Bifujt0tybbmcgmuwcit

趣味

CATEGORY | カテゴリー

ゴルフ漫画おすすめランキング!昔からの名作から連載中の最新作まで!

2018.11.06

ゴルフ漫画といっても、さまざまなものがあります。昔からサンデーなどで連載中である最強の作品や、最新作など、いずれもかなり読み応えのあり面白い作品ばかりです。今回はそんなゴルフ漫画を、最強の作品から最新作まで余すことなく紹介していきます。

目次

  1. ゴルフ漫画とは
  2. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:風の大地
  3. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:ROBOT×LASERBEAM
  4. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:DAN DOH!!
  5. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:あした天気になあれ
  6. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:プロゴルファー猿
  7. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:ライジングインパクト
  8. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:KING GOLF
  9. 最強から最新作まで!ゴルフ漫画:オーイ!とんぼ
  10. 最強のゴルフ漫画は昔から連載中のものが多い

漫画といっても、さまざまなものがあり、スポーツを題材にした漫画というものも多くあります。その中でも根強い人気がある漫画が、ゴルフ漫画です。漫画というのは純粋にストーリーを楽しむだけの漫画もありますが、ゴルフ漫画の場合、ストーリーはもちろん、スイングの振り方や車夫と選びなど、ゴルフが上達する技術などをわかりやすく学ぶことができるものが多いです。最新の漫画も出ていますが、ゴルフ漫画の多くはサンデーなどで昔から連載されているものが多く、サンデーなどでもかなり根強い人気があるということで人気です。今回はそんな初心者こそ読むべきゴルフ漫画を、サンデーなどで昔から連載されている最強漫画や、最新作などを紹介していきます。

Tabionna
引用: http://blog-imgs-94.fc2.com/d/e/l/dell92/tabionna.png
720e4cce359d0c51013e1a2d1f57b1ccffeff94a xlarge
引用: https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16782728/rc/2018/02/09/720e4cce359d0c51013e1a2d1f57b1ccffeff94a_xlarge.jpg

ゴルフ漫画のなかでもかなり有名な漫画である風の大地。連載開始から20年以上経った現在でも連載中であり、初心者はもちろん、ベテランのゴルファーでも愛読者がいるほどです。原作者である坂田信弘氏は、ゴルフ好きなら誰もが知っているあの坂田塾の塾頭であり、坂田氏の経験を元に描かれていることも多いため、かなりリアリティがあります。主人公である沖田圭介が研修生として入り、初心者からプロゴルファーになり、その後世界的な大会での活躍も描かれています。主人公が研修生として入った鹿沼カントリーは実在するカントリークラブであり、その部分の描写もかなりリアリティがあります。技術的な部分はもちろん、ストーリーもかなりしっかりとしており、ゴルフに興味がない人でも夢中になってしまう漫画です。

20150427 mfw 1
引用: http://comic-soon.shogakukan.co.jp/20150427_mfw_1.jpg
Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20120506%2f72%2f759802%2f4%2f184x264xaa6c016be9dcd49f478f4c6a
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120506%2F72%2F759802%2F4%2F184x264xaa6c016be9dcd49f478f4c6a.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

少年ジャンプにて連載中であるこのROBOT×LASERBEAMという漫画は、高校生のスポーツ漫画テイストの作品となっています。作者はバスケットボール漫画として爆発的な人気となった黒子のバスケの作者である藤巻忠俊氏であり、キャラクターの絵のタッチに関しては、まさに黒子のバスケです。主人公である呂羽人は無感動無表情でバカ正直な性格であり、その姿からロボと呼ばれています。そんな主人公がゴルフ部の友人に連れられて練習場に向かったことから始まります。そこでゴルフの才能があるということを知った主人公が成長していくというストーリーです。黒子のバスケを書いた作者であるため、この漫画もかなり胸熱なストーリーになりそうです。

1 / 4