Whwijew2byu2c9dqaty2

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

塩風呂の効果とは?デメリットもある?自宅でのやり方を紹介!

2018.11.13

塩風呂にはたくさんの健康・美容・スピリチュアルに効果があることはご存知ですか?塩風呂には肌がスベスベになったり、アトピーの改善、心の浄化など様々な効果があります。毎日欠かせないお風呂に”塩風呂”という選択肢をご提案。デメリット・自宅でのやり方もご紹介。

  1. 塩風呂の効果とは?
  2. スピリチュアル的にも塩風呂は優れている
  3. スピリチュアルだけではない塩風呂の効果①:「発汗作用」
  4. スピリチュアルだけではない塩風呂の効果②:「美肌効果」
  5. スピリチュアルだけではない塩風呂の効果③:「デトックス効果」
  6. スピリチュアルだけではない塩風呂の効果④:「ダイエット効果」
  7. スピリチュアルだけではない塩風呂の効果⑤:「アトピー改善」
  8. 塩風呂の自宅でのやり方
  9. 塩風呂のデメリット・注意点
  10. 魅力的な効果がたくさんある塩風呂【まとめ】
引用: http://gahag.net/img/201511/05s/gahag-0022153007-1.jpg
誰しもお風呂は毎日入るものだとは思いますが、そのお風呂に塩を入れるだけで健康・美容・スピリチュアルなど様々な効果があるので今回は塩風呂のおすすめポイントなどをご紹介していきたいと思います。塩風呂とはその言葉の通り「塩」を「お風呂」に入れただけのものです。それだけで多くの効果が見込める塩風呂は香りにこだわっただけの入浴剤を使用するよりもよっぽど有意義なバスタイムを過ごすことができるのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tokunoshimaIMGL4809_TP_V.jpg
塩風呂の魅力としてはコスパが良いことも挙げられます。毎日、塩ならどこのご家庭でもあるものだと思いますし、値段が安いことも塩風呂が気軽にやりやすいポイントでもあります。塩風呂に入るのが毎日ではないにしても、毎日のルーティンであるお風呂に”塩風呂”という選択肢も是非加えてもらいたいと思います。
引用: http://gahag.net/img/201509/07s/gahag-0002071230-1.jpg
塩風呂はスピリチュアル的にも優れているので、心を浄化、邪気の浄化、魔除け、お清めなど様々なところで「塩」は古くから活躍しています。塩風呂は心が疲れている時や気分が落ち込んでいる時にも心を浄化してくれるものなので、リラックス効果も兼ねて毎日のストレスなどを浄化させるのにも優れているのです。毎日ストレス社会に生きる現代人にこそ塩風呂による浄化効果は求められているのではないでしょうか。
Qm9j77gt4sai8jjwt6rj
引用: https://instagram.com/p/BjmT9wvBDph/
塩風呂には保温・保湿の効果があるので体の芯まで温めてくれる働きがあります。冬の寒い日や冷え性の人にとって発汗作用のある塩風呂は非常に効果があります。発汗作用が高まることによって血行促進やデトックス、ダイエットなど様々な効果を高まるので、塩風呂にとってこの発汗作用というのは最大の魅力と言えるでしょう。
Amypndbrymd8wlubojnv
引用: https://instagram.com/p/Bk1aZIgFuNP/
発汗作用が高まるのは「浸透圧」が関わっており、人の体よりも塩分濃度の濃い塩風呂に浸かることによって、濃度が低い人体の方から汗という形で濃度の高い塩風呂の方に流れ出ていくのです。温かいお風呂に入れば体は温まり汗はかくかもしれませんが普通のお風呂では塩風呂の発汗作用には敵わないのです。
引用: http://gahag.net/img/201509/07s/gahag-0002098864-1.jpg
塩風呂の発汗作用によって毛穴が開き汚れを押し出してくれる働きがあるので塩風呂には「美肌効果」も期待できます。また、塩風呂に入ることによって古い角質が軟化して落ちていきます。それにより全身ツルツルすべすべの肌になるので定期的に塩風呂に入り全身ケアをすることをおすすめします。また、美肌には精神面の影響も受けやすいものなので、スピリチュアルな効果がある塩風呂で心の浄化、邪気の浄化をして内面から美しく美肌効果を発揮したいところです。
Ykcr1qqceytgrmup4kca
引用: https://instagram.com/p/BZ1JG-1n6Fm/
デトックスとは体内の老廃物や毒素を体の外に排出して体の中から健康的に美しくなることですが、デトックスは汗をかくことで効果を発揮します。塩風呂のデトックス効果はさらに一歩踏み込んでいて、塩の成分が毛穴から体内に浸透して毛穴の皮脂や汚れを落とし、「水銀」「カドミウム」「鉛」などの有害物質を汗と一緒に外に排出してくれるのです。デトックスが目的という人にも塩風呂は非常におすすめできます。
引用: http://gahag.net/img/201604/30s/gahag-0081596845-1.jpg
発汗作用、血行促進の効果がある塩風呂はそれだけでも新陳代謝が高まりダイエットに非常に向いている入浴法だと言えますが、塩風呂にはマグネシウムが含まれているので、そのマグネシウムが全身から吸収され代謝を更に高めてくれるのでダイエットにおすすめです。毎日と言わないまでも定期的に塩風呂に入ることで基礎代謝が向上し痩せやすい体を作ることができるのです。
Ktitp9ruenp23t7ebbog
引用: https://instagram.com/p/BRC133cButf/
海水浴をするとアトピーが改善するという話しを聞いた事がありますか?アトピーの人は肌のトラブルとなる雑菌などが繁殖しやいと言われています。塩には殺菌作用があるので塩風呂に入ることで雑菌などを殺菌してくれるのでアトピーの人は塩風呂の殺菌効果の恩恵を強く受けることになります。さらに具体的に言うと黄色ブドウ球菌という有害な菌はアトピーの痒みや炎症を強くさせると言われています。塩風呂に入ることによってアトピーの症状を強めてしまうこのような有害な菌も殺菌することができるので、アトピーの人にこそ塩風呂は積極的に試してもらいたいと思えます。
Id7glgkoiebrahxoeffn
引用: https://instagram.com/p/Bl3IbdYl6UV/
塩風呂は塩さえあればできる入浴方法なので自宅でも簡単にできます。塩風呂の頻度は毎日でも週に1、2回でも自分のお好みで調整してよいでしょう。そして塩風呂に使う塩は「天然塩(粗塩)」にして下さい。スーパーには精製塩なども販売されていますが、塩風呂にはミネラルが含まれている天然塩を使うことで塩風呂の効果を高めてくれるのです。

