Qbo6fabamsr9xrh4lh39

ビジネス

CATEGORY | カテゴリー

【季語】12月の季語!俳句からビジネスメールまで使える言葉を紹介。

2018.10.26

季語を使いたいけれどどうしたら良いかわからない人も多いはず。そこで今回は12月の季語特集と題して、俳句やビジネスで使える12月の季語をご紹介します。挨拶文から、ビジネス用の結びの季語、時候の挨拶をはじめ、上旬、中旬、下旬で使える俳句季語をラインナップしました。

目次

  1. ビジネスや俳句で使える12月の季語を大特集!
  2. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・基本編】①季語ってそもそも何?
  3. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・俳句編】②12月に使いたい俳句用の季語
  4. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・俳句編】③12月の季語を使った俳句の例
  5. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・ビジネス編】④ビジネスでは挨拶文と結びに季語をつけるのが一般的
  6. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・ビジネス編】⑤ビジネスで使われる主な挨拶文や結びの季語
  7. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・上旬編】⑥12月上旬用の季語
  8. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・中旬編】⑦12月中旬用の季語
  9. 【ビジネスや俳句で使える12月の季語特集!・下旬編】⑧12月下旬用の季語
  10. 季語を使いこなしてメールや俳句をさらに格調高く
Kumakichi0221b018 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kumakichi0221B018_TP_V.jpg

「季語」と聞くと、なんだか難しい、なんてイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、季語は俳句などだけでなく、ビジネス用のメールなどでも使わなければいけない、いわば常識のようなもの。季語をマスターすれば、趣味だけでなく仕事にも役に立つんですよ。そこで以下では、12月の季語について大特集!時候の挨拶文や結びの語句をはじめ、上旬中旬下旬で使いたい主な季語をまとめました。

俳句の中に入れなければならない季節を示す語句のこと

「季語」とはそもそもどんなものなのか皆様はご存知でしょうか。季語は、俳句の世界で使われる用語で、俳句や連歌では必ず文の中に入れなければいけないという性質をもったものです。この縛りがあることによって、俳句や連歌に季節感が増し、より情感豊かな俳句が生まれるのです。

ビジネスメール等では、時候の挨拶文に使われる

C812 pcwochecksurudansei tp v4
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C812_pcwochecksurudansei_TP_V4.jpg

また、季語の文化は俳句だけでなく、メールや手紙を出すときの文化としても受け継がれています。特にビジネス用のメールなどでは、冒頭に時候の挨拶文、そして文章の最後に季語が入った結びの語句をつけるのが常識とされています。

代表的な12月の季語

まずは、12月の俳句の季語についてご紹介していきます。代表的な12月の俳句の季語は以下の通り。

霜月・柳葉魚・冬木立・枯木立・枯柳・冬ざれ・水鳥・鴨・初雪・初氷・咳・くしゃみ・水洟 ・毛布・夜着・どてら・綿入・紙子…etc.

12月の季語は上記の通り、冬の寒さを表すものが多くなっています。体調に関するものが季語として使われるのも面白いところです。

こんな季語も12月の季語として使われる

ちょっと個性的な季語としては「クリスマス」や「サンタクロース」などもあります。カタカナの語句でも、季節の要件を満たしていれば季語として使うことができるのです。そのほかにも、「キリストの~」や「ソリ遊び」、「イルミネーション」なども季語として認められる場合が多くなっています。

ここからは、12月の季語を用いた俳句をご紹介していきます。

井原西鶴の綴った俳句

Dscn1794
引用: http://2.bp.blogspot.com/-StDUs2GnHrg/URpNaAN6wCI/AAAAAAAAAOI/iyyD5JvkGwE/s1600/DSCN1794.jpg

大晦日 定めなき世の さだめ哉

1 / 4