2018年10月01日 UPDATE

アップルウォッチはスポーツにも!ランニングなどを効率化しよう!

アップルウォッチはスポーツ用のガジェットとしても非常に便利。アップルウォッチにアプリをインストールしておけばスポーツデータの分析も役立ちます。。そこで、今回はアップルウォッチをスポーツに活用する方法をご紹介。ランニング用のバンドや防水ケースの比較もしました。

目次

  1. アップルウォッチをランニングなどのスポーツに活用してみよう
  2. アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:①プリアプリが使いやすい
  3. アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:②防水機能が搭載されている
  4. アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:③ちょっとした買い物もアップルペイで楽々
  5. アップルウォッチをスポーツに使うのにおすすめなアプリ
  6. アップルウォッチのバンドの比較
  7. スポーツ時に使えるおすすめアップルウォッチケース&バンド
  8. 【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】①フィット感抜群で柔らかい『COVERY スポーツバンド』
  9. 【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】②ライン入りデザインがおしゃれな『Kartice ソフトシリコンバンド』
  10. 【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】③ケースとバンドが一体型で便利な『UMTELE バンド&ケース』
  11. アップルウォッチのアプリはランニングやスポーツにも活用できる!

アップルウォッチをランニングなどのスポーツに活用してみよう

アップルウォッチはアイディア次第で様々に使うことができますが、中でも人気が高いのがスポーツのお供として使う方法。ランニングやサッカーなどのスポーツ時にアップルウォッチで心拍数や消費カロリーを計測すると、健康維持のためにも非常に役に立ちます。特にヘルスケア機能は、アップル社も力を入れているので、アップルウォッチを買ったらぜひスポーツに活用することをおすすめします。

アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:①プリアプリが使いやすい

シンプルで直感的に使える純正アプリ

Runners large
引用: https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-4/images/workout/runners_large.jpg
ここからはアップルウォッチがスポーツにおすすめな理由をご紹介していきます。まず1つ目は、「アップルウォッチのプリアプリが優秀」という点です。アップルウォッチには、あらかじめインストールされているプリアプリというものがありますが、このプリアプリの純正ワークアウトアプリが非常に優秀なのです。上記の画像を見ていただければわかるように、余計な装飾がなく見やすいのが特徴となっており、一目でどのくらい運動したか、どのくらいカロリーを消費したかなどを確認することができます。

iPhoneと同期することも可能

Connected large
引用: https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-4/images/workout/connected_large.jpg
純正ワークアウトアプリで集めたヘルスケアデータは、iPhoneと同期をすることも可能。アップルウォッチを持ってランニングをして、そのデータをiPhoneで分析する、なんて使い方も可能になります。

アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:②防水機能が搭載されている

シリーズ2からは生活防水に対応

アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由の2つ目が「防水機能が搭載されている」という点。シリーズ1のアップルウォッチは、軽い水滴や汗、シリーズ2以降は生活防水に対応しているため、ワークアウト時に壊れてしまう心配が少なくなっています。特にシリーズ2以降は、水泳などにも対応しているため、つけたままウォーターレジャーなどを楽しむことが可能となっています。

完全防水でない点には注意

Apple watch review 7 1
引用: https://www.itkaigai.com/imgs/2017/09/apple-watch-review-7-1.png
注意したいのが「完全な防水ではない」という点。水泳やサーフィン程度の水濡れならほとんど大丈夫ですが、ダイビングなど水深が深い場所での使用は公式ではおすすめされていません。水深が深くなるスポーツを行いたい時には、別途完全防水のケースなどを使用しましょう。

アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由:③ちょっとした買い物もアップルペイで楽々

アップルペイでランニング中の買い物も楽々

アップルウォッチがスポーツにおすすめな理由の3つ目が「アップルペイがちょっとした買い物に便利」という点。あらかじめクレジットカードを連携させておけば、iPhoneが無くてもアップルウォッチだけでお買い物をすることが可能。ランニングやジョギング時にちょっとコンビニで飲み物を買いたい、なんて時にもアップルウォッチがあればスマートにお会計を済ませることができます。

アップルペイで電車に乗ることもできる

また、アップルペイはスイカに対応しているのも嬉しいポイント。スイカを登録しておけば、そのまま電車に乗ることも可能なので、スポーツで遠出をする時にも役に立ちます。注意したいのが、スイカは「1端末に1つしか使えない」という点。iPhoneのスイカをアップルウォッチに転送すると、iPhone上のスイカは消えてしまうため、iPhoneでもアップルウォッチでもスイカを使いたいという方は、それぞれにスイカを発行しておくのがスマートでしょう。

アップルウォッチをスポーツに使うのにおすすめなアプリ

Nike Training Club

Xwlr0m qf9pgljbgv6nha3k yv 0ghwgjs1r wygy7sprn1ffcjmazjhze9iywb4hg=s180
引用: https://lh3.googleusercontent.com/xwLr0m_qF9pGLJbGv6NHA3K-YV_0GhwGjS1r-WYGy7SPRN1FFcjMaZJHZe9iyWb4hg=s180
ここからはアップルウォッチをスポーツに使うときにおすすめのアプリをご紹介していきます。まず最初にご紹介するのがこちらの『Nike Training Club』というアプリ。ナイキが公式でリリースしているアプリとなっており、純正ワークアウトアプリと違って、スポーツ仲間とSNSのように繋がれたり、おすすめのワークアウトメニューを提案してくれたりする機能が搭載されています。純正のアプリでは物足りないという方はぜひ試してみて下さいね。

