W42lxvrtwsmtgwdoux8w

ビジネス

CATEGORY | カテゴリー

第一印象を良くする方法!ビジネスシーンに役立つ表情の作り方のコツ!

2018.10.07

「メラビアンの法則」によると、第一印象は表情などの視覚情報が一番大きく影響するとされています。そこで今回は、第一印象を良くする表情の作り方・方法などご紹介します。ビジネスシーンでも相手に好印象を与えられるようなものを揃えました。

目次

  1. 【メラビアンの法則】第一印象を良くする方法!ビジネスに役立つ表情の作り方など紹介
  2. ビジネスの表情作りに第一印象を良くする方法!メラビアンの法則とは
  3. ビジネスで大切な表情!第一印象を良くする方法①は「パーソナルスペース」を意識
  4. 第一印象を良くする方法②!ビジネスで大切な表情は「笑顔」
  5. ビジネスで大切な表情!第一印象を良くする方法③には「清潔感・視覚情報」なども
  6. ビジネスなど第一印象を良くする方法④!「話す内容」も注意
  7. ビジネスなど第一印象を良くする方法⑤!「落ち着いた動作」
  8. ビジネスなど第一印象を良くする方法⑥!「初対面は声を高く」
  9. ビジネスなど第一印象を良くする方法⑦!「ハキハキ喋る」
  10. メラビアンの法則に従って第一印象を良くしよう!

第一印象、カッコよく言うとファーストインプレッションとも呼ばれるものは、「初対面の相手との少しのコミュニケーションだけで相手に抱く印象」のことを指します。

新生活やビジネスの中でも第一印象は特に重要ですが、生きている間は常にその重要性がまとわりついてくるでしょう。初めの印象というものはその後の関わり方にも大きく影響を与えるため、もし「悪い印象」を与えてしまったら取返しが付きにくくなります。

逆に第一印象からいい印象を与えられれば、その後のビジネスや友人関係をスムーズに進めることが出来ます。今回はそんな第一印象に関するお話をご紹介。

メラビアンの法則やビジネスシーンに役立つ表情を良くする方法など見ていきます。

第一印象に関するお話をする上で欠かせないのがアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが行っていた研究です。メラビアンは人間の印象がどんな要素で決まるのかを研究していた人物で、人間の第一印象は数秒のうちに決まると言っていました。

ちなみに人間の印象を左右する要素には3つあり、見た目や表情から得られる「視覚情報」、声の高さや話し方で得られる「聴覚情報」、話した内容からわかる「言語情報」で構成されています。

そして初対面の人と会って話をしたときに、視覚・聴覚・言語から得られた情報に矛盾が生じた場合には、「視覚55%、聴覚38%、言語7%」の優先順位によって物事を判断するというのが「メラビアンの法則」と呼ばれています。

つまりどういうこと?

メラビアンの法則についてどういう意味なのかわかりにくいという方に簡単に説明するとしたら、「初対面の相手とコミュニケーションをとって何か違和感を感じたときは会話の内容よりも相手の見た目や表情から情報を得る」という感じです。
会話の内容より、第一印象が大きな影響を与えるということです。

第一印象から相手に「嘘臭い」と判断されてしまったときは、誠実に話をしていても信頼性に欠けると思われてしまうのです。

1/5