Qvj5cilzwmyscdep3q9v

髪型・ヘアスタイル

CATEGORY | 髪型・ヘアスタイル

塩シャンプーの効果とは?自宅でもやり方とメリット・デメリットを紹介!

2018.11.13

塩シャンプーは自宅でもできて薄毛・白髪・臭いがとれる、などの効果があるとされています。その反面、塩シャンプーではべたつきそう・脱色しちゃいそう、などのデメリットも心配になってしまいます。そんな塩シャンプーの効果、メリット・デメリットや自宅でのやり方をご紹介。

  1. 塩シャンプーとは?
  2. 薄毛対策も?塩シャンプーの効果
  3. 塩シャンプーのメリット・デメリット①:「真のオーガニックシャンプー」
  4. 塩シャンプーのメリット・デメリット②:「頭皮環境を整える」
  5. 塩シャンプーのメリット・デメリット③:「薄毛対策」
  6. 塩シャンプーのメリット・デメリット④:「べたつき」
  7. 塩シャンプーのメリット・デメリット⑤:「脱色」
  8. 塩シャンプーの自宅でのやり方
  9. 塩シャンプーを自宅でやる時の注意点
  10. 塩シャンプーの効果【まとめ】
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MIYA160131260695_TP_V.jpg
塩シャンプーとはその言葉の通り、塩を使ったシャンプーの方法のことを言います。具体的には「お湯に塩を溶かして頭を洗い流す方法」と「シャンプーの中に塩を混ぜて洗髪する方法」の2通りが塩シャンプーのやり方になります。そもそも塩で頭を洗い流して問題はないのか?心配になってしまう人も少なくないでしょう。しかし、市販のシャンプーなどには石油系界面活性剤などが使われているので体のことを考えると自然のものである塩を使ったオーガニックシャンプーとして塩シャンプーを愛用している人もいるのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7586_TP_V.jpg
塩シャンプーが有名になったのは一時期話題になった「湯シャン」に塩を加えてさらに効果的なシャンプーができるようになったからだと言われています。先ずは塩シャンプーの効果について挙げていきます。
・薄毛対策 ・白髪が減る ・臭いがとれる ・かゆみの改善 ・フケがなくなる ・髪にハリとコシが生まれる
塩シャンプーには上記のような優れた効果があるとされています。しかし、その効果の数々には真偽不明な部分も多々あるので塩シャンプーのメリット・デメリットをさらに詳しく説明していきます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tokunoshimaIMGL4807_TP_V.jpg
塩シャンプーで使う材料は「お湯」と「塩」だけ、もしくは「シャンプー」と「塩」だけということになります。塩シャンプーの主な使われ方はお湯に塩を溶かした方法なので、塩シャンプーは”真のオーガニックシャンプー”だと言えるのです。実際。塩シャンプーを使っている人の多くがオーガニックにこだわった無添加、自然派の人がほとんどです。市販で買うオーガニックシャンプーは値段が高いものも多いので、素材がお湯と塩だけの塩シャンプーは気軽にできるオーガニックシャンプーとしておすすめです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7572_TP_V.jpg
市販で売られているシャンプーには石油系界面活性剤が使われ、洗浄力が強くなっているものが多くあります。この洗浄力の強さというのは一見すると頭皮の汚れやべたつきの原因になる皮脂をしっかり洗い落としてくれて優れもののように感じられますが、実際は強すぎる洗浄力によって必要以上に皮脂を落としてしまい、失われた皮脂を取り戻そうとして頭皮から皮脂が過剰に分泌されてべたつきや薄毛などの様々なトラブルの原因となってしまうことがあります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0305_TP_V.jpg
一方、塩シャンプーは当然ながら石油系界面活性剤などは使われておらず、洗浄力に不安を覚える人もいるかもしれませんがご安心ください。お湯だけでは洗い流しきれない垢やタンパク質などは塩が溶解してくれるので余分な皮脂などを落とし頭皮環境を整えてくれるのです。頭皮環境を整えるというのは薄毛対策など様々な効果が期待できるのでそれだけで塩シャンプーの効果は優れていると言えるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81L-eknNqSL.jpg
塩シャンプーで髪が増えた!
価格 ¥ 1,404
薄毛の原因には様々な要因があるとされるので、頭皮環境を整えるというのは非常に大事になります。塩シャンプーには頭皮環境を整える効果が期待できるので薄毛対策にも優れています。また、塩シャンプーの効果として「頭皮の血行促進」というのもあります。塩には血行促進効果があるので、塩を溶かしたお湯で頭皮を洗い流すというのは頭皮に直接塩の血行促進効果を促すことができます。薄毛対策には頭皮の血行促進も大事になるので塩シャンプーは薄毛にも効果があるシャンプーだと言えるのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Yamasha181026019_TP_V.jpg
塩シャンプーのイメージとして「べたつきそう」と思う人も多いと思います。分かりやすいところで言えば海に入ったあとの体のべたつきを想像してしまうのでしょう。結論から言うと「塩シャンプーはべたつきます」これは仕方がない部分ではありますがデメリットと言わざるを得ないでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/hageIMGL0168_TP_V.jpg
その他にも、洗浄力が強すぎないのが魅力の塩シャンプーではありますが、塩シャンプーを使い始めたばかりの時などは洗浄力が弱くて頭皮の皮脂が残りすぎてしまい頭皮のべたつきが気になる可能性もあります。しかし、塩シャンプーを使っているうちに頭皮環境が整っていき徐々にべたつきも気にならなくなるのでご安心ください。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/003KZ1868_TP_V.jpg
べたつき同様に塩シャンプーを使った時のデメリットとなるのではないかと「脱色」が気になる人もいると思います。サーファーなどが海水の影響で脱色してしまい茶髪になってしまうというイメージがあると、脱色の心配をしてしまうのかもしれませんが塩シャンプーをするのは洗髪している時だけの短時間なのでサーファーのように長時間塩水が髪についている状況はあり得ません。なので塩シャンプーで脱色することは考えられないので安心して下さい。
引用: http://gahag.net/img/201510/25s/gahag-0018423739-1.jpg
塩シャンプーを自宅で行うのは非常に簡単です。必要になる塩は「粗塩」を使いましょう。ミネラルが含まれる粗塩は塩シャンプーに向いているのです。それでは「お湯に塩を溶かして頭を洗い流すやり方」と「シャンプーの中に塩を混ぜて洗髪するやり方」をご紹介します。