Runtastic

O4lbgakaell3jdwq56nqz4bdhykgr7kfq2p8 2dgz4fv9tombcyejzhqluarpvt3rs4=s180
引用: https://lh3.googleusercontent.com/o4LBgaKAell3jdWQ56NQz4bdHYKGR7kfq2p8-2DgZ4fv9ToMbCyeJzHqLUArPvt3rS4=s180
こちらの『Runtastic』もランニング時などに使うことのできるワークアウトアプリです。このアプリの特徴は、詳細なデータ分析。消費カロリーや心拍数はもちろんのこと、シューズの交換時期や、走行中に失った水分量なども自動で計算してくれるため、より質の高いワークアウトを行うことができます。

アップルウォッチのバンドの比較

バンド比較:シリコンバンドが鉄板

41%2bltmmlril
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2BlTmmLRIL.jpg
アップルウォッチをスポーツに使うときに悩みがちなのが、「バンドの選び方」ではないでしょうか。基本的にスポーツでアップルウォッチを使いたい時には、上記のようなシリコンバンドが基本となります。シリコンバンドの特徴は、柔らかくフィット感に優れているという点。しっかりフィットしてくれるので、走行中などに落下しづらい構造となっています。また、シリコンは比較的汗に強く、汚れてもさっと拭き取るだけで清潔に保てるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

バンド比較:革バンドや金属バンドは劣化する可能性あり

61ppqf9fewl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61pPqF9fEwL._SL1000_.jpg
51orul3wxol
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51oRuL3wXoL.jpg
反対にスポーツに不向きなのが「革や金属製のバンド」。こちらは、シリコンバンドと比較すると汗などで劣化しやすく、比較的装着感も甘いことからスポーツ時には、なるべく避けるのがベターです。幸いアップルウォッチはバンドの付け替えが非常に簡単なので、シーンに合わせてバンドを使い分けてみましょう。

スポーツ時に使えるおすすめアップルウォッチケース&バンド

51sekxcwxpl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51sekXCWxpL._SL1500_.jpg
アップルウォッチをスポーツに使うときは、バンドやケースにもこだわりたいもの。優秀なバンドやケースは、アクティビティの質を底上げしてくれます。そこで以下ではアップルウォッチをスポーツ使用するときにおすすめなカバー&バンドをご紹介。自分好みにアップルウォッチをカスタマイズして楽しくスポーツに取り組みましょう。

【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】①フィット感抜群で柔らかい『COVERY スポーツバンド』

51iwte3zeal. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IWte3zeaL._SL1000_.jpg
COVERY コンパチブル apple watch バンド,スポーツバンド シリコン製柔らかい アップルウォッチバンド コンパチブルiWatch交換ベルト 耐衝撃 防汗 apple watch series 4/3/2/1に対応 (42mm,44mm,ブラック)
価格 ¥ 899
こちらの『COVERY スポーツバンド』は、シリコン素材を使った柔らかなアップルウォッチバンド。フィット感抜群で、肌触りが良いので、スポーツ時にストレスになりづらい構造となっています。

【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】②ライン入りデザインがおしゃれな『Kartice ソフトシリコンバンド』

614timyizyl. sl1054
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614tiMyizYL._SL1054_.jpg
Kartice Compatible Apple Watch Nike Apple Watch/Apple Watch Series 3/Apple Watch Series 2 バンド ソフトシリコンバンド スポーツバンド シリコンアダプター付き (42mm, ディープブルー+白)
価格 ¥ 899
こちらの『Kartice ソフトシリコンバンド』は、おしゃれなライン入りのシリコンバンド。シンプルになりがちなシリコンバンドにラインが加わることで、スタイリッシュさを演出することができます。

【スポーツ用アップルウォッチカバー&バンド】③ケースとバンドが一体型で便利な『UMTELE バンド&ケース』

61ufxn75hdl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ufXn75HdL._SL1000_.jpg
UMTELE Apple Watch バンド ケース アップルウォッチバンド スポーツバンド 交換ベルト 耐衝撃 防汗 apple watch series 3/2/1 シリコーン製ストラップ(42mm 黒&緑)
価格 ¥ 1,299
こちらの『UMTELE バンド&ケース』は、ケースとバンドが一体型になっているタイプのアイテム。ビビッドな配色は、スポーツウェアとの相性も良く、ケース一体型なので万が一落としてしまったときにも安心です。

アップルウォッチのアプリはランニングやスポーツにも活用できる!

以上、アップルウォッチのスポーツ活用やバンド比較をご紹介いたしました。防水であればアップルウォッチはスポーツウォッチとしても非常に優秀な一品。他社のスマートウォッチと比較しても便利さが際立ちますね。まだ使っていないという方は、ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnkczzCHWsR/?hl=ja&tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81