Un9ityrmeejkjnl3shqy

ビジネス

CATEGORY | カテゴリー

お歳暮のお礼メールのマナーまとめ!書き方を例文付きで紹介!

2018.11.03

お歳暮を受け取った際はお礼状を渡すのがマナーですが、ネットが発達した今ではメールで済ませる事が多いです。そこで今回は、お歳暮のお礼をメールでする際のマナー(書き方・注意点)と文章例をご紹介。ビジネスや親戚など関係別に見ていきます。

目次

  1. お歳暮のお礼メールのマナー(書き方・注意点)とは?ビジネス・親戚別の文章例など紹介
  2. お歳暮のお礼マナーってメールでもいいの・・・?
  3. お歳暮のお礼メールのマナー➀ビジネス相手の書き方・文章例
  4. お歳暮のお礼メールのマナー➁親戚相手の書き方・文章例
  5. お歳暮のお礼メールのマナー③友人相手の書き方・文章例
  6. お歳暮のお礼メールの注意点
  7. お歳暮のお礼メールを正しいマナーで送ろう!

12月に中旬にかけて送り、送られてくるお歳暮。親戚や友人、ビジネス関係でお世話になっている方に送ることで、日々の感謝の気持ちを伝えることができます。

そんなお歳暮は、頂いたときはお礼状を出して気持ちを伝えるのが普通ですが、最近はインターネットが発達しているためメールで済ませるという方も少なくありません。

ただ、メールを送るにしても内容はどんなものにすればいいのか、マナーを守った書き方には悩むと思います。そこで今回は、お歳暮のお礼をメールで済ませる際のマナーができた書き方・注意点をご紹介。

ビジネスや親戚に送るメールの文章例を見ていきます。

お歳暮を頂いた時は、お礼状を出すのが一般的です。ただし、送り手との関係が親しい・良好な場合はメールでお礼を済ませるというのもマナー的には問題ありません。

お歳暮のお礼をメールで済ませる利点は、相手に対して即座に感謝の気持ちを伝えられるという点。届いたらすぐにメールを送信する手早さなので、お礼状を送るのと比べたら届いて数分で返事ができます。

また、お礼のメールにお歳暮を喜んで頂いている画像などを添付すれば、視覚的にも満足したアピールが出来るので、相手も送り手として気持ちが良くなります。

あくまでお歳暮のお礼をメールで済ませるのは正式ではないですが、関係が近いなら逆にメリットもありました。

1/4

続きを読む