お湯に塩を溶かして頭を洗い流すやり方

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CRI_IMG_6128_TP_V.jpg
①.洗面器にお湯を入れて粗塩を大さじ一杯入れてしっかりと混ぜる ②.塩シャンプーを始める前に髪をブラッシングしその後、普通のお湯で軽く洗髪しておく ③.その後、最初に作った粗塩が溶けた塩シャンプーを頭皮にかけながら丁寧に洗う ④.最後に塩シャンプーの塩が頭皮に残らないようにしっかりと洗い流す

シャンプーの中に塩を混ぜて洗髪するやり方

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL9334_TP_V.jpg
シャンプーの中に塩を混ぜるやり方は、適量の塩をシャンプーの中入れて、後は普通のシャンプーと同じになります。もしくは手の平に塩を出してからそこにシャンプーも加えるというやり方もできるでしょう。塩の粒子が残っている状態で頭皮を擦るのは頭皮へダメージを与えてしまうので注意が必要です。そもそも、こちらの方法はデメリットが目立つのであまりおすすめできません。塩シャンプーをやる時にはお湯に塩を溶かしたやり方がベターです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7909_TP_V.jpg
塩シャンプーにはいくつかの注意点があるので気を付ける必要があります。

塩シャンプーではワックスやスプレーを落とせない

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7534_TP_V.jpg
塩シャンプーは皮脂などを落とす働きはありますが、ワックスやスプレーなどの油を含んだ頑固なものまでは洗い流すことができません。ワックスやスプレーなどの整髪剤を落とさなければそれが原因で頭皮トラブルが発生してしまうかもしれないので、整髪剤を使った時はピンポイントで普通のシャンプーで洗い流さなければいけません。

カラー・脱色・パーマをした直後の塩シャンプーは厳禁

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/009KZ1868_TP_V.jpg
塩シャンプーを行うことで髪の毛はアルカリ性になります。アルカリ性になった髪というのは極端に刺激に弱くなってしまうので、カラー・脱色・パーマをした直後の塩シャンプーは厳禁です。カラー・脱色・パーマをした直後に塩シャンプーをしてしまうと髪の毛に深刻なダメージを与えるだけではなく、カラーの色落ちやパーマの持ちが悪くなってしまうので注意が必要です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7719_TP_V.jpg
塩シャンプーの効果、やり方などをまとめてきましたが、塩シャンプーには簡単にできて魅力的な効果がたくさんある方法であることが分かります。やり始めは毎日塩シャンプーをした方が良いですが、頭皮環境が整ってくれば週に2、3回ほどのペースで問題ないので継続して続けやすいところもおすすめできます。気軽にできる塩シャンプーに是非挑戦してみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7719_TP_V.jpg