Iru9uslrjcxcmaaga8aw

バイク

CATEGORY | バイク

アドベンチャーバイクの人気車種【250cc/400cc】特徴と乗り心地を比較!

2018.12.06

アドベンチャーバイクをご存じですか?アドベンチャーバイクとは、悪路を走破するための性能を与えられ、オフロードバイクとは違った乗り心地を感じることができます。2018までのモデルで250cc、400ccの中から、ツーリングやオフロードに人気の車種をご紹介します!

  1. アドベンチャーバイク人気車種をご紹介!
  2. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?①カワサキ VERSYS-X 250  
  3. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?②スズキ V-Strom250
  4. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?③ホンダ CRF250 M
  5. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?④ホンダ CRF250 RALLY
  6. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?⑤カワサキ VERSYS-X250 TOURER 
  7. オフロード・ツーリングに人気のアドベンチャーバイクは!?⑥ホンダ 400X 
  8. 実は400ccクラスのアドベンチャーバイクは少ない!?
  9. アドベンチャーバイクの大型車!?
  10. アドベンチャーバイク人気車種まとめ
アドベンチャーバイクは、バイクを存分に楽しむことができるバイクで、未舗装の道路など、悪路を走破したりすることができます。そのため、ロングストロークのサスペンションに、低い車高が特徴で、オフロード向きでありながら、乗り心地にも特化しているのがアドベンチャーバイクです。
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250M/assets/images/top/image-03.png
その性能は、オフロードなどの悪路走行時だけに発揮されるものではなく、ツーリングなどでも、十分に性能を発揮します。乗り心地もよく、オフロードも楽しめるバイクなのです。今回は2018年までのモデルの250ccと400ccの中から、人気の車種をご紹介していきます!
引用: http://www3.suzuki.co.jp/suzukinirin/smadmin/upload/productdetailimg/2160/pc.png
VERSYS-X 250は、カワサキの250ccアドベンチャーバイクで、刺激的な走りの喜びを提供してくれるバイクです。様々な路面状況に対応できる安定性に加え、ツーリングも快適にできる乗り心地を持ったバイクです。スムーズに発揮できるパワーと、ロングストロークサスペンションに軽量のボディで、幅広いランディングに対応してくれます。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/versys-x250/img_01-01.jpg
車名:VERSYS-X 250(2018年現行ラインナップモデル)
全長×全幅×全高:2170mm×860mm×1390mm
エンジン:水冷4ストローク並列2気筒DOHC
排気量:250cc
最高出力:33ps/11500rpm
最大トルク:2.1kgf・m/10000rpm
価格:62万9640円~
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/versys-x250/accbanner1.jpg
2018年新型となる、スズキのV-Strom250。低中速トルクを向上させたことによって、パワフルさに扱いやすさが加わったバイクです。未舗装路の走破性に、扱いやすいランディング性能は、安心感のあるバイクに仕上がっています。その他、街中やワインディングでも性能を発揮し、ツーリングでも活躍するアドベンチャーバイクです。
引用: http://www3.suzuki.co.jp/suzukinirin/smadmin/upload/productcolor/368/pc.jpg?1543295728618
車名:V-Strom250(2018年新型)
全長×全幅×全高:2150mm×880mm×1295mm
エンジン:水冷式4サイクル2気筒SOHC
排気量:250cc
最高出力:24ps/8000rpm
最大トルク:2.2kgf・m/6500rpm
価格:60万2640円~
引用: http://www3.suzuki.co.jp/suzukinirin/smadmin/upload/productdetailimg/2413/pc.png
ホンダのCRF250 Mは、強靱なシャシーを持ちながら、安定感としなやかさを併せ持つことで、高いスポーツ性能を発揮するバイクです。エンジンは高回転までスムーズに吹き上がることで、ストップ&ゴーを繰り返すような環境であっても、軽快に操作することができます。乗り心地もよく、どんな環境下でも、快適なライディングが楽しめるアドベンチャーバイクです。
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250M/assets/images/design/carousel/main-04.png
車名:CRF250M(2018年現行ラインナップモデル)
全長×全幅×全高:2125mm×815mm×1150mm
エンジン:水冷式4ストローク単気筒DOHC
排気量:250cc
最高出力:24ps/8500rpm
最大トルク:2.3kgf・m/6750rpm
価格:53万8920円~
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250M/assets/images/design/carousel/main-01.png
ホンダのCRF250 RALLYは、スムーズな回転と、低回転域からのトルクフルが特徴となるエンジンを持つ、タフなバイクです。このエンジンは、オフロードではパワフル、街中では爽快と、その環境の中で力を発揮してくれます。もちろん、ツーリングでもライディング性能は申し分なく、ツーリングでも申し分のない乗り心地を披露してくれます。
