Zipijegx0iozmqmswu37

意味

CATEGORY | カテゴリー

秋の夜長の意味を解説!時期は?「秋の夜長」をどう過ごす?

2018.10.26

秋の季語としても知られる「秋の夜長」。皆様は秋の夜長の意味や時期はご存知でしょうか。そこで今回ここでは秋の夜長の意味や時期、過ごし方を大特集。秋の夜長はいつ?なぜ?といった基本事項や、使い方、楽しみ方、過ごし方やすることをまとめました。

目次

  1. 秋の夜長の意味や時期、過ごし方を大特集!
  2. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】①秋の夜長の意味やなぜ「夜長」なのか
  3. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】②秋の夜長の時期はいつごろ?
  4. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】③秋の夜長の俳句や短歌での使い方
  5. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】④秋の夜長にすることとは?
  6. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】⑤おすすめの秋の夜長楽しみ方:夜空を鑑賞する
  7. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】⑥おすすめの秋の夜長楽しみ方:お酒でリラックス
  8. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】⑦おすすめの秋の夜長楽しみ方:静かに読書
  9. 【秋の夜長の意味や時期・過ごし方】⑧おすすめの秋の夜長楽しみ方:音楽を楽しむ
  10. 秋の夜長を楽しみましょう!

秋の夜長っていつのことか詳しく知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか。なぜ「夜長」なんて言い方をするのかも疑問ですよね。そこで以下では、秋の夜長の意味や時期、過ごし方について徹底解説。使い方や楽しみ方、することなどもまとめました。これさえ見れば秋の夜長のことが全てわかるはず!

なぜ「秋」は「夜長」なのか

なぜ秋はわざわざ「夜長」などと表現するのでしょうか。まず、「夜長」の意味ですがその字の通り、「夜が長い」ということを示します。「秋の夜長」は、夏に比べて日が落ちるのが早くなり「まるで夜が長くなったかのように感じる」ということを表した言葉となります。なぜ秋だけそんな特別な言い方をするのかと思った方も多いと思いますが、実は各季節にこの秋の夜長のようなフレーズがあり、「春は日長(ひなが)」、「夏は短夜(みじかよ)」、「冬は日短(ひみじか)」となります。なぜか、秋のフレーズだけポピュラーとなっていますが、「暗くなるのが早い」のが人間にとって気づきやすいというのがカギになっているとの説があります。

万葉集のころに定着した言葉の「秋の夜長」

この秋の夜長は、実は万葉集のころから使われている歴史の長い言葉。なぜ秋だけ特筆されてここまで定着したのかという理由ですが、前述した理由に加えて、「通い婚だったころの日本の歴史」にも関係していると言われています。通い婚では、夜の間に男性が意中の女性のもとへ行くというスタイルなのですが、暗くなるのが早い秋は、夏に比べて会える時間が長くなって嬉しい、という心理的な側面が関係しているとも言われています。

1/5