Xkwyqvxdn7jo2coa5wlk

DIY

CATEGORY | DIY

とんぼ玉の作り方!簡単で自宅でもできる作り方とコツを動画で解説!

2018.10.16

日本の伝統工芸であるトンボ玉。実は自宅でもレジンでできる簡単な作り方とコツがあることをご存知でしょうか。水中花などの模様はアクセサリーにもなります。今回はそんな自宅でも簡単なトンボ玉の作り方とコツを動画で解説していきます。

目次

  1. トンボ玉の作り方は自宅でも簡単か
  2. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:用意するもの
  3. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:溶かす
  4. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:巻き取り
  5. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:整える
  6. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:工房
  7. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:アクセサリー
  8. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:水中花
  9. 自宅で簡単トンボ玉のコツと作り方動画:四季
  10. トンボ玉は自宅でも簡単に作れる

日本の伝統工芸と呼ばれているものは数多くありますが、その中でも最も日本らしい伝統工芸が、トンボ玉です。ガラス細工で作られるトンボ玉ですが、その歴史はかなり古く、現在ではさまざまな地域でトンボ玉が作られるほどです。そしてそんな伝統工芸であるトンボ玉は自宅でも簡単にできるのです。最近ではレジンなどを使ったものもあるなど、その作り方はさらに簡単になっています。水中花などの模様をあしらったトンボ玉は、アクセサリーとしても用いることもできます。今回はそんな自宅でも簡単にできる日本の伝統工芸であるトンボ玉の作り方などを、動画を交えて解説していきます。

0 8aabb8cf7e5f1f13d0827be9b79b206b 583x585
引用: https://media-01.creema.net/user/1644625/exhibits/3583866/0_8aabb8cf7e5f1f13d0827be9b79b206b_583x585.jpg
It 59d1c848e30df 1200
引用: https://d21csxbgfh7jfq.cloudfront.net/r/w/640/item/1257140/it-59d1c848e30df-1200.jpg

トンボ玉というのはガラス細工であるため、安全のために保護めがねや軍手などがまず必要です。そしてトンボ玉のメインの材料となるガラスロッドという棒状のものです。このガラスロッドをあぶるためのバーナーも必要になります。最近ではカセットボンベ型のバーナーなどもありますが、使用時間が機種によって異なるため、購入する際はよく確認しましょう。後はトンボ玉において必須となる金属の芯棒や離型剤も必須です。この2つに関してはトンボ玉専用のものがあるため、そのようなものを選ぶのがおすすめです。また、最近ではトンボ玉に必要な材料などがすべてそろったスターターキットのようなものもあるため、そちらを購入することをおすすめします。

710336b5c62349b95ae28a2597515ee78ae2b94b
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/983/171/710336b5c62349b95ae28a2597515ee78ae2b94b.jpg?1493051064
9c7b092d049ce9144caceb3d030bcb43fa424aa2
引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/000/954/624/9c7b092d049ce9144caceb3d030bcb43fa424aa2.jpg?1490797212

材料などを用意したところで、いよいよトンボ玉作りの開始です。基本的な作業の流れなどについては、先の部分にある動画を見ると非常にわかりやすく解説されています。まずは芯棒に垂らすガラスロッドを溶かします。これをしない限り芯棒にガラスが絡まってトンボ玉ができることはありません。まずはバーナーの火から10センチ上のところでガラスロッドを暖めます。こちらは20秒ほどで十分です。そして20秒ほど温めたらガラスロッドを火に近づけ、ガラスロッドを回しながら溶かしていきます。このとき同時に芯棒を火の近くであぶっておくと、この後の作業が楽になります。

3 1img
引用: https://making.tonbotama.com/img/baner/3_1img.jpg
Img 0
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-80-c9/saboten703/folder/1261717/76/24599276/img_0

次のトンボ玉の作り方は巻き取りです。芯棒をしっかりとあぶり、ガラスロッドが溶けてきたら、いよいよ溶けたガラスロッドを芯棒で巻き取ります。このとき芯棒を速く回しすぎると形が崩れてしまうため、ゆっくりと水あめを巻き取るように溶けたガラスを巻き取っていきます。こうしてゆっくり巻き取るというのは一番のポイントです。そしてうまくゆっくり巻き取ることができると、ある程度形も整ってきます。ここで形がある程度整っていると、この後の仕上げなどの作業がかなり楽になります。ある程度大きくなったらガラスロッドをゆっくりと下げ、そして芯棒は回しながらゆっくりと上に上げると、きれいに芯棒とガラスロッドを切り離すことができます。

1 / 3