Dhaolwvomv0hcva6vkqy

妊娠

CATEGORY | 妊娠

エスプレッソのカフェイン含有量とは?妊娠・授乳中には控えるべき?

2018.11.27

エスプレッソにはカフェイン含有量が多いと言われていますよね。妊娠中や授乳中は避けたほうが良いのですが、カフェインレスなどとの量・比較が気になりますよね。1ショット当たりの比較などエスプレッソのカフェイン含有量についてご紹介したいと思います。

  1. エスプレッソのカフェインはどのくらい入っている?
  2. エスプレッソとドリップコーヒーではカフェイン含有量は大きく異なる!
  3. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン比較はこちら!
  4. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較① 焙煎度合い
  5. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較② お湯の温度
  6. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較③ 焙煎豆の量
  7. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較④ 抽出量
  8. エスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較⑤ 抽出時間
  9. カフェインレスのカフェイン量は?
  10. 妊娠中はエスプレッソなどのカフェインの摂取は控えるべき?
  11. コーヒーと他の飲み物で比べた場合は?
  12. 一日のカフェインの摂取目安量は?
  13. 【まとめ】エスプレッソとドリップコーヒーのカフェインの量を把握してコーヒーを楽しもう!
引用: https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/111700008/040100040/a.jpg
皆さんはエスプレッソにどのくらいのカフェインが含まれているかご存知ですか?カフェインはコーヒーの特徴とも言えるのですが、カフェインは覚醒作用などがあり、摂取しすぎると身体にあまり良くないと言われています。そのようなコーヒーですが、エスプレッソやドリップコーヒーによってカフェイン量は異なるので、今回はエスプレッソ、コーヒーのカフェイン量についてご紹介したいと思います。
引用: http://mahalo-mall.com/mahalo_hawaii_post/wp-content/uploads/2015/07/3d46a548c170ba3731a532f1d4388608.jpg
先程もすこし触れましたが、エスプレッソとドリップコーヒーではカフェイン量が異なります。これは焙煎度合いや抽出時間などの影響で変わるのですが、1ショットあたりのカフェイン量も合わせてご紹介しますのでぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://cdn.my-fav.jp/hokuriku/feature/47/images/pc-main.jpg
次は実際にエスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量についてご紹介したいと思います。カフェイン量はもちろんいろいろな状況、条件によって変わるので一般的な量としてご参考いただけたらと思います。
引用: http://www.coffee-chaco.jp/coffee/images/img_coffee_01.jpg
まず最初に挙げられるエスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量比較は焙煎度合いです。焙煎度合いによってもカフェイン量は変わってきます。焙煎度合いは焙煎士の腕により大きく異なると思いますが、浅煎りから深煎りまであると思います。深煎りになるほどカフェインは少なくなるのですが、エスプレッソは深煎り、ドリップコーヒーは浅煎りから深煎りとなっています。このことからもわかるように、焙煎度合いで言うとエスプレッソの方がカフェイン量が少ないということがわかるかと思います。
引用: https://www.ei-publishing.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/30080051/20160314_2_key.jpg
次にご紹介するエスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量の比較はお湯の温度です。こちらもドリップコーヒーとエスプレッソではお湯の温度が異なると思います。エスプレッソは主に90℃のお湯で入れるのですが、ドリップコーヒーは水からお湯の間の曖昧な温度であることが多いと思います。エスプレッソの方が温度が高いことが多いのですが、カフェインは温度が高いほうがカフェイン量が多いので、この点においてはエスプレッソのほうがカフェインが多いと言えます。
引用: http://noncurante.la.coocan.jp/images/img_02beans.jpg
次にご紹介するエスプレッソとドリップコーヒーのカフェイン量の比較は焙煎豆の量です。こちらは1ショットなどで量が決まっているのですが、エスプレッソ1ショット当たり焙煎豆の量は約7gです。スタバなどで1ショットと言う言葉を使いますが、量が増えれば1ショットではなく2ショットなどと増えていきます。ドリップコーヒーは1ショットだけでなく、2ショットなどと焙煎豆の量が増えるので、カフェインの量がドリップコーヒーの方が多いです。
引用: https://coffee-varistor.com/wp-content/uploads/2018/07/coffee_beans_poster_05_picture-800x344.jpg
次にご紹介するエスプレッソとドリップコーヒーのカフェインの比較量は抽出量です。抽出量はかなり変わるのですが、エスプレッソの1ショットは約30ccです。しかし、ドリップコーヒーの場合は120cc程度が多いです。もちろんこの点は抽出量が多いほどカフェイン含有量が多くなるのですが、量を同条件にした場合はエスプレッソの方がカフェイン量は多いです。
引用: https://blog.skeg.jp/archives/images/qahwa-coffee-stand-18092501.jpg
次にご紹介するエスプレッソとドリップコーヒーの比較は抽出時間です。抽出時間も1ショットなど抽出量によって変わるのですが、抽出時間が短いほどカフェインが少なくなります。そのため、エスプレッソの方がやはりカフェイン量が少ないです。しかし、こちらも同じ量で考えるとエスプレッソの方が多くなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81q6bNCuUYL._SL1500_.jpg
次はカフェインレスについてご紹介したいと思います。カフェインレスコーヒーは今では多くの方がご存知だと思いますが、カフェインが限りなく少ないことで知られています。ノンカフェインも存在しますが、ノンカフェインはカフェインが0でカフェインレスは微量ながらカフェインを含んでいるので、違いも把握しましょう。
UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップコーヒ 350g 7g×50袋
価格 ¥ 1,882
引用: https://tamagoo.jp/wp-content/uploads/2015/10/36220666f3e9162b1f87a72c34f17976.jpg
妊娠中の方はカフェインの摂取はひかえたほうが良いと耳にすることが多いですよね。もちろんこの点は間違いなく、カフェインを摂取しすぎてしまうと胎児にもカフェインが行ってしまい、何かしらの影響が生じる場合があります。そのため、できれば妊娠中の方は大量のカフェイン摂取は極力控えるようにしましょう。

