Fnuzl5bjv8abnf8kdbpi

DIY

CATEGORY | DIY

カラーボックスをテレビ台で使うとおしゃれ!収納アイデア満載の使用術!

2018.10.28

ニトリのカラーボックステレビ台でおしゃれな収納にしませんか。DIYでの作り方も簡単であり、レコーダーなどの配線もすっきりしてかなり快適です。今回はカラーボックスをテレビ台にしておしゃれ収納にするアイデアなどを紹介していきます。

目次

  1. カラーボックステレビ台でおしゃれ収納はできる?
  2. カラーボックステレビ台おしゃれ収納術:作り方
  3. カラーボックステレビ台おしゃれ収納術:ニトリのテレビ台
  4. カラーボックステレビ台おしゃれ収納術:レコーダー配線
  5. カラーボックスはテレビ台としてもかなり優秀

ニトリをはじめとする多くのお店で扱っているカラーボックス。DIYでさまざまなものにアレンジできるということで人気がありますが、実はテレビ台にもアレンジすることができるのです。作り方としてもかなり簡単であり、もちろんテレビ台として使用するため、レコーダーなどの配線についてもきちんと考慮されています。さらにカラーボックスであるため、お気に入りのゲームソフトやブルーレイなどの収納場所についても確保されているため、きれいにかつおしゃれに収納することもできます。今回は、これからの新生活の前に覚えて起きたい、カラーボックスをテレビ台にアレンジするDIY術を紹介します。

989bd 1580 2ee4b42492f6025b9c3848c6efcb7f09
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/8/989bd_1580_2ee4b42492f6025b9c3848c6efcb7f09.jpg
Tv cables14
引用: https://tobalog.com/wp-content/uploads/2016/07/tv-cables14.jpg

カラーボックステレビ台の作り方は、いたってシンプルです。というのも、基本的にはニトリなどで購入したカラーボックスに同梱されている説明書に準じて作っていけばよいだけです。ニトリなどのカラーボックスの作り方と異なる転は、背板を入れないことです。こうすることでレコーダーやゲーム機などの配線もスムーズになります。既に出来上がっている状態でテレビ台にする場合は、背板に穴を開けるという作業が必要になりますが、この作業もDIYならではということで楽しむこともできます。どうしても強度などが心配だという人は、レコーダーなどを設置する場所の部分のみ背板を外し、それ以外の場所は通常通り背板を入れると問題ありません。

20160513 iris tvboad
引用: https://hitoriguide.com/wp-content/uploads/2016/05/20160513_iris_TVboad.jpg
Mig?src=http%3a%2f%2fart30.photozou.jp%2fpub%2f881%2f1510881%2fphoto%2f76831973 624
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fart30.photozou.jp%2Fpub%2F881%2F1510881%2Fphoto%2F76831973_624.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r

子供部屋に子供専用のテレビを置くためのテレビ台を作ったは良いものの、問題となるのが、そのあまった板です。このまま捨てるのはさすがにもったいないです。そこで、ニトリのテレビ台に取り付けるということをする人もいます。取り付けたりするにはネジなどが必要になる場合がありますが、使い方としてはさまざまあります。テレビ台というのはレコーダーなどの配線を考慮して、後ろの部分も開いています。そのためブルーレイなどを入れておいても、あまり奥に入れすぎて奥のほうにいってしまうということもよくあります。そこでブルーレイなどを格納する場所にあまった板を貼り付ければ、そのようなこともなくなります。

K085
引用: https://remake-diy.com/wp-content/uploads/2016/02/k085.jpg
K072
引用: https://remake-diy.com/wp-content/uploads/2016/02/k072.jpg

テレビ台というのはレコーダーなどの配線のための隙間がどうしても必要です。しかしだからといって、背板を取り払ってしまうと、今度は配線がぐちゃぐちゃになってしまいます。レコーダー以外にも家庭用ゲーム機などを接続しているという場合になると、かなり複雑なものです。そこで背板に穴を開けるとき、その配線ごとに合わせて穴を開けるということをするとよいでしょう。そうすることで、もしもテレビを買い換えるときなどのときに、どの機械の配線なのかが一目でわかるようになります。穴を開ける際、線の太さ分開けるのではなく、その線の先端にあるソケットも通るぐらいの大きさにするのがポイントです。

1 / 2