Pigtfbfojnidyxceqwps

趣味

CATEGORY | 趣味

コピックで初心者におすすめの色・種類は?セットの買い方や値段まで!

2018.11.05

コピック初心者にとって、おすすめの色や種類はどのようなものがあるのかわからないものです。チャオやスケッチなど、セットで売られていたりするものもあるため、買い方も値段もわからないものです。今回はコピック初心者におすすめの色や種類を紹介していきます。

目次

  1. コピック初心者におすすめの色とは
  2. コピック初心者におすすめの色と種類:スケッチ
  3. コピック初心者におすすめの色と種類:チャオ
  4. コピック初心者におすすめの色と種類:クラシック
  5. コピック初心者におすすめの色と種類:ワイド
  6. コピック初心者におすすめの色と種類:買い方
  7. コピック初心者におすすめの色と種類:セット
  8. コピック初心者におすすめの色と種類:バラ買い
  9. コピック初心者におすすめの色と種類:ジャンル
  10. コピック初心者は黒と肌色がおすすめ

プロの漫画家やイラストレーターはもちろん、イラストを書いている人は必ず使用したことがあるコピック。絵の具と比べると比較的安価であり、色鉛筆などよりも色の発色も良いということで、ここ最近イラストをする人を中心に人気が出ています。このコピックの人気をきっかけに、イラストを始めようと考える初心者も多いはずです。しかしここで問題となるのが、コピックの種類です。スケッチやチャオなど様々な種類があり、種類が違えば値段も当然ながら違います。また、買い方についてもセットで買ったほうが良いのか、それともバラ買いが良いのか、初心者にとってはかなり難解です。今回はそんなコピック初心者こそ知っておくべき、コピックの種類などについて解説していきます。

S0211 600x429
引用: https://buchiyabure.com/wp-content/uploads/2018/01/s0211-600x429.jpg
Hatena
引用: https://i2.wp.com/johotisiki.com/wp-content/uploads/2018/03/hatena.png?resize=600%2C450&ssl=1

コピックと一口に言われても、いくつか種類があります。コピックの中でも最も一般的とされている種類が、スケッチです。スケッチはコピックの中でもかなり一般的なものであり、コピックといえばスケッチ、と言われるほど知名度も高く、一般的なコピックとされています。スケッチは線の太さも一般的であり、何よりインクの容量が多めであるため、長く使うことができます。色に関しても種類が多く、カラフルなイラストを書くという人にとってはスケッチはかなりおすすめです。しかしセットで買う場合は種類が少なく、初心者がスケッチをセットで買うと、使わない色が大量発生してしまうという欠点があります。ある程度イラストに慣れてきて、どの色が必要なのかがわかり始めた頃合いに使用するのがおすすめです。

147948085911054800 25 1310x794
引用: https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2016/11/147948085911054800_25-1310x794.jpg
51tnqra2%2bhl. sx342
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tNqRa2%2BHL._SX342_.jpg

スケッチと双璧をなす存在として出回っているチャオ。形状はスケッチと比べるとチャオのほうが細く、色に関してもチャオはスケッチの半分ほどしかありません。しかしその分値段が安く、セットで揃える場合でも種類が多いため、比較的簡単に、それでいて安価で揃えることができます。ペン先については先程のスケッチと同じであるため、初心者の場合はチャオのほうがかなり使いやすいです。インクの容量はチャオのほうが少ないのですが、それでも使い勝手はスケッチと互角であるため、初めてコピックを使用するという人や、イラスト初心者の入門モデルとしては、スケッチよりもチャオをおすすめします。

71lfpw%2b0mil. sl1072
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lFPw%2B0MiL._SL1072_.jpg
87416713
引用: http://img14.shop-pro.jp/PA01306/586/product/87416713.jpg

コピックとしての現在の主流は、最初に紹介したスケッチ、そしてその廉価版モデルであるチャオですが、コピックとして初めて出たときのモデルが、このクラシックです。色の種類については、チャオよりも少しは多いのですが、ペン先については、細い方が四角く硬いペン先となっています。ちなみにスケッチやチャオの場合は、丸い筆型のペン先となっているため、細かい部分を書くときは書きやすいですが、全体的な使い勝手としては、スケッチやチャオと比べると少々悪いです。とはいえ、昔からコピックでイラストを書いているという人にとっては、このようなことを気にしません。またインクについても、一部詰め替えができないものもあるため、その部分でも初心者にはあまりおすすめしません。

1 / 3