Dndk7antye08k3gbv0wo

雑貨

CATEGORY | 雑貨

シャーペン「デルガード」は芯が折れない?気になる機能と評価!

2018.10.01

「もう、折れない」で絶大な人気を誇るシャーペンデルガード。シャーペンを使う上で芯折れがゼロ!?と話題に。そんなデルガードの機能と利用者の評価を見ていきます。デルガードに上位モデルや限定モデルがあるので、そちらの種類もまとめて、気になるシャーペンの特徴を調査!

目次

  1. デルガードは本当に折れないシャーペンなのか?
  2. デルガードはこんな機能を持つシャーペン➀芯が折れない
  3. デルガードはこんな機能を持つシャーペン➁芯詰まり
  4. デルガードはシャーペンとしてどんな評価を受けているのか?
  5. デルガードにはこんなシリーズもある!
  6. シャーペンはデルガードでキマリ!
61oghosaljl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61oGhosalJL._SL1000_.jpg

皆さんはシャーペンを使う上で急いで板書をとると、つい手に力が入って芯が折れる。といった経験は一度はあるのではないでしょうか。特に、試験のような時間に制限があって、書き間違いが許されないシーンではストレスが溜まると思います。

7c6f39b2ea0164a63046806b454184d9
引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/6f/39/7c6f39b2ea0164a63046806b454184d9.jpg

そんな問題を解決してくれるのが芯が折れないと話題のゼブラのデルガード。本当に芯が折れないのか、今回はその機能と評価に迫りつつ、上位モデルや限定モデルなど他の種類についても見ていきます。

71jlz7yrqhl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Jlz7yrQHL._SL1000_.jpg

デルガードの特徴は「もう、折れない」といわれるぐらい芯折れに対応したシャーペンとなっています。では、なにがそれを支えているのか。これにはデルガードシステムと呼ばれる、次の2つの機能が関係しているのです。

デルガードシステム➀スプリング

シャーペンの内部にはスプリングが搭載してあり、垂直方向からの圧力を芯の上側に向けることで、芯折れを防いでくれます。

デルガードシステム➁カバー

シャーペンを使う上で折れやすい角度といえば、角度が斜めになった状態が多いと思われます。そんな斜め方向からの圧力に対しては、先端に施してある金属パーツが芯折れをカバーしてくれます。

6160ojy9d9l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6160oJy9D9L._SL1000_.jpg

時間がないときや急いでいるときに遭遇したくないのがシャーペンの芯詰まりですよね。発生する度に何度も分解して折れた芯を取り除く必要があるので、手間や時間がかかります。そんな問題にもデルガードが力を貸してくれるのです。

折れた芯が入り込む部分にスペーサーを入れることで、その空間を埋めて芯が入り込む余地をなくします。その結果、分解する度に直していた時間や手の汚れもカバーしてくれます。

91olxi%2bakll. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91olXI%2BaklL._SL1500_.jpg

デルガードの特徴を見てきましたが、ここでは、皆さんが気になるその評価について、アマゾンと楽天市場で購入した利用者の声をまとめましたので順に見ていきましょう。

シャーペンの芯が普通に使っててポキポキ折れなくなりました。 わざわざHとかの硬めの芯にしなくても大丈夫です

筆圧の強い私にとって、芯が折れにくいことによるストレスの軽減効果が非常に素晴らしいです。

芯が折れにくいことでシャーペンの芯を硬めのものに変えたり、芯折れが減ることでストレス軽減に繋がっているなど良い評価になっています。芯が折れないことでこのようなメリットを受けられるのは嬉しいですよね。

一方でこんな声もありました。

折れないと言われていますが、折れます 笑 それでも折れにくいのは確かです

あまり芯を出し過ぎると折れやすいので注意が必要です

デルガードのシャーペンには「もう、折れない」とありましたが、折れるみたいですね。ただ、折れにくいともいわれているので、耐久性は間違いなくあるといえるでしょう。そして、芯の出し過ぎの件については、芯が出ていない状態から、3回以内のノックであれば折れないといわれています。

1 / 2