Oppbh6wha6ykuz71zam4

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

フラフープで痩せる!テレビを見ながら毎日続けてダイエット効果を!

2018.12.06

フラフープは、下半身だけでなく全身のダイエットに効果バツグン!ちょっとしたスキマ時間、例えばテレビを見ながらでもできるので、頑張ればどんどん痩せることも可能。今回はそんなフラフープで痩せるためのコツを解説。これを読めば、あなたもフラフープで痩せたくなりますよ。

  1. テレビ見ながらフラフープでダイエット!?
  2. フラフープで痩せるコツ①重いフラフープで
  3. フラフープで痩せるコツ②大きいフラフープで
  4. フラフープで痩せるコツ③長く回せば全身が痩せる
  5. フラフープで痩せるコツ④下半身の筋力も一緒にアップ
  6. フラフープで痩せるコツ⑤激しく動かしてみよう
  7. 痩せるフラフープの選び方①初心者はストレート型を
  8. 痩せるフラフープの選び方②波型フラフープで
  9. 痩せるフラフープの選び方③ボール付きも
  10. 痩せるフラフープの選び方④変形フラフープ
  11. フラフープを毎日続けて全身痩せを目指そう!
引用: https://st2.depositphotos.com/1018611/8860/i/950/depositphotos_88607374-stock-photo-children-playing-and-throwing-colorful.jpg
フラフープでダイエットというと、テレビを見ながらでもできるとあって、簡単にできそうなイメージはありませんか。でも、痩せる効果を体感するには、それなりのコツが大切です。まずは、フラフープで痩せるために、知っておきたいコツをご紹介します。
引用: http://yaserun.com/wp-content/uploads/2016/02/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E5%9B%9E%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%9F.jpg
フラフープは、主に腰を動かす運動のため、腰回りにしか効果がないと思っている人も多いようです。しかし、実際は全身のバランスをうまくとらないと、フラフープは回りません。つまり、腰回りだけでなく、全身の筋肉を使う「全身運動」なのです。
引用: https://static.baby-calendar.jp/upload/news/files/mikata/cpb_20160930_KW9_11m3.JPG
そんな全身を使うフラフープ、ダイエット目的で使うなら、軽いものより重いものを選びましょう。300グラムくらいの“おもちゃ”ではなく、少なくとも500グラム、できれば1キロはあるフラフープを回すほうが、ダイエットには効果あり。実は重さがあるほうがフラフープは回りやすいので、初心者こそ重いものをチョイス!
次は、重さとともに、フラフープを選ぶときのポイントを紹介します。
引用: https://img.millymilly.jp/get/2018/08/21/dabaff3d0d680af717f220815b7b0592.jpg?csize=860x645
重さとともに、ダイエットにフラフープを使うなら、大きめサイズを選びたいもの。一般的なフラフープは直径90センチくらいですが、ダイエットに使うなら100センチくらいの大型タイプがおすすめです。
引用: https://www.bijin-abc.com/wp/wp-content/uploads/2016/06/hulahoop-diet.jpg
大きくフラフープを回すことで、ダイエットにも大きな効果を発揮できます。もちろんその分回しにくいのですが、フラフープ回せるよ!という方は、ぜひトライしてみてくださいね。なお、フラフープが苦手な初心者さんも、通常サイズで十分なダイエット効果を得ることができますよ。
続いては、フラフープを長~く回したい人必見のコツをご紹介!
フラフープの消費カロリーは、30分で200キロカロリー前後。これは、時速8キロで30分ジョギングするのと同程度です。ジョギングとは違い、テレビを見ながらでもできるのがフラフープのいいところ。でも、30分もフラフープって回したことありますか?
引用: https://arisa.jp/wp/wp-content/uploads/hula-hoop-diet.jpg
もちろん一度も落とさず30分回し続ける必要はありませんが、せっかくなら少しでも長い時間回したほうが、楽しくできますよね。長く回すコツは「足は肩幅程度に開く」「腰を引かない」「腰は前後(or左右)に揺らす」こと。これで、フラフープは長~く回り続けますよ。
次は、フラフープとともにやってほしい「アレ」をチェック!
引用: http://www.marumaru-diet.com/wp-content/uploads/2016/09/b313ed4aec1779998616f34fdaa87f3c-800x400.png
せっかくフラフープを回すなら、長い時間回したいもの。それには、回すコツとともに、全身、特に下半身の筋力をアップさせることも大切です。どれだけ正しい回し方をしても、筋量が少ないと、長時間フラフープを回すことはできません。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FMyreco%252FMyreco_12733_d392_2.jpeg,small=600,quality=70,type=jpg
