C1fbvflebflqziflhtjy

家電

CATEGORY | 家電

電子辞書を比較!学生とビジネス用でおすすめ電子辞書の選び方は違う?

2018.11.19

2018年現在さまざまなおすすめ電子辞書が出ており、比較するポイントも増えています。選び方についても値段で決めたり、ビジネス向けか学生向けかで大きく違ってきます。今回はそんなおすすめの電子辞書の比較と選び方について解説していきます。

  1. 電子辞書の比較ポイント
  2. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:カシオ
  3. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:シャープ
  4. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:値段
  5. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:ビジネス向け
  6. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:学生向け
  7. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:検索機能
  8. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:文字入力
  9. おすすめ電子辞書の選び方と比較2018:英検
  10. 電子辞書は使用用途で比較して選ぼう
電子辞書と一口に言っても、値段もさまざまあり、ビジネス向けなどさまざまな用途があります。電子辞書というのは、その名の通り電子化された辞書であり、通常の紙の辞書の倍以上の情報量が収録されており、特に最近の電子辞書というのは、辞書だけでなく、百科事典なども収録されていたり、電子辞書でありながらも、英語のリスニングができたり、英語を学ぶことができる機能もあるため、語学学習のために電子辞書を購入するという人もかなり多いです。とはいえ、値段によっても機能も操作性も異なるため、選び方はかなり重要になります。今回はそんな電子辞書の比較ポイントや選び方などについて解説します。
引用: https://image.biccamera.com/img/00000003591726_A01.jpg?sr.dw=600&sr.jqh=60&sr.dh=600&sr.mat=1
引用: http://www.sharp.co.jp/cms/dictionary/images/000028671.jpg
電子辞書というのはさまざまなメーカーから出ていますが、どんな製品であれ、人気で信頼のできるメーカーはあります。まずは電子辞書を選ぶ際はずれがないメーカーをいくつか紹介します。まずは、電子辞書において定番のメーカーであるカシオです。カシオといえば、多くの人は計算機などが有名ですが、電子辞書もかなり人気です。最近では人気が下がりつつあるものの、それでもかなり人気が高く、信頼性もかなり高いです。カシオの電子辞書はシンプルなものが多く、しっかりとした操作感と、シンプルな画面配置が特徴です。中学生などの子供というよりは、シンプルなものを選びたい大人から人気があります。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/8/6/86f5f_1223_36b10a1e_50858e75-m.jpg
引用: https://casio.jp/cs/Satellite?blobcol=urldata&blobheader=image%2Fjpeg&blobheadername1=content-disposition&blobheadervalue1=inline%3Bfilename%3Dslide_3.jpg&blobkey=id&blobtable=MungoBlobs&blobwhere=1426230682457&ssbinary=true
シャーペンから始まり、さまざまな家電などを開発しているシャープ。そんなシャープも電子辞書を出していることをご存知でしょうか。電子辞書はカシオのほうが比較的知名度が高く、シャープの知名度は低かったのですが、ここ最近はカシオよりもシャープの電子辞書のほうが人気が高いです。シャープはカシオとは対照的に、滑らかなタッチ感とおしゃれなデザインが特徴です。最近ではタッチパネルタイプの電子辞書が増えてきましたが、そのタッチパネルの電子辞書の多くはシャープのものです。値段については物によってはかなり高いものもありますが、その分機能が多く入っているものも多く、特に高校生や中学生などの、学生を中心にかなり人気があります。
引用: http://www.sharp.co.jp/papyrus/images/papyrus-top_02.jpg
引用: https://cache.ymall.jp/webcom/item/multiimage/300/524971015_001.jpg
電子辞書を選ぶ際、どの部分で比較すればよいのか、ということになりますが、なかなか機能だけでは比較できないものです。どのような電子辞書がほしいかによってで選ぶことはできますが、似たような機能が多いのも事実です。そこで多くの人が気にするものが、値段です。値段が高ければ高いほど、多機能のものになりますが、決して性能が良いというわけではありません。当然ながら値段が安ければ、機能は少なくなりますが、機能が少ない分シンプルな操作になるため、電子辞書に慣れてない人や、初めての電子辞書におすすめです。また電子辞書というのは、物によってはカスタマイズできるため、機能に満足しないときは、カスタマイズをするのも良いでしょう。
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/article/pr/14/03_brain/img03l.jpg
引用: http://store.junglejapan.com/client_info/JUNGLE/itemimage/JS000532_300.jpg
