Xjkr8sj8gf3mdrxibrbn

趣味

CATEGORY | カテゴリー

【リサラーソン】猫好きにはたまらないユーモアたっぷりの北欧アーティスト!

2018.10.04

スウェーデン発の、おしゃれでかわいい人気のユーモアグッズでお馴染みのリサラーソン!猫が好きな女子に大人気のリサラーソングッズですが、猫やライオンなどをモチーフにしたグッズや食器、折り畳み傘などがたくさん販売されています。猫好きはご覧あれ、リサラーソン!

目次

  1. 猫が有名なリサラーソンとは??
  2. リサラーソンの猫は絵本「BABY NUMBER BOOK」で一躍有名に
  3. リサラーソンの猫と言えば!シマシマ猫のマイキー
  4. リサラーソンの猫と言えば!シマシマ猫のミア
  5. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫のマイキーがおしゃれかわいいマグカップ!
  6. リサラーソンのおすすめグッズ②.猫のマイキーがインパクト大のユニクロTシャツ
  7. リサラーソンのおすすめグッズ③.猫のマイキーがメガネブランドとコラボした?
  8. リサラーソンのおすすめグッズ④.猫のマイキーがおしゃれでかわいい保冷ランチバッグ
  9. リサラーソンのおすすめグッズ⑤.猫のマイキーがひょっこり顔を出すマイボトル
  10. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫だけじゃない!ライオンのレナルトもかわいい!
  11. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫だけじゃない!キリンのジェマとジョー
  12. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫だけじゃない!ハリネズミのハリエット
  13. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫だけじゃない!ウシのマギー
  14. リサラーソンのおすすめグッズ①.猫だけじゃない!野うさぎのヘンリー
  15. 【まとめ】1つじゃ足りない!集めたくなるリサラーソンをぜひ!
Dikat001 08tt
引用: https://image.rakuten.co.jp/freedesign/cabinet/img05/dikat001-08tt.jpg

ユーモアあふれるおしゃれでかわいいグッズでおなじみのリサラーソン。人気セレクトショップや雑貨屋さんなどで見かけたことがあるという方も多いでしょう。リサラーソンとは北欧を代表する人気ブランドであり、スウェーデン出身の女性陶芸家のフルネームでもあるのです。

リサラーソンさんはスウェーデンの陶芸家

201709 lisalarson l full
引用: https://www.cinra.net/uploads/img/column/201709-lisalarson_l_full.jpg

1931年、スウェーデンで生まれたリサラーソンさんはかつて大手陶芸製作会社で26年間勤務したという経歴があります。その間に300点を超える数の陶芸を製作し、スウェーデンで人気の陶芸デザイナーとして活躍されていたのだそうです。

Sjrndgr3sl8euixqaqiv
引用: https://www.instagram.com/p/BoVdqe5AzbU/?tagged=lisalarson

退社後は、スウェーデンのストックホルムで生活をしながら、世界中で愛されているリサラーソンのユーモアあふれるかわいいおしゃれグッズを製作し続けています。

Y4l2mrgyoyau7kvczurw
引用: https://www.instagram.com/p/BoYNEacgXeU/?tagged=lisalarson

ほっこりと優しい表情に思わずクスっと癒されるフィギュアやグッズはいつも大人気!昔のグッズが復刻されたり、他ブランドとのコラボ商品が発売されたりと精力的に活動し続けているリサラーソンに今後も目が話せません。

リサラーソンさんは1970年大阪万博に来ていた!?

Nbavs7ork6meuzf19gyf
引用: https://www.instagram.com/p/BoDP6sjAvru/?tagged=%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%A1%94

リサラーソンさんは陶芸会社で勤務していた1970年に、大阪で開かれた万博に招かれたのだそうです。その時に見た日本の工芸品に大変感動されたそうで、その後の彼女のインスピレーションに大きく影響を与えたのだそうです。リサラーソンのユーモアあふれるおしゃれでかわいいアイテムと岡本太郎氏による「太陽の塔」は、どこか共通点があるような・・・ないような・・・!?!?

リサラーソンさんは畳に触れてから日本文化に興味を持った??

Oe49jxpczyxfdefvx4ju
引用: https://www.instagram.com/p/Bn-NBiTnRjM/?tagged=%E7%95%B3

スウェーデンはストックホルムにあるリサラーソンさんの自宅には日本由来の生活用品が多く揃えられているそうですが、はじめて日本の文化に触れたのは日本の和室でおなじみの「畳」だったとか。あの滑らかで柔らかい畳に大変感動されたそうです。最近の日本では畳は人気がないようですが、海外から見ると魅力あふれる素敵な日用品なのですね。

Lcdrvh8ko7gliicejcjr
引用: https://www.instagram.com/p/Bn54n0fHAzh/?tagged=%E7%94%9F%E3%81%91%E8%8A%B1

畳との出会いから日本文化や日本の日用品にハマったリサラーソンさん。自宅に生け花を生けることもあるのだとか。日本でリサラーソンが流行しているのは、日本文化が持つ美意識のような物を共有しているから、なのかもしれませんね。

25725975
引用: https://img02.shop-pro.jp/PA01099/569/product/25725975.jpg?20101228211536

赤いボーダーの猫が表紙の、ユーモアとインパクトが溢れすぎているこの絵本「BABY NUMBER BOOK」が2010年に発売され大ヒット。それからリサラーソンさんの名前とユーモアいっぱいのおしゃれでかわいいアイテムやグッズは世界中へと広がっていきます。

販売当時は不評だった・・・??

Gjlijbcrak3o3nlvl31j
引用: https://www.instagram.com/p/Bi3tiSYA5ko/?tagged=babynumberbook

一度見たら忘れることができないユーモア感あふれるシマシマ猫。発売当時は「この顔、怖いから子供受けしないんじゃないの?」と感じていた関係者も多くいたそうですが、結果は真逆。この猫の飄々とした顔がウケて、リサラーソンを象徴する作品の1つとして知られるようになったのです。

母娘のコラボ。スウェーデンと日本のコラボ。

Amhhs953a1a5ustzia9a
引用: https://www.instagram.com/p/BbtAO2iBquD/?tagged=babynumberbook

ちなみにこのユーモアあふれるおしゃれでかわいい絵本「BABY NUMBER BOOK」のイラストはリサラーソンさんご本人によって描かれました。そしてキャラクターデザインはリサラーソンさんの娘、ヨハンナさんが担当。さらに、書籍のデザインは株式会社トンカチの佐々木美香さんと勝木悠香理の、2人の日本人によって行われました。母と娘のコラボでもあり、スウェーデンと日本のコラボでもあるのです。

1/8