// FourM
U0ecsgrtdeym5ncxyaul

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ブレイクダンス初心者へ!スクール?独学?おすすめなのはこれ!

2018.12.05

かっこいいブレイクダンスにチャレンジしたい!でも、ブレイクダンスは大人からでも独学ではじめられるのでしょうか。それともブレイクダンス初心者はスクールに通うべきなのでしょうか。ここではブレイクダンス初心者におすすめの練習方法についてお知らせします。

  1. 初心者は知っておきたい!ブレイクダンスって何?
  2. ブレイクダンス初心者がまずはじめにするべきこととは?
  3. ブレイクダンス初心者への質問①.どんなブレイクダンサーになりたい?
  4. ブレイクダンス初心者は独学か?それともスクールか?
  5. ブレイクダンス独学のメリット
  6. ブレイクダンス独学のデメリット
  7. ブレイクダンススクールに通うメリット
  8. ブレイクダンススクールに通うデメリット
  9. ブレイクダンス初心者におすすめの音楽とは?
  10. ブレイクダンス初心者におすすめの服装とは?
  11. ブレイクダンス初心者は筋トレをしたほうがいいの?
  12. ブレイクダンス初心者はどこで練習をすればいいの?
  13. ブレイクダンス初心者がイベントに出場するためにはどうすればいいの?
  14. 【まとめ】かっこいいブレイクダンスは初心者でもできる!
ヒップホップ文化を象徴するブレイクダンスは、アメリカはニューヨークで生まれました。アメリカのギャングたちの抗争では銃撃戦が当たり前で非常に危険なものですが、撃ち合いではなく「ダンス」で「バトル」するというところからブレイクダンスが発展してきました。
Zasyu8me3x9rira2psew
引用: https://www.instagram.com/p/BqfEUdYhxET/
ギャング同士の「撃ち合い」よりも「ダンス」で「バトル」する。となると、当然激しいダンスの応酬となります。そこがブレイクダンスのかっこいい魅力であり、それこそが醍醐味なブレイクダンス。ヒップホップ文化と共に様々なエッセンスが加えられながら今も進化しているダンスでもあります。
Iw0ruq9mz9unfl7plzg3
引用: https://www.instagram.com/p/BqBhCfhnA3W/
ブレイクダンスには当然、対戦相手が必要。それぞれがかっこいい技を見せ合いながら、時に相手を挑発したりもするのが見もの。オーディエンスも一緒になって楽しみながら会場を盛り上げます。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=448x1024:format=jpg/path/scc62349f8a4e1dd9/image/i812b2200cc407418/version/1516647031/breakdance-hip-hop-kindertanz-tanzen-lingen.jpg
「ブレイクダンスってかっこいい!大人からでもブレイクダンスっをやってみたい!」と思ったのなら、楽しみましょう、ブレイクダンスを!ここからは「上達したいけどどの技から練習すればいいのかわからない。」という方へ目安となる指標をお伝えいたします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRq4z7n_Vl2XhX9PLt39CCxwOw3A1BNa44MBuXqciceN8AJ0vYR
ブレイクダンスには様々な系統があり、どのようなブレイクダンサーになりたいか、どのような種類のダンスを踊ることができるようになりたいか、といった「かっこいいブレイクダンサーの理想像」を明確にすることがおすすめです。そして、なりたい系統の基礎的な簡単技から着手すると良いでしょう。大人になってからかっこいいブレイクダンスをしたい方も、明確な指標を持つことが上達の第一歩です。

ブレイクダンスの系統①.くるくる回転!パワームーバー

Pm4kht4oabbkhina82dj
引用: https://www.instagram.com/p/BnXZHj1FySV/
ブレイクダンスに憧れた人は、やはりウィンドミルやヘッドスピンなどのくるくる回転する技に魅了され、かっこいいと憧れたのではないでしょうか。ブレイクダンスの技のなかで、かっこいい回転技をメインにダンスするダンサーはパワームーバーと呼ばれています。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170514%2F17%2F10036147%2F2%2F408x612x1bd7422e88554a0ded9f5e2f.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
パワームーバーの特徴は一般的に、床に手や足をつけずに回転させます。とてもかっこいい技ですが、初心者の大人がいきなり挑戦すると怪我する危険性が高いので注意が必要でしょう。

ブレイクダンスの系統②.くるくる回転よりも踊り!スタイラー

引用: http://carneliandance.tokyo/wp-content/uploads/2017/08/03_20170817_Urushi.png
回転系の技を多様するパワームーバーとは違い、いわゆる立ち技をメインとしたダンスを中心に見せるダンサーをスタイラーと呼びます。アクロバティックな回転技ではなく、ブレイクダンスをきっちりと「踊り」として見せるタイプのダンサーに憧れている初心者はスタイラーを目指すのがおすすめです。
スタイラーはスタイラーでも、多少のアクロバティックな技を絡ませるのがセンスのかっこいい見せ所。最近のブレイクダンサーもこのタイプのダンサーが増えてきているそうですよ。

