Ezjlr7c74sq29ulnbf8n

DIY

CATEGORY | DIY

窓の防音対策をDIY!賃貸でもできる騒音カット方法でストレスフリーに!

2018.10.12

窓の防音対策もDIYで解決できます。賃貸において最も問題となる騒音も、窓に隙間テープや吸音ボード、防音カーテンなどをDIYすれば、簡単に賃貸での騒音対策をすることもできます。今回はそんな窓の防音対策DIYアイデアをいくつか紹介します。

目次

  1. 窓の防音対策もDIYでできるのか
  2. 窓の防音対策DIY:隙間テープ
  3. 窓の防音対策DIY:吸音ボード
  4. 窓の防音対策DIY:防音カーテン
  5. 窓の防音対策DIY:二重窓
  6. 窓の防音対策DIY:騒音は通気口から来る?
  7. 窓の防音対策DIY:窓だけでは不十分
  8. 窓の防音対策DIY:隣人
  9. 窓の防音対策DIY:耳栓などで完全シャットダウン
  10. 窓の防音対策で賃貸の騒音もしっかり抑えよう

賃貸の部屋に住んでいる人にとって一番の問題である騒音。自分たちが普通に生活しているだけでも文句を言われたりすることがあれば、逆に隣人の騒音で悩まされたり、あるいはそのほかのものの騒音に悩まされるなど、あるときは加害者、そしてあるときは被害者になるなど、賃貸と騒音というのは常に腐れ縁のようなものです。最近ではそのような賃貸の騒音対策として隙間テープや吸音ボード、さらには防音カーテンでDIYなども出ていますが、それでもやはり賃貸の騒音問題というのは解決しないものです。特に最近はyoutuberやゲーム実況者など、自宅を仕事場にしているという人も増えてきているため、この騒音問題というのはさらに深刻となりつつあります。

Dsc 0191x
引用: http://www001.upp.so-net.ne.jp/souon-taisaku/image/DSC_0191x.jpg
Soundproof curtain2
引用: https://soundproof-blog.com/wp-content/uploads/2017/10/soundproof-curtain2.jpg

賃貸の騒音を抑えるためのグッズとして今や定番となりつつあるのが、隙間テープです。賃貸の部屋によっては既に窓枠に貼られているということも増えているなど、防音対策としてはかなり定番となっています。しかし賃貸の部屋にあらかじめ貼られている隙間テープというのはかなり薄く、これでは騒音を抑えることができません。そのため、より分厚く、そして防音効果の高い隙間テープを新たに貼るということが、賃貸の窓の防音対策としての第一歩となっています。隙間テープを貼るだけでも、防音効果はかなりありますが、騒音によっては隙間テープを貼ってもあまり変わらないということもあります。

20160322 03
引用: https://netachou.com/wp-content/uploads/2016/03/20160322-03.jpg
Image2751
引用: https://souon.net/img/image2751.jpg

音楽をやっている人や、自宅でyoutuberとして活動していたり、ゲーム実況者として仕事をしたり撮影をしている人の多くは、防音対策として吸音ボードというものを使用しています。最近の吸音ボードというのは吸音性がかなり高く、窓や壁に貼るだけでも、かなり騒音を抑えることができます。そして外からの騒音を抑えるだけでなく、自分の部屋から発生する騒音も吸収してくれるため、周りの住人への配慮もすることができます。とはいえ、どうしてもそれだけでも防ぎきれないこともまだまだあるため、吸音ボードを張ったからといって、完全な防音対策になるとはいいがたいです。吸音ボードの貼り方についても、吸音ボードの貼り方が甘いとあまり意味がありません。

2016 07 05 02 07 37
引用: https://kenzai-digest.com/wp-content/uploads/2016/07/2016-07-05_02-07-37.jpg
Mado bouon seisaku handle 15
引用: http://umbrella-company.jp/images/acoustic/mado/mado-bouon-seisaku-handle-15.jpg

カーテンというのはさまざまなものがありますが、最近では防音カーテンというものがあります。防音カーテンというのは文字通り防音機能の高いカーテンであり、防音カーテンを使用することで騒音を抑えることができるものです。窓を閉めているときはもちろん、窓を開けているときでも効果があるため、防音カーテンはかなり使い勝手が良いです。しかし防音カーテンといっても、吸音ボードのように窓や壁に密着しているというわけではないため、窓を開けているときに風が吹けば、防音カーテンがなびいてしまい、それだけで防音対策効果も薄くなってしまいます。また、カーテンと床の間には隙間が開いており、そこから騒音が入ってくるということもあります。

1 / 3