Tvzznqc8p73e8r1ffqpw

キッチン・料理

CATEGORY | カテゴリー

うなぎの肝に含まれる栄養とは?素人にもできる下処理方法を解説!

2018.10.19

うなぎの肝には栄養が豊富に含まれています。そのうなぎの肝の具体的にどこなのかや、栄養のことや素人でもできる下処理方法をここでは紹介します。うなぎのカロリーや味を活かした創作レシピと一緒に栄養が豊富なうなぎの下処理方法をチェックしましょう!

目次

  1. うなぎの肝には良質な栄養素が多く含まれている!素人でもできる下処理方法を紹介
  2. うなぎの肝に含まれている栄養素を紹介① タンパク質
  3. うなぎの肝に含まれている栄養素を紹介② ビタミンA
  4. うなぎの肝に含まれている栄養素を紹介③ 鉄分
  5. うなぎの肝に含まれている栄養素を紹介④ 葉酸
  6. うなぎの肝に含まれている栄養は豊富だけどカロリーが高いので注意が必要
  7. 肝の栄養が豊富なうなぎの素人でもできる下処理や捌き方の方法を紹介
  8. うなぎの下処理や捌くまえに用意しておく必要がある物① うなぎの長さよりも大きな板
  9. うなぎの下処理や捌くまえに用意しておく必要がある物② 包丁か大きめの作業用のカッター
  10. うなぎの下処理や捌くまえに用意しておく必要がある物③ 目打ち
  11. 素人でもできるうなぎの下処理や捌き方の方法の手順① 天然のうなぎは氷水に漬ける
  12. 素人でもできるうなぎの下処理や捌き方の方法の手順② うなぎを千枚通しなどでしっかりと固定すること
  13. 素人でもできるうなぎの下処理や捌き方の方法の手順③ うなぎの血液が目に入らないようにすること
  14. 素人でもできるうなぎの下処理や捌き方の方法の手順④ 一気に包丁やカッターを滑らせること
  15. うなぎの肝を使った美味しいレシピを紹介① うなぎの肝焼き
  16. うなぎの肝を使った美味しいレシピを紹介② うなぎの肝煮
  17. うなぎの肝を使った美味しいレシピを紹介③ うなぎの肝吸い
  18. 肝の栄養が豊富なうなぎの生態は不明でどこで産卵してどこで生まれるのかも長年謎だった
  19. うなぎはカロリー豊富で肝は栄養満点!適切な下処理で美味しく食べよう
51hn0fxdfml
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51HN0FxDfML.jpg
D3728c79e5d736187b563471eb454016
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3488991/280/d3728c79e5d736187b563471eb454016.jpg?u=9102115&p=1446295464

うなぎの味は美味しくてレシピも豊富なうなぎは、肝も少ない量でも良質な栄養素が含まれています。うなぎは肝もスポーツをする人や、パソコンで勉強や仕事をしていて目が疲れることが多い人や、貧血気味の女性や妊婦さんが食べるのにも向いている食材になっています。そのうなぎの素人でもできるうなぎの下処理方法もここでは紹介するのでチェックしてみましょう!

60546411
引用: https://tblg.k-img.com/resize/660x370c/restaurant/images/Rvw/60546/60546411.jpg?token=52f2324&api=v2
Xqrlxwo3lw2nj351503882844
引用: http://www.yamashichi.jp/hs_data/Image/XqRlxWO3LW2nj351503882844.jpg

美味しい味をしていてレシピも豊富なうなぎは、肝も脂質や糖質が少なくてタンパク質が中心となっているので、高タンパクで低脂質の食品であると言うことができます。タンパク質は筋肉とか血液の材料となってくれるので体力の回復にも効果的で、人間が生きていくのに欠かすことができない栄養素になっています。

またうなぎは糖質が少ないので糖質制限をしている人も気にしないで食べることができます。うなぎの肝は肝臓だけではなく、うなぎの心臓や胃腸など内臓全般を指します。コリコリとした独特の食感があるのは内臓の膜になっていて、この膜を構成してる成分もタンパク質なので臓器全体が栄養たっぷりです。

05171117 591bb29f6a2ca
引用: https://www.satofull.jp/upload/save_image/05171117_591bb29f6a2ca.jpg

ビタミンAというのは皮膚の免疫力を向上させたり、目の網膜の色素の主成分になっています。うなぎの身もビタミンAが多いことで知られていますが、肝の串2本と比較をすると肝のほうがビタミンAの量が多くなります。現代人はスマホの画面などを見ることが多いので、目が疲れてしまいがちなので必須の栄養素になっています。しかしビタミンAは毎日の摂取量の上限が決まっているので摂りすぎには注意をしなければいけません。うなぎの串を2本食べてしまうと超えてしまいますが毎日でなければ問題はありません。

Sakuraya e 1200x899
引用: http://miteco.jp/wp/wp-content/uploads/2016/10/sakuraya_e-1200x899.jpg

うなぎの肝の部分には血液を構成する鉄分が多くなっていているので、貧血予防や体力の向上には欠かすことのできない鉄分を取りたい方には肝まで食べるのがおすすめです。女性や体力を必要をする仕事をしている人や、アスリートも日常的に摂るようにしたい栄養素になっています。鉄分と聞くと肉類のレバーを思い浮かべる人も多いですが、うなぎの肝には肉のレバーと比較をしても負けないような鉄分が含まれています。

%e6%b5%9c%e5%90%8d%e6%b9%96%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%8e
引用: https://hamanako-kokonoe.jp/dayplan/unagi/file/1050/%E6%B5%9C%E5%90%8D%E6%B9%96%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%8E.jpg
1 / 4