Lswqtumtx7ikcj4ws63i

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

フライパンで長持ちするのは?ガスとIHのコンロで選び方が違う?

2018.11.13

フライパンが長持ちするというのはかなり良いことです。ガスとIHでは選び方が異なり、くっつかないことはもちろん、長く使うことができるものがおすすめです。今回はそんなガスとIHに対応している長持ちするおすすめのフライパンを紹介していきます。

  1. 長持ちするフライパンとは
  2. おすすめ長持ちフライパンの選び方:エクセレンス
  3. おすすめ長持ちフライパンの選び方:シルクウェア
  4. おすすめ長持ちフライパンの選び方:ル・クルーゼ
  5. おすすめ長持ちフライパンの選び方:スイスダイヤモンド
  6. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フェアリーローズ
  7. おすすめ長持ちフライパンの選び方:和平フレイズ
  8. おすすめ長持ちフライパンの選び方:軽いねストロング
  9. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フォアフッ素加工
  10. フライパンは長持ちしてくっつかないものを
毎日の料理で必ずといってもよいほど使用するフライパン。必要不可欠な調理器具だからこそ、くっつかない長持ちのフライパンが最もおすすめです。とはいえ、フライパンといってもさまざまなものがあり、深さも異なれば大きさも異なります。またフライパンによっては、テフロン加工がされているものもあるなど、くっつかないための工夫がされているフライパンもあります。また、フライパンといってもIHに対応しているものもあれば、ガスでしか使うことができないものもあるなど、自分が普段使用しているコンロによっても、対応していないフライパンがあるということもあります。今回はそんなくっつかない長持ちするおすすめのフライパンの選び方などを紹介します。
引用: https://happypio.com/wp-content/uploads/2016/05/5dada5f5c79d40b7fd0ee0aa0234c955.png
引用: https://www.frypan-susume.com/wp-content/uploads/2015/06/pan-corting-1024x576.jpg
フライパンを始め、調理器具の代名詞ともいえるフランスのブランドであるティファール。そんなティファールの人気フライパンが、エクセレンスです。ガスはもちろん、IHにも対応されているため、かなり万能です。テフロン加工はもちろんチタン加工もされているため、くっつかない加工についてもかなり長持ちします。そして何より最大の特徴は、CMなどでもおなじみの機能である、取っ手が取れることです。取っ手が取れるため料理においてかなり使い勝手がよく、フライパン以外の調理器具にすぐ取り付けることができるため、一度に複数の料理をするときにかなり便利です。フライパン自体もかなり長持ちするため、あまりフライパンを買い換えたくない人におすすめです。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/form/article/2018/02/28/5a966cf54c2e2.jpg
引用: https://shop35-makeshop.akamaized.net/shopimages/nishizawa/0000000011632.jpg
取っ手は取れませんが、デザインがかなりおしゃれなフライパンが、中尾アルミ製作所のフライパンであるシルクウェアです。アルミであるためフライパンとしては軽量であり、炒め物などをするときにも腕が疲れたりしてしまうということがなくなります。こちらもチタンフッ素加工がされており、くっつかない加工がされており、その機能も長持ちします。こちらはガスには対応していますが、IHには対応していないため、オール電化などでIHのコンロを使用しているという人は使うことができません。大きさについてもかなり種類があり、一人暮らしにおすすめの小さいサイズから、かなり大きなフライパンまで、さまざまな大きさが用意されています。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/form/article/2018/10/11/5bbee96f1de22.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-zcyvvghL._SX355_.jpg
テフロン加工というのはくっつかないのが特徴ですが、もうひとつの特徴として熱伝導が優れているというところです。しかしその熱伝導については、テフロン加工よりも優れたものがあります。その加工がされているフライパンがル・クルーゼのフライパンです。こちらはノンスティック加工というものが施されており、テフロン加工よりも熱伝導がかなり良くなっています。そして熱伝導とともに耐久性も良くなっているため、フライパン自体もかなり長持ちします。こちらはガス、IHともに対応しているため、かなり使い勝手が良いです。熱伝導に優れており、それでいて耐久性があって長持ちするフライパンを探している人におすすめです。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/61-o9WfYamL_.jpg
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/ee5351b7507b08c3e3e91c17a5575ad8f326c35c.58.1.8.2.jpg
