Emkoebi0tsayxifvhtts

タオル・ハンカチ

CATEGORY | カテゴリー

引越しの挨拶で渡したい粗品!お隣さんに喜ばれるおすすめギフト!

2018.10.16

引越しの際に欠かせないのが挨拶用の粗品。お隣さんに挨拶の時に粗品を贈れば、円滑な人間関係が築けますよね。そこで今回ここでは引越しの際のおすすめ挨拶粗品について大特集。定番のお菓子やタオルをはじめ、相場やのしはどうする?などの疑問にもお答えします。

目次

  1. 引越しの時には挨拶用の粗品を準備しよう
  2. 引越しの挨拶の粗品の基本事項
  3. 引越しの挨拶の粗品の相場はどれくらい?
  4. 引越しの挨拶の粗品に「のし」はつける?
  5. おすすめの引越し挨拶粗品をご紹介!
  6. 【おすすめの引越し挨拶粗品】①大定番の「タオル」は無難なチョイス
  7. 【おすすめの引越し挨拶粗品】②こちらも大定番の「お菓子」
  8. 【おすすめの引越し挨拶粗品】③普段自分では買わないような「高級ティッシュ」
  9. 【おすすめの引越し挨拶粗品】④消耗品でいくらあっても困らない「洗剤」
  10. 【おすすめの引越し挨拶粗品】⑤「サランラップ」は重宝される
  11. 【おすすめの引越し挨拶粗品】⑥ブランドの「お米」も喜ばれる
  12. 【おすすめの引越し挨拶粗品】⑦実用的な「クオカード」
  13. 【おすすめの引越し挨拶粗品】⑧古くからの習慣である「引越しそば」
  14. 【おすすめの引越し挨拶粗品】⑨「紅茶やコーヒーの詰め合わせ」も無難なチョイス
  15. 引越しの際には挨拶用の粗品をお忘れなく!

引越しをする時に欠かせないのが、「引越し先での挨拶」。そんな挨拶ですが、手ぶらで行くというのも味気ないもの。何か粗品をもって訪問するのがマナーですよね。しかし、引越しの挨拶の粗品と言っても何を持って行って良いかわからないという方も多いはず。そこで以下では引越しの挨拶の粗品について大特集!引越しの挨拶の粗品の基本事項やのしについて、金額の相場などをまとめました。

家族構成などを考慮する

Aomidoriimgl2130 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/aomidoriIMGL2130_TP_V.jpg

まずは引越しの粗品を選ぶための基本事項を確認しておきましょう。引越しをの粗品を選ぶうえで重要なのは「送り先の家族構成を考慮する」ということ。家族が多ければ、お菓子をそのサイズにしたり、一人暮らしならお米が喜ばれたりなど、家族構成を知ることによって粗品の選び方が変わってきます。引っ越したばかりでお隣さんの家族構成を把握するのはなかなか大変ですが、せめて何人家族なのかくらいは知っておくとよいでしょう。

しつこく訪問しすぎない

Trtms818004 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TRTMS818004_TP_V.jpg

当然ながら、引越しの挨拶は直接訪問して行うことになりますが、ここで重要なのは「しつこく訪問しすぎない」ということ。訪問しても出てくれない時には、防犯上見知らぬ人の訪問には対応していると決めているのかもしれません。2回ほど訪問して対応がない時には、ドアノブに粗品をかけておくなどの心配りをしましょう。くれぐれも何回も訪問して不審がられないように注意です。

500円~1500円程度が相場

Yuuki150321490i9a4375 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUUKI150321490I9A4375_TP_V.jpg

気になる引っ越しの粗品の相場ですが、およそ相場は1か所あたり「500~1500円ほど」だと言われています。大々的なプレゼントではなく、あくまで引越しのご挨拶の品のため、相場の500~1500円ほどで十分です。安いように思えますが、このぐらいの金額でも十分におしゃれで気の利いた粗品を選ぶことが可能となります。

相場以上すぎると気を遣わせてしまうことも

Freee151108039472 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108039472_TP_V.jpg

あまりに相場以上の値段の品を贈ってしまうと、かえって気を遣わせてしまうことにもつながります。何万円もするような、極端に相場から離れたアイテムは避けた方がベターでしょう。引越しの挨拶の粗品は低価格でありながらも、貰って嬉しいという絶妙なチョイスが求められます。

「三軒両隣」まで粗品を配るなら5000円程度を相場に

引越しの挨拶は「三軒両隣まで」とよく言われます。この場合だと、相場を考慮しておよそ5000円ほど用意しておけば十分でしょう。引越しは何かとお金がかかりがちですが、挨拶の粗品用の予算もしっかりと確保しておくのがおすすめです。

のしはつけておくのがベター

気になるのが引越しの挨拶の粗品に「のし」はつけるのかどうかということ。結論から言うと、「のしはつけるのがおすすめ」です。というのも、のしがあることによってより丁寧さや誠実さが演出できるため。引っ越した直後の印象というのはのちのご近所づきあいにも影響を及ぼします。最初の印象を良くするためにも、ぜひのしを付けて粗品を贈りましょう。

のし紙はどれを選ぶ?

のし紙の選び方ですが、上記のようにな紅白で水引が蝶結びになっているものを選ぶのが一般的。また、のしは外のしと言われる、表面から見えるようなつけ方にするとよいと言われています。ちなみに、紅白で結び切りののしは、ご祝儀など1度限りのお祝いの品につけるのしです。蝶結びののしには「何回も繰り返したいお祝い」という思いも込められているので、引越しの挨拶にはこちらを選ぶのが良いでしょう。

のしにはなんて書く?

のしに書く文字ですが、上記の画像のように「御挨拶」でOK。そのほかに「粗品」でも大丈夫です。この時文字が水引などにかからないよう注意しましょう。使用する筆記用具ですが、正式には黒い墨に毛筆で書くとされますが、筆ペンなどでもOK。ボールペンやマジックは避けるのがマナーとなります。

のし+αで印象アップ

よりスマートで印象をアップさせるためには、のしにプラスして何かメッセージを添えましょう。「この度引越して参りました~です」とだけ添えるだけでも、人は大事にされていると感じるものです。できれば印刷ではなく、手書きでメッセージを書くようにすると気持ちがより伝わりやすくなるでしょう。

2/8