Iog3rkkn6dzpzwzauj8i

DIY

CATEGORY | カテゴリー

テラリウムの作り方!簡単に初心者でもできるよう丁寧に解説します!

2018.10.16

SNS映えに人気のテラリウム、実はこれ、作り方が非常に簡単で、初心者でも簡単にできてしまいます。水槽や密閉容器などの材料を100均などで用意し、育て方を覚えるだけ。今回はそんなエアプランツなどのテラリウムの作り方を、初心者でも簡単に分かるように解説します。

目次

  1. はじめに:昨今主流のテラリウムやエアプランツとは?作り方は?
  2. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】そもそもテラリウムってなに?
  3. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】必要な材料は?
  4. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】テラリウムの作り方は?
  5. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】テラリウムの育て方は?エアプランツの場合も解説!
  6. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】エアプランツの場合の土について
  7. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】映えるオーナメントとは?
  8. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】キット販売もアリ!
  9. 【水槽や密閉容器で初心者でも簡単!テラリウムの作り方!】苔テラリウムが人気上昇中!?
  10. まとめ:テラリウムでインテリアを華やかに!作り方を知って自然と触れ合おう!
12950178ef0111fbcc4d2c2683821ff25eacaab8
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/871/216/12950178ef0111fbcc4d2c2683821ff25eacaab8.jpg?1483614950
Ep 1333 sub3
引用: https://static-hanadonya.s3.amazonaws.com/upload/save_image/e/p/ep-1333_sub3.jpg

昨今主流となっているテラリウム、エアプランツはご存知ですか?1枚目の写真がテラリウム、2枚目の写真がエアプランツとなっています。結構見たことがある方の方が多いのではないでしょうか。実はこれ、簡単に手作りが可能だということをご存知でしょうか。「いやいや、手が込んでいるように見えるし、作れたとしてもこんなにきれいにはできない」と思うのが普通ですが、実は本当に初心者でも簡単に作れてしまうのです。作り方は勿論簡単なのですが、なんとこのテラリウムやエアプランツというものは、材料のほとんどが100均で手に入ってしまうのです。では実際作り方はどのようになっていて、どんな材料が必要なのでしょうか。

1 4d86c73395d53b0cdade856a446c5fe0 583x585
引用: https://media-01.creema.net/user/1278036/exhibits/4070174/1_4d86c73395d53b0cdade856a446c5fe0_583x585.jpg
Top1
引用: https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/03/top1.jpg

さて、そもそもテラリウムを知らない方もいらっしゃると思うので解説していきましょう。テラリウムとは好みのガラスボトルに土を入れ、苔や植物、オーナメントを飾り、【手のひらサイズの植物園】を体現しているものを言います。ここで気数珠しているガラスボトルというのは人それぞれ、手のひらサイズの密閉容器でも良いですし、少し大きめに作りたい方は水槽などを用意する方もいます。用意する水槽や密閉容器、材料、飾る植物やオーナメントによって全く印象が違ってくるので、全てあなた好みに仕立て上げることが可能なのです。

Terrarium 4
引用: https://assets.kurashicom.com/blog/uploads/2016/10/06005009/terrarium_4.jpg
Dd7eef05721da22c5b10636b65b69fc4 e1519118368628
引用: https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2018/02/dd7eef05721da22c5b10636b65b69fc4-e1519118368628.jpg

さて、では本格的に材料の解説をしていきましょう。テラリウムに必要な材料は、まず大元となる水槽や密閉容器ですね。入れたい植物やオーナメントが多い場合は水槽、コンパクトに作りたい場合は密閉容器にしましょう。次に用意するのが植物ですね。これが一番コストがかかる部分かもしれmせんが、愛着が湧く、そして大切に育てる植物なので慎重に選びましょう。またオーナメントなども入れるのであれば選んでおきましょう。最後に土ですね。植物を育てるのですから基本的には必須です。しかしエアプランツのような土を必要としない植物の場合は用意しなくても構いません。以上が材料です、ほとんど100均で揃うものばかりですね。

Terrarium 45
引用: https://assets.kurashicom.com/blog/uploads/2016/10/06005013/terrarium_45.jpg
Terrarium 74
引用: https://assets.kurashicom.com/blog/uploads/2016/10/07013423/terrarium_74.jpg

ではテラリウムの作り方に移っていきますが、正直材料を見た感じで、どのように作っていけば良いかは結構明確に分かるかと思います。用意した水槽や密閉容器に材料である土を入れ、植物やオーナメントを飾って完成です。配置の問題などに関して印象が大きく変わるので、あなたのセンスが問われるところですね。また密閉容器で行う場合、かなり細かい作業になることが予想されますので、100均のピンセットなどがあると配置に関して便利ですよ。オーナメントに関しては自然のもの、もしくは水に強い置物などを配置して華やかにしていきましょう。このオーナメントに関しても、100均に色々おいてあるので是非見に行ってみましょう。

1 / 3