Hodd2ftxenyd9utabryb

スポーツ

CATEGORY | スポーツ

アジアンタイヤの実力とは?おすすめメーカーと種類を紹介!

2018.11.03

近年注目度が高まり続けているアジアンタイヤとは何なのか?アジアンタイヤの気になる「寿命」「静粛性」「スポーツ・サーキット走行」についてやアジアンタイヤのおすすめメーカーと種類について知らない損をするかもしれないアジアンタイヤ情報をご紹介します。

目次

  1. アジアンタイヤの実力とは?
  2. アジアンタイヤの気になるポイント:「寿命」
  3. アジアンタイヤの気になるポイント:「静粛性」
  4. アジアンタイヤの気になるポイント:「スポーツ・サーキット走行」
  5. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー①:「ハンコックタイヤ」
  6. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー②:「正新ゴム工業/MAXXIS」
  7. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー③:「クムホタイヤ」
  8. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー④:「ネクセンタイヤ」
  9. 安さだけが魅力じゃない!アジアンタイヤのおすすめメーカー⑤:「ナンカンタイヤ」
  10. 有名タイヤメーカーにも引けを取らないアジアンタイヤ【まとめ】
1280px nexen tire logo
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0f/NEXEN_TIRE_LOGO.jpg/1280px-NEXEN_TIRE_LOGO.jpg

ネクセンタイヤは韓国のアジアンタイヤメーカーで、その人気と実績を測るにはポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲン、フィアット、ルノーなどのヨーロッパの高級自動車メーカーの新車装着タイヤにネクセンのアジアンタイヤが選ばれていることからも評価の高さが伺えます。2017年には豊田通商株式会社と合弁するなど、今後日本での人気拡大が予想されます。

アジアンタイヤおすすめメーカー「ネクセンタイヤ」の種類

918qenhsdgl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918qenhsdgL._SL1500_.jpg

ネクセンではオールシーズン対応のアジアンタイヤも販売を行っていて、こちらのアジアンタイヤは高速などのチェーン規制下でも走行可能、かつ夏の路面でも快適な走行が可能なので季節に合わせたタイヤの交換等も必要ありません。豪雪地帯を除けばスタッドレスタイヤを買わなくて済む分コスパも良いアジアンタイヤとしておすすめです。

NEXEN (ネクセン) オールシーズンタイヤ N-BLUE 4SEASON 155/65R14 75T 15334NX
価格 ¥ 7,160
D15098626a
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/028/554/291/d15098626a.jpg?ct=e54b90e75a05

ナンカンタイヤは台湾のアジアンタイヤメーカーで同じ台湾の正新ゴム工業には販売数などで劣りますが、横浜ゴムと提携しているので高度な技術指導や品質の改善などを受けながら進化を続けてきたアジアンタイヤメーカーになります。ナンカンタイヤの特徴は豊富な品揃えにあるので欲しいサイズのアジアンタイヤが見つからない時にはナンカンタイヤがおすすめです。

アジアンタイヤおすすめメーカー「ナンカンタイヤ」の種類

81e9tdwc8el. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81e9TDWc8eL._SL1500_.jpg

ナンカンタイヤのおすすめアジアンタイヤは「AS-1」です。その最大の特徴は3,000円台で買えるという圧倒的なコストパフォーマンスにあります。タイヤの性能としては街乗りに適しているので、使い勝手も良いアジアンタイヤだと言えそうです。

ナンカン(NANKANG) サマータイヤ AS-1 165/55R14 72V
価格 ¥ 3,520

アジアンタイヤは技術、品質の向上が進み今では有名タイヤメーカーにも引けを取らないレベルにまで達していると言えます。全てのアジアンタイヤではないにしろ、今後も成長を続けていくことは間違いないので要注目です。