Jez0orsfykuifqzdrabv

メニュー

CATEGORY | カテゴリー

ギターの練習方法!初心者がみるみる上達する定番のフレーズとは?

2018.11.03

ギターの練習をしたいけど、「どのような曲やフレーズを練習すればいいのかわからない」「コードの覚え方や押さえ方がわからない」と悩んでいる方はいませんか?今回はギター初心者の方におすすめの練習メニューをご紹介しますので参考にしてください。

目次

  1. ギターの練習をする時のコツと注意点
  2. ギターの練習では絶対に無理しないこと!
  3. ギターの練習はゆっくりゆっくり弾くこと
  4. ギターの練習はある程度「テキトー」に練習すること!
  5. すぐに上達するギターの練習方法なんてない!?
  6. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】①.コードを覚えて弾き語りをしよう
  7. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】②.あの有名な『F』のコードの押さえ方とコツ
  8. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】③.ストロークのコツ
  9. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】④.アルペジオのコツ
  10. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】⑤.左手の運指
  11. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】⑥.カッティングでリズム感を鍛えよう
  12. 【ギター初心者のおすすめ練習メニュー】⑦.弾きたいフレーズを歌えますか?
  13. ギター初心者におすすめの【練習グッズ】①.自分に合った椅子
  14. ギター初心者におすすめの【練習グッズ】②.譜面台
  15. ギター初心者におすすめの【練習グッズ】③.メトロノーム
  16. ギター初心者におすすめの【練習グッズ】④.鏡
  17. 【まとめ】ギターの練習を続けていれば、必ず上達します!
Klkq3t2mlf4mdelo6nxj
引用: https://www.instagram.com/p/BppljD3Bca-/

初心者の方がギターの練習をする時、お気に入りの曲のコードやフレーズを根気よく何度も演奏すると思います。ギター初心者の方の練習は「効率」や「要領」も大切かもしれませんが、「実際にギターを弾いている時間の量」がとても大切。とにかく抱きかかえて弾く時間を増やすことが上達につながります。が、注意しておきたいこともあるので確認しましょう。

Je82yzo4ozp8hwmsoadd
引用: https://www.instagram.com/p/BppbTIdHyNr/

ギターの演奏や練習は、時に指や手首を「不自然に」動かしてしまいがち。独学で練習をされている場合は不自然な姿勢で無理に力が入っている場合が多いようです。「今日は手首が痛いな・・」という時には必ず練習しないように注意しましょう。

Fmz50cyxd7271h6ljotc
引用: https://www.instagram.com/p/BpqXraPn9ZY/

初心者の方がフレーズやコードの練習をする時、曲の早さ(テンポ/BPM)に合わせて弾く場合が多くあるようです。エレキギターでの早弾きフレーズの練習においては、あえて原曲よりも早く弾く練習をすることも。しかし、「正しく綺麗に弾けないのに早く弾く練習は逆効果」なのです。そのような練習は「間違ってザツに弾く練習」をしていることに他なりません。フレーズやコードの練習をする時はゆっくりゆっくり練習して、正しく綺麗に弾くことができるようになることを優先させましょう。そのあと、少しずつテンポ/BPMを上げていくようにするのが正しい練習方法です。

Agfr0ikrqp47lnycs1me
引用: https://www.instagram.com/p/Bpp6NzoFlpF/

何日もギターの練習をしていても、一向に上達した気がしない。コードやフレーズの練習をしても、全然綺麗に弾けるようにならない。ということで途中で練習を諦めたり、ギターを弾かなくなってしまう人がいます。最初から綺麗に完璧に弾けるようにはなりません。すぐにコードを覚えて、すぐにスムーズなコードチェンジを行うことも不可能です。曲の練習をしていて、ある程度弾けるようになったら次のメニューへと進みましょう。初心者の段階ではある程度テキトーに練習することも長続きするコツです。最初はテキトーでいいのです。

Ebuowiex33ajqyql0nt2
引用: https://www.instagram.com/p/BpqXNK_hMJ5/

「誰でも簡単に、ギターが弾けるようになる練習方法」などはこの世に存在しません。脱初心者に必要なことは効果的な練習でも要領の良い練習でもなく、「ギターに触れている絶対時間の量」です。上達には個人差があり、手先の器用な人やピアノなどの楽器経験がある人はメキメキと上達するかもしれません。手の小さな女性や60歳からギターを始めた、といった方はギターの上達が遅い場合があるかもしれません。どうか根気よく練習を続けてください。昨日までずっと押さえられなかったコードが「ある日突然上手に押さえられるようになった!」ということが実際に起こります。そのためにはコツコツと練習を積みましょう。

1 / 5