswxmg6ic4uh8vzzogx
引用: https://www.instagram.com/p/Bqnt1agA6Np/
世界では坊主になったとしても、顔の輪郭などの影響のせいかカッコいい人はカッコいいですし、悪い印象もありません。日本でも坊主や薄毛がカッコいいものだと流行るようなら、世界に近づく可能性もあるのでは。
Jf2cditrpnrb7qm5cnrh
引用: https://www.instagram.com/p/BqpErTPHshf/
髪の黒い日本人は、白髪が生えると目立つせいか白髪染めして見えないようにする方がたくさんいます。実際、日本人は黒髪が一番似合うのでそうせざるをえないかもしれません。
この点、海外では白髪が生えてきたとしても染めることはなく、そのままにします。というのも、人によっては黒髪や茶髪でもなくシルバーカラーが基本だったりするため、そのままにしても問題ないからです。
Unkfqti32zywwezafl31
引用: https://www.instagram.com/p/BqoCHECnHC6/
日本人と違ってシルバーヘアでも似合う顔立ちであれば、染める必要はないのかもしれません。
I5dfeolnkef3dp6ottye
引用: https://www.instagram.com/p/Bqo_to_Bj4v/
黒髪が似合う日本人は髪を染めるとしても茶髪や金髪など、世界で見られるカラーが一般的です。世界の場合、もともとが金髪や茶髪が多いせいか、それ以外の奇抜なカラーにしたりするのがよく見られます。
Szittw5ppvhaxatuonoy
引用: https://www.instagram.com/p/BqpJ8-hH-kc/
M7vfblnpcsplekyoluvc
引用: https://www.instagram.com/p/BqpMPM3Fp6a/
日本人のファッションの1つにあるのがカジュアルなスタイル。ややベーシックとは違ったカラーを着こなしつつアイテムを組み合わせてカジュアルさを演出する人がいます。
これについて、日本人のカジュアルは子供っぽい印象に見えたことはないでしょうか。世界と比べると小柄な印象を持つ日本人がカジュアルにすると、それだけで子供っぽい印象になってしまうのが宿命です。
Uw2pv6ruthhkw7xdfmgd
引用: https://www.instagram.com/p/BqpMGslHjrT/
その点、海外の大柄な方がファッションでカジュアルを取り入れてみると子供っぽさがなくカッコいいです。これは日本と世界で体格の差によって似合うかどうかの差異が生じしているのでしょう。
C08v4ijl9oh3h3k9moyv
引用: https://www.instagram.com/p/BqpMsvTF2Se/
ここまで色々と日本人や世界のファッションに関する特徴、違いを見ていますが、結局のところ自分らしさが一番だと思います。
己が正しいと思ったファッションを貫いてください。
Esk3rxnfdladl8roruda
引用: https://www.instagram.com/p/BqpM85Ohhyp/
Cjc3hng2abtktt2qqver
引用: https://www.instagram.com/p/BqpOC13Ft-_/
日本人と世界のファッションの違いを紹介しました。日本と世界ではいじらない状態の見た目の違いや、文化背景の違いによって色々差異があることがわかったと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BqouzJKHdql/