テフロン加工というのは、使えば使うほどはがれてきてしまうものです。特に調理器具によっては、普通に料理しているだけでは傷が付いたりはがれたりして、くっつかない加工ははがれてしまうものです。そんなフライパンの中で今最も人気のあるフライパンが、スイスダイヤモンドのフライパンです。こちらはダイヤモンド加工がされており、フライパンの表面にダイヤモンドのコーティングがされています。ダイヤモンドというのはかなり丈夫なものであるため、傷つきにくく、それでいてくっつかないのが特徴です。こちらもガスとIH両方に対応しています。くっつかない加工が長持ちするフライパンとしては、こちらが最もおすすめです。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/41T7ee76PZL.jpg
引用: https://mom.rouxril.com/images/P5136036.JPG
どれだけ長持ちするフライパンといっても、どうしても買い換えなければいけないことがあります。どうせ買い換えるのであれば、できるだけフライパンを買い換えるコストを抑えておきたいものです。ティファールのフェアリーローズは、コストが安いフライパンとして人気があります。人気ブランドであるティファールの中ではかなりお手ごろな価格であり、手ごろな価格でありながらも性能は折り紙つきであるため、コストパフォーマンスはかなり良いです。パワーグライドという加工がされているため、炒め物などをしてもくっつかないです。こちらはガスのみの対応となってしまうので、IHでのしようは残念ながらできません。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/C50006.jpg
引用: https://im8-a.mbokimg.dena.ne.jp/1/7/233/490555233.1.jpg
スーパーなどで売られているタイプのフライパンと違い、鉄フライパンというのは見た目がかなりおしゃれであり、料理の仕上がりも通常のフライパンとは少し違います。しかし鉄フライパンの多くはテフロン加工がされておらず、どうしてもくっつきやすいものが多いです。和平フレイズの鉄フライパンは、鉄フライパンでありながらもくっつかないというのが特徴のフライパンです。鉄フライパンであるため重量は他のフライパンと比べると重いですが、その分くっつかないため、料理がかなり楽になります。また、ガスはもちろんIHにも対応しているため、おしゃれな鉄フライパンを使ってみたいが、IHコンロだという人にもおすすめです。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/51ozTB9r6uL._SL1000_.jpg
引用: https://tshop.r10s.jp/emedama/cabinet/mc117/58835.jpg?fitin=275:275
フライパンの選び方というのはさまざまありますが、多くの人が注目するポイントとしては、料理をした後の後始末です。フライパンというのはネジなどでパーツを固定しているものも多いため、そのようなところに汚れなどが入ると、取り除くのがかなり大変です。パール金属の軽いねストロングというフライパンは、その名の通り軽いフライパンとなっています。また、フライパン自体も傷や汚れに強く、お手入れがかなり簡単です。特にフライパン本体と柄の部分の間にネジなどが付いていないため、汚れがたまりにくくなっています。フライパンを使って料理をするが、その後の後始末がかなり大変だという人は、このフライパンを使ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/619oodp3aL._SL1500_.jpg
引用: http://i-tenki.up.seesaa.net/image/pan63.jpg
こちらもパール金属から出ているフライパンであるフォアフッ素加工です。先ほどのフライパンはガスのみの対応でしたが、こちらはIHにも対応しているフライパンとなっています。見た目は一般的なデザインとなっており、使い勝手に関しても他のフライパンとあまり変わりませんが、他のフライパンと比べるとやや深さがあるため、炒め物以外にもさまざまな料理に対応することができます。もちろんフッ素加工がされているため、料理がくっつかないのも特徴です。大きさのラインナップに関しては他のフライパンと比べると少なめではありますが、通常でも他のフライパンよりも深めであるため、新生活で一人暮らしをする人におすすめです。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/51M1M7yBCdL._SL1000_.jpg
引用: https://im9-a.mbokimg.dena.ne.jp/3/7/959/497905959.3.jpg
いかがでしたか。今回は長持ちしてくっつかないおすすめのフライパンをいくつか紹介しました。今回紹介したフライパン以外にも、さまざまなブランドなどからフライパンが出ており、それぞれかなり特徴的なものばかりであるため、興味のある人は一度調べてみると良いでしょう。フライパンというのはどうしても消耗品ということになるため、買い換えるときも安いものを買うか、それとも多少高くても長持ちするものを選ぶか、ということになります。しかし長持ちするフライパンというのは、耐久性以外にもさまざまなよさも持っているものがあるため、あえてそのようなものを選ぶのがおすすめです。しかしフライパンによっては、IH非対応のものもあるため、購入するときはその部分に気をつけましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyF2YC6sCEi28whlWIVZTbVEIw72jSwd-pejOFr_K44pxrAAfIpQ
引用: https://i2.wp.com/sakidorico.s3.amazonaws.com/wp/wp-content/uploads/2018/08/5b7ccae31f9ba-500x333.jpg?ssl=1
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://aanaruhodo.com/wp-content/uploads/2016/05/pan.jpg