Uedqywgineypdugv4l8j

お手入れ

CATEGORY | お手入れ

珪藻土マットの水虫対策大丈夫?うつらないためのお手入れ方法!

2018.10.12

珪藻土マットの衛生管理は大丈夫ですか。共用で使っていると水虫がうつる恐れがあり、衛生面でもかなり不潔です。珪藻土マットの手入れをしておけば、水虫がうつる心配もなくなります。今回は水虫対策にもなる共用でも大丈夫な珪藻土マットのお手入れ方法を紹介します。

目次

  1. 珪藻土マットの水虫対策は大丈夫?
  2. 水虫対策は大丈夫?珪藻土マットの手入れ:共用はうつる?
  3. 水虫対策は大丈夫?珪藻土マットの手入れ:衛生的にも不潔?
  4. 水虫対策は大丈夫?珪藻土マットの手入れ:手入れ方法
  5. 珪藻土マットは手入れをしっかりして、水虫対策はもう大丈夫!

普段何気なく使用している珪藻土マット。自分ひとりで使用する場合はまだしも、家族で共用しているという人もかなり多いはずです。そこで問題となるのが水虫です。水虫というのは人にうつるものであるため、誰か一人が水虫になると、他の人にもうつるという危険性が出てきます。これでは衛生的にもかなり不潔なものとなってしまいます。多くの人は珪藻土マットの手入れをして、カビなどの汚ればかりを気にしているはずですが、水虫も気にしなければ、不潔であることは変わりません。カビやくろずみなどの汚れ対策と一緒に、水虫の対策をすることによって、衛生的にもきれいな状態を維持させることができるのです。

Xsua8zvnuilm4wji1qfv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1532794310/xsua8zvnuilm4wji1qfv.jpg
Bathmat003
引用: https://www.hakuraidou.com/images/bathmat003.jpg

水虫というのは、かなり厄介なものです。水虫というのは風邪などと同じように、人から人へ感染するためです。風邪の場合であればくしゃみなどによって空気中に菌が放出され、そしてその空気を他の人が吸うことによって伝染していきます。しかし水虫の場合、水虫を持っている人のものに触れた時点で感染してしまうため、知らないうちに水虫になってしまうということが多いです。特に珪藻土マットの場合、家族で使用する場合は教養ということになり、誰もが必ず触れることになるため、水虫についても伝染しやすくなります。誰か一人が水虫を持っており、それを知らずに使い続けることで、気づいたら家族全員が水虫持ちということになってしまうのです。

150705230801 tp v e1502752362570 200x143
引用: https://tubuyaki-burogu.com/wp-content/uploads/2017/08/150705230801_TP_V-e1502752362570-200x143.jpg
Img 7837 700x467
引用: https://www.7ndemo.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7837-700x467.jpg

カビやくろずみというのは見ただけで、これは衛生的にも不潔であるということがわかりますが、水虫はそうも行きません。水虫というのは見た目ではわからないものであり、実際に水虫をもっているかどうかということについては、水虫が引き起こすかゆみなどが発生して初めてわかるものです。人によっては自宅の中でもスリッパなどの履物を履くという家族がいますが、珪藻土マットというのはどうしても風呂上がりなどのときに使用するものであり、どうしてもはだしになる必要があります。そして水虫を持っている人がそのまま珪藻土マットを使用すると、珪藻土マット上に水虫が居座ってしまうのです。これはかなり大変です。

Ofuro datsuijo e1500678987459 246x200
引用: https://tubuyaki-burogu.com/wp-content/uploads/2017/07/ofuro_datsuijo-e1500678987459-246x200.png
Bathmat01 1
引用: https://tashiteku.com/tashiteku-wp/wp-content/uploads/2015/12/bathmat01-1.jpg

では水虫対策も考慮した手入れとはどういうものなのか、ということになりますが、それはヤスリなどでひたすら磨くことです。水虫というのは菌の一種ですが、だからといって珪藻土マットを天日干しすることはできません。それで水虫が死んだとしても、今度は珪藻土マットの寿命を削ってしまうことになります。そのため、最も早い方法として、紙やすりでひたすら削るということになります。タオルで拭いたり、日陰干しをしたところで、水虫がなくなるということはありません。むしろタオルで拭いてしまうと、今度はタオルにも水虫がうつってしまい、感染経路を増やしてしまうということになります。水虫対策をするには、紙やすりが一番です。

1 / 2