2018年10月04日 UPDATE

レコーダーを比較【2018年最新】性能に定評のある人気製品を紹介!

人気の大手メーカーであるパナソニックやソニーなどからリリースされているブルーレイレコーダー製品。2018年の最新レコーダーは比較的優れた性能を有した製品のラインナップがある。テレビの録画に便利なブルーレイレコーダーを比較!人気の製品をチェックしよう!

目次

  1. 2018年の高性能な最新人気製品!ブルーレイレコーダーを比較!
  2. 2018年の最新機種を比較!それぞれのメーカーのレコーダーの特徴とは?
  3. 人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴①:パナソニック
  4. 人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴②:東芝
  5. 人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴③:ソニー
  6. 人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴④:シャープ
  7. 最新レコーダー購入時にチェックしておきたいポイント
  8. 最新機種続々!おすすめのレコーダーをピックアップ!
  9. 各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー①:パナソニック DIGA DMR-BRW1020
  10. 各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー②:東芝レグザ DBR-M1007
  11. 各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー③:ソニー ブルーレイ BDZ-ZW1500
  12. 各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー④:シャープアクオス BD-NW1100
  13. 使い勝手と性能をチェックして、最適なブルーレイレコーダーをゲットしよう!

2018年の高性能な最新人気製品!ブルーレイレコーダーを比較!

31limpg79 l. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31limpg79-L._SX355_.jpg
テレビの番組をリアルタイムに見れないときや、お気に入りの番組をシリーズで保存しておきたいときに便利なブルーレイレコーダー。番組のタイムテーブルに関係なく、高画質で録画が可能なのも大きな魅力。大手メーカーの製品なら間違いはないが、最高のパフォーマンスを発揮させるためにも、テレビとレコーダーのマッチングなども気にかけたいところ。
31wxcrzg4jl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31WXCrZg4jL._SX355_.jpg
2018年もさらに進化し続けているブルーレイレコーダーのラインナップだが、果たして、機能性や性能を考えて購入する場合は、どの製品がおすすめなのだろうか。また、最新人気のブルーレイレコーダーはどの製品になるのだろうか。ブルーレイレコーダーを購入する上でチェックしたいポイントも含めて、2018年のブルーレイレコーダーをご紹介しよう!

2018年の最新機種を比較!それぞれのメーカーのレコーダーの特徴とは?

Man relaxing on sofa at home 23 2147689401
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-relaxing-on-sofa-at-home_23-2147689401.jpg
2018年も最新機種がリリースされるレコーダー。人気の製品でも、それぞれに特徴と違いがある。はたして、画質が優れているメーカーのレコーダはどれか?また、それぞれのメーカーにおけるレコーダーの特徴はどんなものになるのか?ここではパナソニックや東芝、シャープ、ソニーの大手メーカーをピックアップ。使い勝手のいいレコーダーをチョイスすするためにも、製品の特長を比較してみよう!

人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴①:パナソニック

1280px panasonic logo %28blue%29.svg
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8e/Panasonic_logo_%28Blue%29.svg/1280px-Panasonic_logo_%28Blue%29.svg.png
ハイエンド機種から低価格のレコーダーまで、画質のクオリティが高いパナソニックの製品。4kの高画質を実現したテレビにフィットした性能を有しており、低解像度の映像を補正する技術が全機種にわたって搭載されている。また、多くの機種には4kアップコンバーターと呼ばれる4K超解像技術が使われているので、画質にこだわる人ならチェックしたい製品がそろっている。
そのほか、機種によっては番組を一通り録画して、後で好きな番組をピックアップして視聴できる全録機能がついているのも大きな特徴。いちいち番組をピックアップして録画する作業も省ける。操作性に関しては少し複雑になっているのがデメリット。

人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴②:東芝

1280px toshiba logo.svg
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/01/Toshiba_logo.svg/1280px-Toshiba_logo.svg.png
東芝も人気機種を輩出している大手メーカー。2018年もレコーダーのラインナップから目が離せない。テレビをリアルタイムで見ることの少ない人や、忙しい平日にいちいち番組をチェックして録画するのが面倒な人なら、全録機能がついているマシンがおすすめだ。操作性もシンプルで分かりやすく評価の高い東芝のレコーダーがおすすめ。
東芝のマシンは起動も早く、ユーザーインターフェースの操作が簡単と定評のある機種をそろえている。しかしながら、画質に関しては、内蔵の画像エンジンはテレビの画質に依存するところがあり、ほかのメーカーに比べて劣る面もある。使い勝手を加味したうえで購入を検討したい。

人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴③:ソニー

Sony
引用: http://www.mh-logo.com/cms/wp-content/uploads/2015/04/sony.jpg
こちらも世界的に有名なメーカーであるソニー。ソニーのブルーレイレコーダーには、あらかじめ登録しておいた好みのキーワードに沿った番組を一通り録画してくれる「おまかせ録画機能」が秀逸。再放送でありがちな二重録画を防止する機能がついており、ハードディスク容量などを考えるとありがたい機能となっている。
また、ソニーの機種にも画質を補正する4kアップコンバータが全機種に搭載されており、画質に関しても定評がある。起動も早いソニーのレコーダーだが、番組表の使用感やユーザーインターフェースを使った操作性になどに関してはほか機種に比べると見劣りする点がある。