ブレイクダンスの系統③.筋力で魅せる!ストロングスタイル

筋肉を使ってとんでもない動きをしたり、とんでもないポーズでピタッと止まったり。筋肉がないと到底できないダンスを見せるのがストロングスタイル。日本人のブレイクダンサーの中で、ストロングスタイルを得意とする有名な方に「自爆」がいます。ストロングスタイルに興味のある方はチェックすることをおすすめします。

ブレイクダンスの系統④.おもしろおかしいコミカル系

引用: http://dance-stream.com/wp-content/uploads/2015/07/1507214.jpg
ブレイクダンスはくるくる回転して激しく踊り回るだけではありません。枠にハマらない独自の個性を発揮するコミカルなポーズで会場を盛り上げる系統もありますよ。
引用: http://dance-stream.com/wp-content/uploads/2015/09/150901489.jpg
ブレイクダンス初心者は独学でも技をマスターできるのでしょうか。それとも最初はスクールに通って基礎を学ぶべきなのでしょうか。大人でも独学で技を習得できるのでしょうか。大人でもスクールに通っている人はいるのでしょうか。どちいらがブレイクダンスを始める大人におすすめか解説します。
引用: http://dance-stream.com/wp-content/uploads/2018/02/b-boy.jpg
もし、仲の良い友達や知人にブレイクダンスの達人がいて、一緒に練習することが可能なのであれば、おそらくゼロ円で練習が可能ではないでしょうか。時間に縛られることがないので、社会人の方は仕事が終わってから、学生なら授業やアルバイトの後など、好きな時間に好きな場所で練習をすることができます。
引用: https://i.ytimg.com/vi/JOB70zcE7IM/maxresdefault.jpg
この時代、インターネットにはすべての情報が網羅されていて、YouTubeには多くのブレイクダンス動画が溢れかえっています。初心者がマスターすべき基本的な簡単技なら、動画や画像などを見ながら独学で練習すればマスターできるかもしれません。
引用: https://i.ytimg.com/vi/8Kvp4U7ucQ4/maxresdefault.jpg
大人なので、若い子に混ざってブレイクダンスをするのが恥ずかしい!という方もいるかもしれません。そんな方は独学でこっそり練習するのもいいですね。また、大人の中には「ダイエット」「シェイプアップ」のためにブレイクダンスを始めるという方もおられます。そんな大人の方はスクールに通う必要はないかもしれませんね。
引用: https://dews365.com/wp-content/uploads/2018/08/pc_BREAK_FREE_0416.jpg
インターネットやYouTubeなどでブレイクダンスの基礎的な技を習得したつもりでも、本当にソレが正しいのかどうかをジャッジすることができません。また、「どうしてもできない技」などのコツや、「なぜ自分にはその技ができないのか」といったことを教わることができないのはデメリットと言えるでしょう。
引用: http://dance-stream.com/wp-content/uploads/2016/01/CY0nPCaUQAARajM.jpg
例えば。小学生の野球部員が、プロ野球選手とキャッチボールをしただけで上達した!という話があります。自分よりもレベルの高いブレイクダンサーから教わることはとても有効で、上達の近道になることは間違いありません。
引用: https://i.ytimg.com/vi/u2l_ysD6R6A/hqdefault.jpg
独学での練習は上達へのモチベーションを保ちにくいものです。自分のすぐそばに上手な人がいる状態と、YouTubeしかない状態とでは圧倒的に前者のほうがモチベーションが高まります。質問できるしアドバイスをもらえるし、何より目の前でその技を見ることができるのですから。
引用: http://dancelldivision.com/wp-content/themes/folder/php/timthumb.php?src=http://dancelldivision.com/wp-content/uploads/2014/04/S__244039842.jpg&h=367&w=940
ブレイクダンス初心者がスクールに通う一番のメリットは、「わからないところを質問することができる!」ということです。「そもそも、どこがわからないのかが、そもそもわからない」という人もいるでしょう。そんな方ならなおさらスクールに通って、講師からアドバイスをもらったほうが独学よりおすすめです。
引用: https://dews365.com/wp-content/uploads/2017/12/IMG_5528.jpg
ブレイクダンススクールに通って、きっちりと基礎を身につけることで、後の技習得がとても早くなるということがあるでしょう。また、仲間やライバルが増えて、モチベーションも保ちやすく、最新の情報も得やすく、バトルなどの大会への出場もしやすいのではないでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRRv_qiO2zoaeMYjhygwJGTq7KcsBl3mdIhTaKSRTDDbRhUBzc45Q
ブレイクダンスは1人で踊って1人で楽しむ、よりもやはりみんなでわいわいと楽しんだり挑発し合うのが醍醐味でもあります。ブレイクダンス初心者はやはりスクールに通って基礎を学び、人脈を増やすのもいいかもしれませんね。
引用: https://scdn.line-apps.com/stf/linenews-issue-1581/rssitem-2779536/a062fe7340d7b9605697cbdd6033c39e3b0e7a4e.jpg
あえて、ブレイクダンススクールに通うデメリットを挙げるとすれば、やはり「時間」と「お金」ということになるでしょうか。レッスンの日時や場所はほぼ決められています。レッスン料も必要となります。個人レッスンならレッスン料は高くなり、グループレッスンでもグループの人数が多ければ細かく丁寧に教えてもらいにくく、「初心者なので講師に質問しにくい」と感じる人もいるかもしれません。
ブレイクダンスに欠かせない必須すぎるモノ、といえばもちろん音楽。ブレイクダンスはヒップホップ文化から生まれたダンスなので、やはりヒップホップ系の音楽がぴったり合います。
ブレイクダンスの映画で有名な「ビートストリート(BEAT STREET)」で使われた曲として有名なArthur BakerのBreakers Revenge。ブレイクダンスを始めるなら映画と音楽の両方をチェックしておきたいですね。
ブレイクダンスの中で最も有名な曲がIncredible Bongo BandのApache。ベタすぎて「もう古い!」と感じるかもしれませんが、知らなければならない曲なので、知らない人は要チェック!
ブレイクダンスの定番曲であり、古き良きソウルのおすすめ名曲がThe Jimmy Castor BunchのIt’s Just Begun。楽曲の完成度も高く、知っておくべき曲です。
引用: http://www.danstreet.jp/wp/wp-content/uploads/2015/06/pic1.jpg
ブレイクダンス初心者は、「動きやすい服」と「スニーカー」があればいいでしょう。しかしそれだけじゃオシャレじゃないし、雰囲気が出ませんよね。そこでブレイクダンサーならこれ!なパンツをご紹介しましょう。