下半身の中でも、腰回りに効く筋トレを並行して行うと、フラフープはより長時間回せます。フラフープを長く回せれば、腰回りの筋力強化につながるので、フラフープと下半身筋トレをセットで行いたいですね。ダイエットはもちろん、腰痛になりにくいカラダになりますよ。
続いては、フラフープダイエットの効果をもっと実感する方法を紹介しますよ。
引用: http://www.marumaru-diet.com/wp-content/uploads/2017/02/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%88%EF%BC%94%EF%BC%89.png
ある程度慣れると、特に体の部分を意識しなくてもフラフープは回るようになります。でも、ダイエット目的でフラフープを回すなら、腰とか下半身を意識して、少し激しく回すことを心掛けてみましょう。
引用: https://img.dmenumedia.jp/mamatenna/wp-content/uploads/2018/07/cpb_20160930_KW9_11main-1.jpg
スピードを上げて、下半身を意識しながら回すことで、カロリー消費もアップし、意識した部分への効果も上がります。テレビを見ながらでもできますが、ちょっと下半身を意識するだけでも、大きく結果は変わりますよ。
この後は、初心者におすすめのフラフープをレコメンド!
引用: https://shuhunonayami-sukkiri.info/wp-content/uploads/2016/09/467618.jpg
ここからは、ダイエットに使ってみたいフラフープをご紹介しましょう。まずは初心者におすすめのストレートタイプ。フィットネスクラブの東急スポーツオアシスによるフラフープは、重さが1.5キロと一般のフラフープよりかなり重め。でも、その分ダイエット効果は抜群です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612Wi4tNxlL._SX355_.jpg
クッション素材でリングが覆われているので、痛みも少なく、初めて体験する人にもおすすめのフラフープです。
次は、フラフープになれた人にぜひ使ってほしいアイテムを紹介!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6167F1-qFkL._SY355_.jpg
フラフープ回しに慣れてきた人には、輪の内側が波型になっているタイプもおすすめです。おなかを凸凹が刺激してくれるので、ダイエットのより一層の効果も期待できますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Fco0RyBBL._SY355_.jpg
ただし、凸凹がきついと、長時間回す前に痛みを感じてしまうので、緩やかなタイプを選ぶとよいでしょう。1キロ前後の適度な重さがあると、効果も高まりますね。
続いて紹介するフラフープは、激しいのがお好きな人におすすめ!
引用: https://shop.r10s.jp/1bankanwebshop/cabinet/28/4547853513968.jpg
もっとハードに回したい!という方におすすめなのが、指圧効果を期待できるボール付きフラフープ。突起のように配置されたボールが、おなか回りをプッシュしてくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CiR-tDRcL._SX522_.jpg
使いはじめこそ刺激的ですが、慣れると気持ちよくなる、ボール付きフラフープ。一部分にしかないものから、無数にちりばめられたものまで、こちらもいろいろな種類があるので、いつものフラフープに飽きた方は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。
最後に紹介するのは、見た目もたのしいこんなフラフープ!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/416g-WMQyjL._SY355_.jpg
普通の円形フラフープに慣れてきたら、ひょうたん型の「ファンキーフラ」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ユニークな形状と、重り代わりのウォーターボトルにより、より遠心力を掛けながら回すことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Zao36l3QL._SX355_.jpg
さらにフープの内側には、指圧効果のあるタイヤがついているので、おなか周りのマッサージにも。ダイエット機能を高める、このようなフラフープにも、ぜひ挑戦してみてくださいね。
引用: https://contents.melos.media/wp-content/uploads/2017/10/11150345/GettyImages-79125285.jpg
今回はフラフープで痩せるコツと、ダイエットに効果的なフラフープをご紹介しました。回すコツがわかると、フラフープはもっと楽しくなります。あなたも楽しく回して、楽しく痩せてみませんか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://maymassage.info/wp-content/uploads/2018/05/giam-mo-bung-bang-phuong-phap-lac-vong.jpg