塩風呂のやり方

①.38~40℃のぬるめのお湯を湯船に溜める ②.湯船にひとつかみ(50g程度)の天然塩を入れてしっかりと溶かす ③.塩風呂に10分間浸かりリラックスする ④.10分経ったらシャワーで体を洗い流す ⑤.体を流し終わったらもう一度10分間塩風呂に浸かる ⑥.合計20分ほど浸かり終わったら最後にしっかりとシャワーを浴びて塩を落として塩風呂の終了
引用: http://gahag.net/img/201512/24s/gahag-0039573480-1.jpg
塩風呂に使う塩の量は絶対という決まりはありません。多くの人が自分の好みやその時の気分で塩を入れる量を調整しているようです。 途中、一度シャワーで体を洗い流すのは塩風呂の効果で体内から排出された汚れなどをリセットして塩風呂の効果をより高める目的があるからです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/WPIMGL2713_TP_V.jpg
塩風呂の効果とやり方について解説してきましたが、デメリットと注意点についても理解した上で塩風呂を試してもらいたいと思います。

塩風呂のデメリット・注意点①:「追い炊き式のお風呂では出来ない」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TC160130090I9A6530_TP_V.jpg
デメリットの一つとして、追い炊き式のお風呂では塩風呂の塩分が風呂釜をサビさせてしまったり腐食させてしまう可能性があるので追い炊き式のお風呂の家庭では塩風呂は控えた方が良いでしょう。

塩風呂のデメリット・注意点②:「塩風呂後のサビ防止が必須」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tomcatDSC07902_TP_V.jpg
2つ目のデメリットとして、塩風呂が終わったあとにそのまま放置してしまうと急激にサビなどが発生してしまう恐れがあるので、塩風呂後はすぐに湯船の塩が溶けたお湯を捨て、捨てた後は入念にシャワーで塩を洗い流すようにしましょう。湯船はもちろんですが、それ以外のお風呂場全体にもしっかりとシャワーで洗い流し、最後は排水溝の周辺も入念にシャワーをかけておくと安心です。

塩風呂のデメリット・注意点③:「しっかり水分補給する」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/waterIMGL5676_TP_V.jpg
3つ目のデメリットとして、塩風呂には非常に優れた発汗作用があるということはこれまでにも説明してきましたが、ただでさえ汗を大量にかく入浴で塩風呂をするとなると、いつも以上の脱水症状対策が必要になります。塩風呂に入る前に水分補給を行い、お風呂から上がった後にもしっかりと水分補給をするようにして対策しておきましょう。
引用: http://gahag.net/img/201511/02s/gahag-002122.jpg
塩風呂の効果、デメリット・注意点、自宅でのやり方などを紹介してきましたが、塩風呂には魅力的な効果がたくさんあることが分かります。特筆すべきは塩風呂の発汗作用、それに伴う血行促進やデトックス、ダイエット効果も魅力です。またアトピーの人にも効果があるので塩風呂は試してみる価値があります。毎日のお風呂タイムに塩風呂という選択肢を加えて健康と美容、スピリチュアルな効果も高めていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201511/05s/gahag-0022153007-1.jpg