タフなズボンの代名詞!ブレイクダンスをするならディッキーズのワークパンツ!

引用: http://mensfashion-next.com/wp-content/uploads/2015/02/210b5453fbad3a1bb86bbf4cd008ebec.jpg
ディッキーズのズボンは、カテゴリーとしてはワークパンツなので大変丈夫で、激しいブレイクダンスでも破れにくくおすすめで。サイズやカラーのバリエーションも豊富で、カジュアルな服装にばっちりハマります。価格も手頃なのでサイズやカラー違いを数着持っておくのもいいかもしれませんね。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/haruka5671/imgs/9/7/9778234a-s.png
ブレイクダンスにはストロングスタイルという系統があり、「筋力がないとできない技」ばかり。でも、ブレイクダンスのために筋トレをする必要はあるのか?といえばそれはノーです。ブレイクダンスは筋肉で踊るダンスではありません。何より、ブレイクダンスの練習を継続していれば自然と筋肉がついてきます。また、体幹も鍛えられ、体も柔らかくなってくるでしょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/mama_papa129/imgs/e/1/e1308c22.jpg
広くて、自分の体を映し出せる鏡(のようなもの)があればどこでも良いでしょう。駅やビルの広場などで練習をしている人たちを多く見かけますね。深夜の練習や、音楽のボリュームなどは周囲の迷惑を考え、常識的な範囲を守るようにするべきですね。
引用: https://news.walkerplus.com/article/96234/534498_615.jpg
ブレイクダンスのイベントはソロ・チームなどでバトルをするのが一般的。SNSやインターネットには最新情報がたくさん掲載されています。出場するための費用は高額なものではありません。ブレイクダンス初心者がいきなりバトルに出場する!のはハードルが高すぎると思うので、まずは観客としてイベント会場を訪れてみてはいかがでしょうか。
ブレイクダンス初心者は「独学orスクール」で悩む方が多いようです。ぜひこの記事を参考に、自分にあったブレイクダンスの練習方法を見つけて、ぜひ頑張って継続させてください。独学でなかなか思うように技を習得できなくても、あまり深く考えこまずに、ぜひ楽しんで練習するのがおすすめ。難易度の低いブレイクダンスの技でもかっこいいものはたくさんありますから!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://breakdance.site/wp-content/uploads/2017/07/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9_1498840903.jpg