E1yuhyjcpzdorg618ozv

CATEGORY | カテゴリー

シボレーのトレイルブレイザーを紹介!中古の値段や評価は?

2018.10.14

シボレートレイルブレイザーは、日本の道路事情に適応する、ミドルサイズのSUVとして、人気の車。シボレートレイルブレイザーはスズキから販売されていたこともあって中古車も出回っています。アメリカンなシボレートレイルブレイザーの燃費、維持費、中古値段、評価を解説。

目次

  1. シボレートレイルブレイザーを中古で楽しむ
  2. シボレートレイルブレイザー中古の燃費は?
  3. シボレートレイルブレイザー中古の維持費は?
  4. シボレートレイルブレイザー中古の値段は?
  5. シボレートレイルブレイザー中古の評価①:アメリカ車のおおらかなイメージ
  6. シボレートレイルブレイザー中古の評価②:日本の道路事情に対応
  7. シボレートレイルブレイザー中古の評価③:アメリカ車が初めての人にもおすすめ
  8. シボレートレイルブレイザー中古の評価④:装備がアメリカンフィーリング
  9. シボレートレイルブレイザー中古をドレスアップ
  10. シボレートレイルブレイザーは中古でも十分楽しめるSUV

シボレートレイルブレイザーは、ミドルサイズのSUV。SUV。初代のシボレートレイルブレイザーは2001年から2008年まで発売されました。2001年から2006年まで日本のスズキ自動車が正規輸入販売元となったこともあって、よりたくさんの車が日本市場に出回りました。

シボレートレイルブレイザーは、日本で、アメリカ車の雰囲気を味わえるSUVとしては、中古車の球数があるという点でとてもおすすめになります。初代モデルは2001年から2008年まで発売されて、そのあとは、北米では販売されず、タイでのアジア戦略車になったようです。大きさ的にアメリカ本国よりもアジア圏に適しているのでしょう。

アメリカ車に乗る時に気になるのが燃費。燃費は車の評価の大きなポイントになっています。燃費の良さは魅力ですが、アメリカ車に乗るならば、燃費の悪さは維持費とともに、覚悟する必要があるでしょう。気になる、シボレートレイルブレイザーの燃費ですが、リッター約6キロ弱から7キロ程度の燃費のようです。アメリカ車のフィーリングを感じられる大排気量のSUVの燃費としては納得の燃費数値ではないでしょうか。

燃費とともに車の評価の重要なポイントがシボレートレイルブレイザーの維持費です。大排気量で大型のアメリカ車の維持費は、国産の車と比べて高い維持費を覚悟しなければなりません。維持費が高くても、アメリカ車の雰囲気を楽しみたいという人も多いはず。維持費として考えなければならない基本は、まずは税金です。プラスして考えなければならないのが、車検やメンテナンスにかかる修理費用などの維持費。

自動車税は、排気量に応じて段階的に高くなりますので、大排気量のシボレートレイルブレイザーは高くなり維持費としては多くかかることになります。エコカー減税の対象外である点や、年式が古い車は重課税が加わることで税金としての維持費が増えることになります。

アメリカ車は、日本車に比べると一般的に故障が多いといわれています。故障にかかる値段も高くなることで維持費も高いと予測されます。税金やメンテナンスの値段を考えると、シボレートレイルブレイザー中古の維持費は、日本車に比較すると高くなることを覚悟しなければならないようです。

1 / 3