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/assets/images/design/carousel/main-09.png
車名:CRF250 RALLY(2018年現行ラインナップモデル)
全長×全幅×全高:2210MM×900mm×1425mm
エンジン:水冷式4ストローク単気筒DOHC
排気量:250cc
最高出力:24ps/8500rpm
最大トルク:2.3kgf・m/6750rpm
価格:64万8000円
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/assets/images/design/carousel/main-05.png
カワサキ VERSYS-X250 TOURERは、汎用性を持ったVERSYS-X250よりも快適性を重視したアドベンチャースタイルのバイクです。スペック的にはVERSYS-X250と大差ないものの、VERSYS-X250よりも充実した装備がなされているタイプのバイクです。その分車両重量が重くなってしまいますが、ツーリングをより快適にすることができるモデルです。
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/versys-x250/img_03-01.jpg
車名:VERSYS-X250(2018年現行ラインナップモデル)
全長×全幅×全高:2170mm×940mm×1390mm
エンジン:水冷式4ストローク並列2気筒DOHC
排気量:250cc
最高出力:33ps/11500rpm
最大トルク:2.1kgf・m/10000rpm
価格:62万9640円〜
引用: https://www.kawasaki-motors.com/mc/img/versys-x250/pview1.jpg
ホンダの400Xは、カタログ上ロードバイクとされていますが、走行性能や低いシート高を見ていくと、400ccクラスでは珍しい、アドベンチャーバイクといえます。フレームは強靱でありながら軽量で、しなやかさを持っており、路面状況や変化を、ライダーに伝達してくれます。また、乗り心地に加え、ハンドリングは軽快で、ツーリングも苦になりません。
引用: https://www.honda.co.jp/400X/assets/images/design/carousel/main-05.png
車名:ホンダ 400X(2018年現行ラインナップモデル)
全長×全幅×全高:2085mm×830mm×1335mm
エンジン:水冷式4ストローク直列2気筒DPHC
排気量:400cc
最高出力:46ps/9500rpm
最大トルク:3.8kgf・m/7500rpm
価格:79万2720円~
引用: https://www.honda.co.jp/400X/assets/images/chassis/image-01.png
アドベンチャーバイクを探していくと、実は400ccクラスのアドベンチャーバイクが、非常に少ないという現状にぶつかりました。250ccクラスや900cc超の大型バイクにはいくつかアドベンチャーバイクが出てくるのですが、400ccクラスとなると、ホンダの400Xくらいしか、見当たらないのです。ヤマハにいたっては、250ccクラスにもアドベンチャーバイクがないという結果に・・・。
スズキ V-Strom650(645cc)
引用: http://www3.suzuki.co.jp/suzukinirin/smadmin/upload/productdetailimg/2238/pc.png
アドベンチャーバイクが少ないいくつかの理由を調べてみると、優越感を得たい人は750cc以上の大型、中型だとわざわざ車検を受けなくてもいい250ccクラスという選択をするというのが、主な理由のようです。ですから、中型で車検のある400ccクラスのバイクは、避けられがちというのが現代のバイク事情のようで、各バイクメーカーも、400ccクラスの車種が少なくなっていると思われます。
ヤマハ MT-09(845cc)
引用: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-09/img/mt-09_color_001_2018_003.jpg
例えば、スズキのV-Strom。アドベンチャーバイクとして人気の高いバイクですが、250ccクラスと650ccクラス、1000ccクラスには設定があるものの、その間になる400ccクラスには、設定がありません。このあたりも、その事情が関係しているのではないかと思われます。ですからアドベンチャーバイクに属する400ccクラスのバイクがラインアップされているのは、ホンダだけのようです。
アドベンチャーバイクは、オフロードバイクと違って、高いスポーツ性能に、高い走破性を持ちながら、安定した乗り心地を持っているというのが特徴です。そんなアドベンチャーバイクですが、大型車も参考までに、2018年ラインアップモデルの車種のご紹介しておきます。アドベンチャーバイク選びの、参考にしてみてください。
○スズキ V-Strom1000(1036cc)
引用: http://www3.suzuki.co.jp/suzukinirin/smadmin/upload/productcolor/336/pc.jpg?1543364787176
○ホンダ CRF1000L Africa Twin Adventure Sports
引用: https://www.honda.co.jp/CRF1000L/assets/images/type/product-01.png
○ヤマハ XT1200ZESuper Tenere(1199cc 逆輸入車)
引用: https://ysp-members.com/contents/lineup/overseas/xt1200ze/img_slide_1.jpg
アドベンチャーとは、冒険を意味しています。そんな中で、アドベンチャーバイクは、ライダーにとって新しい世界を切り開いてくれるバイクです。ロードスポーツ、オフロード、ツーリングと、多岐に渡ってバイクを楽しむことができます。そんなアドベンチャーバイクで、新しいバイクの世界を堪能してみてください!
引用: https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/assets/images/top/image-03.png
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/assets/images/top/image-05.png