Hduuotrhsqvkex98kl1y

バッグ

CATEGORY | バッグ

風呂敷でバッグ【作り方】便利でおしゃれ!繰り返し使えてエコにも◎

2018.10.08

エコでおしゃれなバッグといえば、風呂敷で作るバッグ!汚れても洗えば繰り返し使えます。また、作り方次第では手提げにもショルダーにもできます。そんな風呂敷バッグは一枚あると便利なこと間違いなしです。和の雰囲気が出た風呂敷で、お出かけも楽しみましょう!

目次

  1. 風呂敷はバッグにして使うのがイイ!
  2. 風呂敷バッグ作り方のポイント
  3. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➀シンプルなバッグ
  4. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➁エコバッグ
  5. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➂しずくバッグ
  6. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➃マイバッグ
  7. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方⑤お稽古バッグ
  8. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➅瓶用バッグ
  9. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➆セキュリティ性の高い風呂敷バッグ
  10. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方➇手ぬぐいを組み合わせて作るリュツク
  11. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方⑨バッグ オン バッグ
  12. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方⑩バックハンドルで作るドロップバッグ
  13. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方⑪バックハンドルで作るいちごバック
  14. 繰り返し使える便利な風呂敷バッグの作り方⑫あずま袋
  15. 風呂敷バッグでおしゃれ・エコを両立
823d41479bd7098a320171f7ca9ee288
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/3d/41/823d41479bd7098a320171f7ca9ee288.jpg

外出する際、スマホや財布などの貴重品をバッグに入れて持ち運ぶ方へ。そのバッグを、風呂敷に変えてみませんか?ちょっとした荷物であれば、風呂敷一枚で繰り返し使える、エコで便利なアイテムに変身しますよ!

また、デザインはお好みのものでおしゃれなバッグが作り放題です。当記事ではそんなバッグを作り方とともにご紹介しています。日々のお出かけに風呂敷を取り入れて、和のテイストを堪能してくださいね。

6cda5aa49c5d761a0002e55d623cb53d
引用: https://i.pinimg.com/564x/6c/da/5a/6cda5aa49c5d761a0002e55d623cb53d.jpg

風呂敷でバッグを作る際、次の2種類の結び方はよく使うものになるので、先に目を通しておきましょう。簡単なのですぐに使えますよ!

結び方➀一つ結び

風呂敷の四方にあるいずれかの先端を少し引っ張った後、その部分で輪っかを作り、先端をその穴に通して再度引っ張ると完成します。

結び方➁真結び

風呂敷の両端にある先端を少し引っ張った後、そのまま交差させます。その状態でさらに交差させて、引っ張ると完成です。

50445ed55441d4b128c825926d363b3d
引用: https://i.pinimg.com/564x/50/44/5e/50445ed55441d4b128c825926d363b3d.jpg

取っ手一つがシンプルなデザインの風呂敷バッグ。持ち手の長さを調整することで、トートバッグとしても使えそうですね!

作り方

➀風呂敷の両端の先端を交差させて、一方を交差した場所に通してください。

➁先ほど通した側でない方を引っ張ります。

➂反対側も同じように作ってください。

➃➁と➂で作ったものを真結びすると完成です。

C18cd7accdbb4079c3e6b92839a13e15
引用: https://i.pinimg.com/564x/c1/8c/d7/c18cd7accdbb4079c3e6b92839a13e15.jpg

次に風呂敷で作る作品はお買い物にぴったりなエコバッグです。取っ手が2つ付いているので、モノの出し入れが便利!作り方は一つ結びを4回、真結びを2回するだけで完成しますよ。シックな色合いがおしゃれで、一度作れば繰り返し使えるのもいいですね。

作り方

➀風呂敷の四方すべてを一つ結びにします。

➁一つ結びにしたものを2セット真結びしてください。

A5f917cbc43205e8f607ca62fbfe6d09
引用: https://i.pinimg.com/564x/a5/f9/17/a5f917cbc43205e8f607ca62fbfe6d09.jpg

奥行きのあるしずくバッグは手提げとして使えるアイテム。モノがスッポリと入りそうな空間には、長さのあるモノを入れても落下を防いでくれるでしょう。

作り方

➀風呂敷を三角形になるようにしてください。

➁右端を20㎝ぐらいの場所で一つ結びします。

➂左端も同様にした後、一度風呂敷をひっくり返します。

➃何もしていない端を持ちあげて、結び目を内側に入れましょう。

⑤持っている端を真結びして完成です。

1 / 4