Yv0j41oqs9ibaee4wxzj

雑貨

CATEGORY | カテゴリー

アクリル絵の具の使い方にはコツが?初心者が見落としがちなことは?

2018.10.14

アクリル絵の具の使い方は意外と難しい。今回は、初心者の方でもできるアクリル絵の具の使い方とコツについてご紹介します。ダイソーなどのアクリル絵の具の購入場所や、水の量、木・布・プラスチック・紙などの場合でも、使い方のコツをつかめば初心者でも簡単に使えます。

目次

  1. アクリル絵の具とは?
  2. 初心者でも安心!アクリル絵の具の使い方とコツをご紹介!
  3. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】①購入場所
  4. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】➁水の量
  5. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】➂木に塗る場合
  6. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】④布に塗る場合
  7. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】➄プラスチックに塗る場合
  8. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】⑥紙に塗る場合
  9. 【初心者でもできる!アクリル絵の具の使い方とコツ】➆アイデア実例
  10. アクリル絵の具で素敵な絵を描こう!
Palette 3046067  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/12/28/20/10/palette-3046067__340.jpg
71zzuywbd5l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ZzUYwbd5L._SL1500_.jpg

子供のころは、アクリル絵の具で自由に絵をかいていたという人も多いのではないでしょうか。何気なく使っていたアクリル絵の具ですが、実際にはどういったものかご存知でしょうか。アクリル絵の具は、アクリル樹脂を固着材に用い汎用性の高い絵の具のことを言います。一般的に販売されているアクリル絵の具は水溶性。一番の特徴としては、乾燥が早いこと。そのため手軽に利用できる絵の具として、小学校などでも使われるようになりました。

81hlla95hfl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81hlla95hFL._SL1500_.jpg
61xsd5gagyl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XSd5gagYL._SL1000_.jpg

アクリル絵の具の特徴を学んだところで、ここからは初心者でも簡単にアクリル絵の具が利用できる使い方のコツについてご紹介していきます。アクリル絵の具を使用する際の水の量はどのくらいなのか、木や布、プラスチック、紙などでアクリル絵の具を使用する際は、どのようにすれば上手に塗ることができるのかなど、素材によってのアクリル絵の具の使い方をまとめてみました。また、アクリル絵の具を使用した実例作品も最後に載せています。アクリル絵の具を使用して、自分なりのオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか

190c4c0ac42d00e5ab29b2e05f2132f7 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/19/190c4c0ac42d00e5ab29b2e05f2132f7_t.jpeg
5746ab2b6862e7fe65072bf2ac6401e2 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/57/5746ab2b6862e7fe65072bf2ac6401e2_t.jpeg

それでは、ここからはそれぞれの素材に合ったアクリル絵の具の使い方とコツについてご紹介していきます。が、まずは、アクリル絵の具はどこで購入すればよいか少しお話します。アクリル絵の具は、100均などのダイソーが一番おすすめ。その理由は、ダイソーはアクリル絵の具のカラーの種類も多く安いからです。アクリル絵の具の一つのカラーの分量は意外と少なめ。好きな色を個別に買っているとかなりの出費にもつながります。ですが、ダイソーであれば一つ100円。セット売りがあれば尚更節約にもつながります。また、ダイソーは店舗も多いというのも魅力。色がなくなった際は、すぐにダイソーに行けば手に入ります。アクリル絵の具の購入は、是非、ダイソーを利用してみてください。

8c8b8c156ca43d3ac184fb202f659065 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8c/8c8b8c156ca43d3ac184fb202f659065_t.jpeg
Eb6be8272e3f06418e73f1fbaf5dddb1 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/eb/eb6be8272e3f06418e73f1fbaf5dddb1_t.jpeg

アクリル絵の具を使用する際に必要となるのは、水とパレット。では、水はアクリル絵の具とどれだけの量を混ぜればよいのでしょうか。水の量によって、アクリル絵の具の色は変わってきます。多めの水とアクリル絵の具を混ぜれば色は薄くなり、ちょっとの水とアクリル絵の具を混ぜれば濃くなります。書くデザインによって色を分けることが大切となるため、水で色の調整をしながら、ちょっとずつ混ぜていきましょう。

1 / 3