人気製品の性能を比較!各メーカーのレコーダーの特徴④:シャープ

S0002
引用: http://logo-sozai.com/data/img/s0002.png
番組表をなんと4k画面でチェックすることができる機能を有しているシャープのレコーダー。ユーザーインターフェースの見やすさや、操作性の高さに定評があるメーカーといえるだろう。また、番組表を4k画面でチェックできるのはシャープだけ。そのほか、おまかせ録画は再放送番組をスキップしてくれる機能も付いている。
シャープの機種は画質に関しても4kアップコンバータ搭載している。しかしながら、メインの画質についてはテレビの画質が基本となっているので、高画質への補正機能やノイズリダクションなどの性能を求めているなら、物足りないと感じることも考えられる。

最新レコーダー購入時にチェックしておきたいポイント

White armchair 1048 4543
引用: https://image.freepik.com/free-photo/white-armchair_1048-4543.jpg

テレビとレコーダーのメーカーは同じものをチョイス

東芝やシャープのレコーダーは、画質に関してはテレビの性能に依存をしている。しかしながら、これらのメーカーのテレビは、その点を補完できるよう設計がされているので、同じメーカーを選ぶのが無難。古いテレビを使う場合は、パナソニックなどの高画質補正をしてくれる機種を選べば、画質の補正をしてくれて便利だ。

ハードディスク容量

一週間の間にたくさんの番組を録画して、あとで視聴するライフスタイルの人なら、ハードディスクは容量が大きければ便利。最低でも1TBの容量を有したハードディスクを用意したい。ちなみに1TBの容量での録画なら、約100時間程度の番組を録画することができる。

最新機種続々!おすすめのレコーダーをピックアップ!

2018年も気になる最新機種をご紹介。各メーカー特徴のある高性能なブルーレイレコーダーをリリースしているので、容量とメーカーもチェックして用途や自分の使い勝手に合いそう製品をピックアップしよう。

各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー①:パナソニック DIGA DMR-BRW1020

61w%2boxc5u2l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61W%2BoxC5U2L._SL1500_.jpg
719jxm1bv l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/719Jxm1bV-L._SL1500_.jpg
パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020
価格 ¥ 38,000
新番組などの最新情報のお知らせ機能がついたパナソニックのDIGA。容量も1TB と使い勝手が良い。サウンドの性能が強化されているので迫力ある音も楽しめる。

各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー②:東芝レグザ DBR-M1007

215tmmbverl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/215TmMBverL.jpg
東芝 1TB HDD/3チューナー搭載 ブルーレイレコーダー(+4チャンネルまるごと録画可能) タイムシフトマシンTOSHIBA REGZA レグザブルーレイ DBR-M1007
価格 ¥ 53,300
最大7つのチャンネルを全録画できるタイムシフト機能を内蔵している東芝のレグザ。あとで録音して好きな番組をチェックすることができる。外付けのHDDの追加も可能なマシンとなっている。

各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー③:ソニー ブルーレイ BDZ-ZW1500

51r9rbua6rl. sl1200
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51R9rbua6RL._SL1200_.jpg
61u1qtghprl. sl1150
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61u1qtGHprL._SL1150_.jpg
ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー 1TB 2チューナー 2番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-ZW1500
価格 ¥ 41,401
みんなの予約ランキングから、最もよくみられている番組をピックアップできる機能が付いたソニーのレコーダー。キーワード設定で、関連番組を録画してくれる機能など、使い勝手の良さを追求したマシンだ。

各メーカーを比較してチョイス!おすすめのレコーダー④:シャープアクオス BD-NW1100

71sw%2bvk%2bv6l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71sw%2BVk%2BV6L._SL1500_.jpg
61na0itmpfl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61nA0iTmpfL._SL1000_.jpg
シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1100
価格 ¥ 37,979
・面倒な予約要らずで、連続ドラマをたっぷり楽しめる、連ドラ自動お録りおき「ドラ丸」 ・AQUOSで視聴中の番組を最大90分さかのぼって視聴できる「AQUOSタイムシフト」搭載 ※AQUOSタイムシフト対応AQUOSとHDMIケーブルによる接続が必要です。 ・静止画と字幕データで見たいシーンを簡単に探せる「セリフ付き見どころポップアップ」機能

使い勝手と性能をチェックして、最適なブルーレイレコーダーをゲットしよう!

Girl with tv remote control in hand watching tv on sofa at home close up 8353 6605
引用: https://image.freepik.com/free-photo/girl-with-tv-remote-control-in-hand-watching-tv-on-sofa-at-home-close-up_8353-6605.jpg
各メーカー特徴のあるブルーレイレコーダーは、それぞれの性能をチェックしたうえでベストなものを選びたい。テレビのメーカーとのマッチングもチェックしたいポイントだが、容量も大きければより使い勝手が広がるだろう。使い勝手と性能をチェックして、最適なブルーレイレコーダーをゲットしよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51za4MJtymL._SX355_.jpg