O3e0rpetorzgipidlwg4

インテリア

CATEGORY | インテリア

ラグとカーペットの違いとは?絨毯のおすすめの選び方を解説!

2018.10.01

部屋のインテリアともなり、夏に涼し気な部屋を演出してくれるラグやカーペットや絨毯。その違いはどこにあるのだろうか。大きめのサイズから小さなものまで、違いを把握してラグ・カーペット・絨毯を選びたい!ラグ・カーペット・絨毯の違いや選び方、おすすめについてご紹介!

目次

  1. 小さなものから大きめサイズまで!ラグ・カーペット・絨毯の違いをチェック!
  2. 夏でも快適なおすすめのラグ・カーペット・絨毯!それぞれの違いをチェック
  3. 大きめサイズならさらに快適!カーペット類の違いその①:ラグとは
  4. 大きめサイズならさらに快適!カーペット類の違いその②:カーペットとは
  5. 大きめサイズならさらに快適!カーペット類の違いその③:絨毯とは
  6. 小さめから大きめサイズまで!夏にもい快適なラグ・カーペット・絨毯の素材とは?
  7. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い①:ウール
  8. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い②:ナイロン
  9. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い③:ポリエステル
  10. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い④:アクリル
  11. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い⑤:ポリプロピレン
  12. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い⑥:コットン
  13. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材と違い⑦:シルク
  14. 生地の選び方!ラグ・カーペット・絨毯に使われるおすすめ素材の違い⑧:リネン
  15. ラグ・カーペット・絨毯の選び方!敷物の使い方とは?
  16. 大きめサイズで夏も快適!ラグ・カーペット・絨毯の選び方①:インテリアにおけるメインパート
  17. 大きめサイズで夏も快適!ラグ・カーペット・絨毯の選び方②:実用性の高い使い方
  18. 大きめサイズで夏も快適!ラグ・カーペット・絨毯の選び方③:インテリアのアクセントとして
  19. 部屋のインテリアに!夏でも大きめサイズのラグ・カーペット・絨毯で快適に過ごそう!
81cwdfg4hfl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81CwDfG4hfL._SX355_.jpg

部屋の床に敷いて、おしゃれに部屋を飾ることもできるラグやカーペット、絨毯。これらのアイテムは、部屋のインテリアとしては欠かせない。床を保護する役割も果たしつつ、家族が生活する上でも、足元がやわらかくて部屋の中が居心地良くなる。サイズも大きめから小さいものまで様々で、夏でも快適に使えるものもある。

61feiqan1ql. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61fEIqan1QL._SY355_.jpg
Da57411 ind
引用: https://shop.r10s.jp/design-life/cabinet/yunyu3/da57411_ind.jpg

インテリアとしてもぜひ床に敷いておきたいラグやカーペット、絨毯。果たして、部屋にピッタリの適切なカーペットや絨毯などの選び方とはどんなものなのだろうか。また、ラグ・カーペット・絨毯それぞれの違いとはどんなところにあるのだろうか。これらの違いと、その選び方についてご紹介しよう!

関連記事

51rzm7jvtsl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rZm7jVTSL._SY355_.jpg

フローリングの床などの上に敷くラグやカーペットや絨毯。それぞれのアイテムはなんとなく想像はつくものの、その明確な違いについてよくわからない人も多いのではないだろうか。まずは、これらのラグやカーペット、絨毯の違いについてチェックしてみよう。それぞれの特徴を知っておけば、選ぶ際に便利だ。

817dguf35kl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/817dGUF35kL._SY355_.jpg

家具売り場などでよく見かけるラグ。ラグとは縦と横が200cm✕250cmほどの大きさよりも小さい敷物のことを指す。例えば、畳1.5畳程度の大きさであれば、ラグと呼ぶことができる。ラグはインテリアとしての要素が多分にあり、デザイン豊富で、おすすめのものならカラフルなものや、インテリアにマッチするアイテムがたくさんある。

81skq8r305l. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sKq8r305L._SY355_.jpg

まるで壁に飾る絵画のような一面もあるラグは、肌に触れる場面も多いので、その素材選びにも注意をはらいたい。最近では、防ダニ加工が施されているものも見受けられ、人気の高いアイテムと言っていいだろう。また、洗濯することができるラグだが、洗えば洗うほど防ダニ加工などは効果が落ちるので注意。

91ueeirjahl. sy355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91ueEiRJahL._SY355_.jpg

カーペットについては、ラグの既定値よりも大きい敷物のことを指す。繊維で作り上げた床材とも言う事ができるカーペットは、夏は涼しく、冬は温かい性質のものが多い。ラグよりも床材としての役割が強いカーペットだが、直接座ったり寝転んだりすれば、その快適性と柔らかさに、ぜひ床に敷いておきたくなる。

1 / 5