電子辞書について色々見ていると、高校生向けや中学生向けなど、ターゲットが明記されています。しかしその中には、ビジネス向けというものもあります。ビジネス向けというのは、社会人向けの電子辞書ということになります。とはいえ、学生向けとは違い、勉強にまつわる機能などは搭載されていません。ではビジネス向けの電子辞書というのはどういうものなのか、ということになりますが、従来のような電子辞書としての単語などを調べる機能がメインであり、機種によっては、語学も学ぶことができるものです。ビジネスといっても、グローバル社会といわれている現在、いつどこで英語を話すかわからないものです。これからの社会において、電子辞書で語学を学ぶというのはかなりおすすめです。
引用: http://arch.casio.jp/image/exword/images/a8600/a8600_main_img.jpg
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/8/8/88672_1223_ebe25f00_ea42adad-m.jpg
ビジネス向けの電子辞書とは違い、学生向けというのは、その名の通り勉学にいそしむ学生に丁度良い機能がそろっている電子辞書ということになります。特に学生向けの場合、学校によって使用する電子辞書などが決まっていることが多いです。人気の電子辞書というのは、多くの学校で指定されている辞典が収録されており、学校によっては学校推奨の電子辞書とされていることもあります。学生向けの電子辞書の多くは、辞典はもちろん、日々の勉学に役に立つ機能が充実しており、特に中学生や高校生の場合、定期テストなどがあり、どうしても自宅で勉強をすることになりますが、そんな家庭学習をサポートする機能が充実しています。
引用: https://web.casio.jp/exword/AZ-G9850/img/mainimg.jpg
引用: http://toshi.life.coocan.jp/review/images/jisho/P1050542.JPG
電子辞書の2大メーカーであるカシオとシャープ。機能の充実さに関しても多少の違いはあるものの、総合的な部分で見ると互角です。最後に実際に使用する上でのカシオとシャープの違いをさまざまな面で解説していきます。まずは、電子辞書を使う上で必要不可欠な、検索機能です。情報量においてはカシオよりもシャープのほうが勝っており、カシオでは出てこなかった言葉も収録されていますが、実際に検索したときの見やすさはカシオのほうが優れています。カシオの場合、検索した際1ページ以内に収まるため、かなり見やすいです。しかしシャープの電子辞書でも、設定を変更することで、検索結果を見やすくすることができます。
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/sh01.jpg
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/ca01.jpg
文字入力といっても、言葉の読み方がわかるとキーボードでも打つことができますが、言葉によっては漢字は見たことがあっても、読み方がわからない言葉というものがあります。そんなときに便利なものが、手書き入力です。手書き入力については両メーカーともに搭載されていますが、認識スピードについてはカシオが圧倒的に早いです。カシオは一文字書いたらすぐに認識します。一方シャープの場合は認識スピードは遅いですが、その分丁寧に文字を書くことができるため、こちらも決して使いづらいというわけでもありません。あくまで異なるのは認識スピードのみであり、それ以外はどちらも互角です。
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/sh03.jpg
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/ca03.jpg
就職や転職においてもっておくと有利なものが、資格です。特に英検は、これからの時代においてもっておくとかなり便利なものです。そんな英検の対策も、最近では電子辞書で対策をすることができます。最近の電子辞書というのは英検対策に力を入れており、特にカシオとシャープは、すべてのモデルで英検対策の機能が搭載されています。カシオの場合は1級から3級まで、シャープの場合は1級から5級までをカバーしています。シャープの場合はとにかくわかりやすく、さらには出題範囲や流れなどがわかるようになっています。カシオの場合は過去問や予想問題など、かなり本格的なサポートがされています。しっかり英検対策したい場合はカシオ、英検をとりたいが、英語が苦手だという人はシャープの電子辞書がおすすめです。
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/xdz4800/14.jpg
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/sh05.jpg
いかがでしたか。今回は電子辞書の選び方や比較ポイントなどについて紹介しました。比較するポイントとしては、今回紹介したポイント以外にもありますが、どれだけ操作がしやすくても、どれだけ多くの情報が収録されていても、検索機能や入力機能などがしっかりとしていなければ、電子辞書としては意味がありません。また、現在の社会では英語を使用する場面が増え、英語の重要性がかなり高くなっているため、電子辞書でも手軽に英語を学ぶことができるように機能が強化されているものが多いです。特にカシオやシャープはすべてのモデルに機能が付いているため、わざわざ英会話教室などに行くことなく、手軽に英語を学ぶことができます。
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/sh07.jpg
引用: https://dist.joshinweb.jp/contents/report/mobile/dic_2018/ca05.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cache.ymall.jp/webcom/item/multiimage/300/524997015_001.jpg