G4v35jfxmatq9rzcusz9

インテリア

CATEGORY | インテリア

おしゃれな絵をインテリアに。絵を部屋に飾るときに知りたいこと。

2018.10.06

絵をインテリアとして飾るのって非常におしゃれですよね。リビングをはじめとした部屋をおしゃれに彩ってくれるものになっていますが、果たして通販や店舗、どこで買うのが安いのでしょうか。今回は絵をインテリアとして飾る際の注意点などについて紹介していきます。

  1. はじめに:絵のある生活はなんだか優雅で神秘的。
  2. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】どこに飾るのが○?
  3. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】リビングに飾るのが多い?それは何故?
  4. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】”おしゃれな絵”よりも”おしゃれな配置”
  5. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】飾り方は2種類。”壁掛け”と”写真立て風”。
  6. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】統一感も考えるとインテリアレベルアップ!
  7. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】風水にも目を付けてみる。
  8. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】通販で買うと安い?メリットデメリットを紹介!
  9. 【どこで買う?どこに飾る?絵でおしゃれなインテリアに!】店舗で買うと通販よりも安い?デメリットは?
  10. まとめ:絵をインテリアとするのは非常におしゃれ!部屋の雰囲気に即したものを!
Article0002 1
引用: http://www.sekisuiinterior.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/article0002_1.jpg
1207 10
引用: https://tshop.r10s.jp/yusaigashop-art/cabinet/1200kara/1207-10.jpg?fitin=275:275
絵のある生活ってかなり憧れるものですし、おしゃれですよね。リビングをはじめとした部屋にインテリアとして飾るのにこれほど手軽なものはありませんし、今なら通販などでも購入できるのでより手軽さに拍車がかかっているイメージです。しかし値段の安さなどを考慮するとどこで買うかというのは結構悩みどころ、しかも素人目線では買った絵を一番映える場所に飾るってなかなか難しいものですよね。そう、手軽そうに見えて実は結構奥が深いのがインテリアにおける絵なので、今回は部屋、リビングに絵を飾ることについて注意点などを解説していきます。
C vol6 photo1
引用: https://www.tagboat.com/contents/lifestyle/images/c_vol6_photo1.jpg
Ih1kfcxotaie. ux970 ttw
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/S/aplus-seller-content-images-us-east-1/A1VC38T7YXB528/A351Q9YRQBL95F/B07BQ1P9N3/IH1KFCXOTaie._UX970_TTW_.jpg
ではまず、絵はどこに飾るのが一番映えるのか、という点について解説していきましょう。実はここに関しては明確な答えが出せません。何故なら【飾る絵の雰囲気、あなたの部屋の雰囲気によってどうとでも変わってくるから】です。絵には何かしらのテーマなどが決められたうえで描かれています。勿論そのテーマに即した部屋に飾るのが良いのですが、そんな見極め難しいですよね。基本的にはリビング、自分の部屋、書斎、ダイニングなどがおすすめ、というか基本的にどこに飾っても映えてくれるのが絵というものです。
65370 09
引用: https://image.rakuten.co.jp/zakka-elements/cabinet/item003/65370_09.jpg
Step03 img03
引用: https://www.idee-online.com/images/feature/artguide/step03_img03.jpg
さて、絵を飾るというときに第一に候補に挙がってくるのがリビングです。何故リビングに飾ることが多いのでしょうか。それは”ゆとり”です。家の部屋の中で一番大きい空間って大体リビングですよね。部屋が広いということは自ずと壁も広いということ、絵は手狭な壁に飾るというよりかは、広い壁にポツンと飾られているような、そんなゆとりをもった配置の方が映えてくれます。たくさん絵を飾ったとしても、必ず絵と絵の間は空け、壁が見えるように配置する、こうすると絵が存在感をもって生き生きとしてきます。
Renocolumn20160913
引用: https://www.h-plaza.co.jp/id/hplus/file/image/renocolumn/renocolumn20160913.jpg
Mig?src=http%3a%2f%2fimgcc.naver.jp%2fkaze%2fmission%2fuser%2f20170509%2f76%2f7383806%2f9%2f538x1200x4c0479a393296ca5198a1ed
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170509%2F76%2F7383806%2F9%2F538x1200x4c0479a393296ca5198a1ed.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
よく「高い絵はおしゃれだ!」といって購入する方がいらっしゃいます。勿論その行為自体は悪いことではないのですが、高い絵がいくらおしゃれだといっても、配置次第ではその絵の良さを腐らせてしまうことがあります。先程少し触れたように、絵はゆとりをもって配置すること、そして絵と絵の間隔を空けること、この2点はとにかく重視するようにしましょう。2枚目の画像のように隙間なく埋め尽くすのもアートに見えますが、照明の関係なども合致しないととてもじゃないですがおしゃれとは言えません。安い絵だっておしゃれに魅せることは簡単です。大事なのは配置であって、絵の値段の高い安いではないことを覚えておきましょう。
1 / 3