妊娠中・授乳中でのカフェインレスは大丈夫?

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yawato9614/20160902/20160902203110.jpg
妊娠中や授乳中の方はカフェインを摂取しすぎないほうが良いとご紹介しましたが、妊娠中や授乳中の方にはカフェインレスコーヒーはおすすめです。しかし、このカフェインレスは先程もご紹介したように、カフェインが0というわけではなく、微量ながらもカフェインが含まれています。そのため、できれば少量といったコーヒーを飲む量をおさえるようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610XFBzVCIL._SL1000_.jpg
エスプレッソやドリップコーヒーのカフェイン量についてご紹介しましたが、次はコーヒー以外の飲み物のカフェイン量をご紹介したいと思います。紅茶や烏龍茶にもカフェンが含まれますので、ぜひご参考いただけたらと思います。
【 Amazon.co.jp 限定 】ビーンズ トーク オリジナル ブレンドコーヒー 1kg (500g×2) (【豆のまま】)
価格 ¥ 2,160

コーヒーと他の飲み物① 紅茶

引用: http://img21.shop-pro.jp/PA01331/537/etc/item_lemonhearts_tsukigase_4.jpg?cmsp_timestamp=2112
まず最初にご紹介する飲み物は紅茶です。紅茶にもカフェインが含まれていることで有名ですよね。紅茶には100mlあたり30gのカフェインが含まれています。この量は単純にコーヒーの半分の量です。そのため、紅茶はコーヒーの半分の量のカフェインが含まれていると考えると間違いないです。

コーヒーと他の飲み物② 烏龍茶

引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/27/27730/a05bb9f40c5174a002724ab34817b7bc.jpg
次にご紹介する飲み物は烏龍茶です。烏龍茶は健康茶として知られていますが、烏龍茶にもカフェインは含まれています。烏龍茶は紅茶よりもさらにカフェイン量が少なく、100mlあたり20gの量となっています。およそ3分の1程度のカフェインしか含まれていないので、カフェインを気にする方は烏龍茶を飲むのがおすすめです。

コーヒーと他の飲み物③ ココア

引用: https://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/shutterstock_184784933.jpg
次にご紹介する飲み物はココアです。ココアは紅茶と同様の量で、およそ100mlあたり30gと言われています。そのため、紅茶を飲むのもココアを飲むのもあまり変わらないので、どちらでも好きな方を選んで飲むのがおすすめです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kininarujouhokyoku/20170829/20170829163327.jpg
次はカフェインの一日の摂取目安量をご紹介したいと思います。カフェインは一日に摂取する目安量が存在するのですが、一日におよそ400mlまでであれば摂取しても大丈夫と言われています。もちろん人によっても個人差はあるのですが、およそ4杯程度の認識でいれば問題ないかと思います。

妊娠・授乳中のカフェイン摂取目安量は?

引用: https://cocomammy.com/wp-content/uploads/2016/09/shutterstock_289670495-1.jpg
妊娠中や授乳中の方のカフェイン摂取量をご紹介します。妊娠中や授乳中の方は極力カフェインは摂取しないのが好ましいのですが、飲んでもいいと考えられている量はおよそ200mlです。そのため、1日1杯程度であれば妊娠中や授乳中の方でも大丈夫と言えます。ただし、この点はやはり個人差が存在しますので、細心の注意を払うようにしましょう。
引用: http://secondopinion.jp/wp-content/uploads/2015/01/a98bbfb5268b1ae2bfe43a86234007f7_m.jpg
今回はエスプレッソ、コーヒーのカフェインについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。カフェイン量はエスプレッソが多いイメージがありますが、コーヒーを飲む量が大きく関係します。濃度も関係あるのですが、ご紹介したカフェイン量を参考にしていただきながらコーヒーを楽しんで頂けたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.p-alt.co.jp/wp-content/uploads/2017/05/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC_%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%80.jpg