S0gp4kopzgmhezh301xf

ライター

CATEGORY | カテゴリー

ライターのガス抜きができない?水を使った簡単な方法を紹介!

2018.10.02

ライター処分時に必要なガス抜き。しかしガス抜きの方法が分からず、できないでお困りの方もいるはずです。そこで今回はライターのガス抜きができない方へ水等を使った簡単な方法をご紹介。水はどう使う?ライターの分解の方法や場所はベランダが良い?時間は?等の疑問も解説。。

目次

  1. ライターのガス抜きができないでお困りの方へ向けて
  2. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】①まずはガス抜きに必要な道具を揃えよう
  3. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】②ガス抜きはベランダ等の屋外で行おう
  4. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】③ガス抜きの基本手順
  5. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】④ガス抜きにかかる時間はどれくらい?
  6. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】⑤最後に水につけて安全を確保
  7. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】⑥ライターのガス抜きの裏技
  8. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】⑦ライターを処分するときには自治体によっては分解が必要
  9. 【ライターのガス抜きができない!水を使うと簡単?】⑧ライターのガス抜きで注意したい点
  10. ライターのガス抜き方法、お判りいただけましたか?

ライターを処分するときに欠かせないのが「ガス抜き」。そんなガス抜きですが、やり方が分からず、うまくできないでお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで以下では、ライターのガス抜きの方法を基本から丁寧に解説!時間や場所などの情報もまとめましたので、是非チェックしてみてくださいね。

関連記事

ノズル部分を固定しておくガムテープ

81rwze nvtl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81RWZE-NvTL._SL1500_.jpg

ライターのガス抜きをするためには、まず必要な道具を揃えましょう。ライターのガス抜きは、主にトリガー部分を固定して行うというのが一般的です。そのため、トリガーやスイッチ部分を固定するためのガムテープ等が必要となります。こちらは、輪ゴムなどでも代用することが可能です。

安全のための水

ライターのガス抜きをする際には、安全のためにバケツなどに水を汲んでおくことも重要です。特に最後にガスが残っていないか確認する際に大きな炎が上がりやすいため、手の届く場所にあらかじめ水を用意しておくようにしましょう。

確認用のライター

ガス抜きは、ガスが抜けきっていると確認することではじめて完了します。そのため、最後にはほかのライターで火がつかないようになっているかどうか確認が必要です。確認用のライターも忘れずに準備しておきましょう。

1/5