M0qdctosqyjyaod8azvo

マナー

CATEGORY | マナー

結婚式のヒールの高さは何センチがベスト?注意すべきデザインなど!

2018.10.07

ヒールと言えば女性を美しく見せる靴ですが、結婚式にお呼ばれした際にどのくらいの高さのヒールが好ましいのか迷いやすいですよね。何センチがいいのか・デザインの注意するべき点などヒールでもマナーがあります。今回は結婚式の場のヒールマナーについてご紹介します。

目次

  1. 結婚式のヒールではお呼ばれマナーが問われる!
  2. 結婚式のヒールの高さは何センチが好ましい?
  3. 結婚式に履いてくヒールのデザインはどんなのが理想?
  4. ヒールを履いて足が痛くならないように工夫も大切!
  5. 式場近くで履き替えるのもおすすめ!
  6. 【まとめ】結婚式のお呼ばれマナーを大切に!
Pixta 21472444 m
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/5/6/9/6/1/201703211548/pixta_21472444_M.jpg

結婚式にお呼ばれすることは大人になるほど多くなるのですが、そのお呼ばれした際にどのようなヒールで履いていけばいいのか迷ってしまう事が多いですよね。普段からヒールを履いている人ならばあまり問題ないのですが、あまり普段はヒールを履かない人が多いです。おしゃれアイテムのひとつとして使う人が多いのですが、今回は結婚式の場にお呼ばれした際のヒールのマナーをご紹介します。

2017 08 31 170202
引用: https://i2.wp.com/jury-mode-beaute.com/wp-content/uploads/2017/08/2017-08-31_170202.jpg?w=394&ssl=1

ヒールのお呼ばれマナーでも高さが重要になります。この高さが低すぎるとカジュアルな雰囲気を感じるので、結婚式にふさわしい正装とはややかけ離れてしまうためです。おすすめとしては3センチから5センチ程度が好ましいです。あまり高さが高すぎると足に負担がかかりやすいので、履き慣れていない人は3センチが特におすすめです。

妊婦の方はローヒールでもOK

Entryimage?bid=8192632&eid=570567202&t=1504990038&sig=6e25ddf26cd612a1dda2492cc570f152&rid=1
引用: https://www-img.dclog.jp/m/EntryImage?bid=8192632&eid=570567202&t=1504990038&sig=6e25ddf26cd612a1dda2492cc570f152&rid=1.jpg

ヒールの高さをご紹介しましたが、ヒールの高さでも例外が存在します。その例外と考えられるのが「妊婦の方」です。妊婦の人はヒールの高さが高いと転倒してしまう危険性があり、大変危険な状態になるので、ローヒールでも大丈夫です。しかし、妊婦でないのにローヒールを履いていると妊婦に間違われることが多いので、ご注意ください。

12834244 1
引用: https://ss.dresswe.com/images/product/12/12834/12834244_1.jpg

ヒールのデザインについてもマナーが存在します。一般的には結婚式のお呼ばれマナーとして正装ということが一般常識なのですが、デザインも意識する必要があります。おしゃれなヒールを履きたいと思いますが、主役はやはり新婦さんなので新婦さんよりも派手ではない比較的落ち着いたデザインが好ましいです。さらに、上記の画像のように露出は避けてつま先などが見えるデザインはやめましょう。

皮製・アニマル柄デザインもNG

M20112156400 3
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/photos/m20112156400_3.jpg?1522846465

さらに、デザインでもアニマル柄や皮製品は避けるのが好ましいです。これは何故かと言うとアニマル柄などは殺生をイメージさせるためです。縁起が悪いと考えられることが多いので、このようなデザインは避けて履いていくようにしましょう。結婚式用に一足落ち着いたヒールを持っておくのもおすすめです。

B7baf790566b7d801d3c993127afff74
引用: https://neta-blog.net/wp-content/uploads/2016/05/b7baf790566b7d801d3c993127afff74.jpg

普段はヒールを履き慣れていない方は靴ずれを起こしてしまう人もいると思います。そのような痛い状態が続いている場合本人は当日も痛ければ翌日以降も痛いと感じる場合が多いです。このような靴ずれにならないために対策を行うのが好ましいです。中には靴ずれがおきやすい部分に絆創膏を貼って対策を行う人もいます。

1 / 2