2018年10月01日 UPDATE

アップルウォッチのアップルペイの使い方!設定方法を解説【基本編】

アップルペイに対応しているアップルウォッチは設定するだけで会計できて便利。設定すればあとは使い方を覚えるだけ!今回はアップルウォッチのアップルペイの使い方や設定をご紹介。コンビニでのアップルウォッチのかざし方の他に心拍数や睡眠計測アプリの使い方も紹介します。

目次

  1. アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定をご紹介!
  2. 【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】①まずはアップルウォッチに設定してみよう
  3. 【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】②スイカもアップルペイに登録できる
  4. 【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】③アップルペイの基本的な使い方
  5. 【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】④アップルウォッチでアップルペイするときのかざし方は?
  6. 【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】⑤アップルウォッチでアップルペイを使うときの注意点
  7. アップルウォッチで使うのに便利なアプリもご紹介!
  8. アップルウォッチで使うのにおすすめなアプリ:①心拍数を自動で計測してくれる『HeartWatch』
  9. アップルウォッチで使うのにおすすめなアプリ:②睡眠の質を自動計測してくれる『AutoSleep』
  10. アップルウォッチのアップルペイを設定して使い方を知ろう!

アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定をご紹介!

様々な機能を持つアップルウォッチ。その中でも特に便利だと人気なのがアップルペイです。そんなアップルペイですが、使うためには設定が必要となります。そこで以下ではアップルペイの使い方や設定について徹底解説。かざし方のコツなどについてもお送りしていきます。これさえ見ればあなたも明日からは小銭いらずになること間違いなしです!

【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】①まずはアップルウォッチに設定してみよう

まずはiPhoneのご用意を

Iphoneximgl6552 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/iPhonexIMGL6552_TP_V.jpg
アップルウォッチにアップルペイを設定するためには、iPhoneが必要となります。最終的にアップルウォッチでアップルペイを使いたい時にもiPhoneが必要なのであらかじめ準備しておきましょう。iPhoneが準備できたら、iPhoneにプリインストールされている「ウォレット」というアプリを開きます。
Ios11 iphone7 wallet app default
引用: https://support.apple.com/library/content/dam/edam/applecare/images/ja_JP/applepay/ios11-iphone7-wallet-app-default.jpg
ウォレットアプリを開くと上記のような画面が表示されるので、カードを追加の項目をタップしてクレジットカードを登録しましょう。基本的には画面に案内が表示されるので迷うことはないと思います。 登録し終えたら、iPhoneでアップルペイを使うことができるようになります。

iPhoneに登録したらwatchアプリから設定

iPhoneにクレジットカードを登録したら、次にアップルウォッチと連携させていきます。 iPhoneでアップルウォッチアプリを開き、マイウォッチタブを表示させ、「Wallet と Apple Pay」という項目を選びましょう。そうすると先ほどiPhoneに登録したクレジットカードが表示されるので、追加をタップ。あとは画面の案内に従いながらセキュリティコードを入力すれば完了です。

【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】②スイカもアップルペイに登録できる

コンビニで使える便利な交通マネーのスイカもアップルペイに設定することができる

コンビニなどでも使える便利な交通マネーの「スイカ」もアップルペイに登録することができます。スイカを登録しておけば、改札の通過も非常にスマートにできるのが嬉しいところ。基本的には先ほどご紹介したクレジットカードの追加手順と同様に設定することができます。

アップルペイにスイカを設定するときの注意点

スイカをアップルウォッチに追加するときには注意点があります。それは「スイカはどちらか一つの端末でしか使えない」ということ。簡単に言うと、iPhoneに登録していたスイカは、アップルウォッチに転送してしまうと端末から消えてしまうのです。もちろん転送しなおすこともできますが、iPhoneでもアップルウォッチでもスイカを使いたいというときには、あらかじめ2枚発行しておくのが賢明と言えるでしょう。

【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】③アップルペイの基本的な使い方

使い方は簡単!アップルウォッチのサイドボタンをダブルクリックするだけ

アップルウォッチでのアップルペイの使い方ですが、基本動作は「アップルウォッチのサイドボタンを2回クリックする」だけ。これだけで、自動でアップルペイが立ち上がってお会計に使うことができます。サイドボタンを2回クリックすると登録しているクレジットカードが一覧で表示されるので適宜スライドして使うようにしましょう。

アップルウォッチだけでコンビニなどで支払いが可能

アップルウォッチにクレジットカードを連携させておけば、近くにiPhoneがなくてもコンビニなどで会計することが可能。ランニングなど、アクティビティ中にiPhoneをいちいち持ち歩かなくてもスマートに支払いを済ませることができます。

【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】④アップルウォッチでアップルペイするときのかざし方は?

改札では意外とアバウトなかざし方でもOK

アップルウォッチでアップルペイを使うときに気になるのがその「かざし方」。どの程度しっかりかざせばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんなアップルウォッチのかざし方ですが、「改札では割とアバウトにかざしても大丈夫」との声が多数聞かれます。というのも、改札のカードリーダーは人の流れを止めないようにする設計になっており、カードを読み取る性能が非常に高いため。アップルウォッチの画面側をかざさなくても、反応してくれることが多いようです。

コンビニではしっかりめのかざし方で

一方コンビニなどのカードリーダーは店舗にもよりますが、改札ほどは反応が良くないことが多いようです。そのため、コンビニでのかざし方は「画面をしっかりリーダーにかざす」ということをおすすめします。

【アップルウォッチでのアップルペイの使い方や設定】⑤アップルウォッチでアップルペイを使うときの注意点

パスコードの設定で機能が解除される時がある

アップルウォッチでアップルペイを使うときにはいくつか注意点があります。その中でも最も気を付けたいのが、「アップルウォッチのパスコードの設定」です。アップルウォッチでは、1日の最初にパスコードを入力するように求められますが、この設定はアップルウォッチの「設定」項目からオフにすることもできます。しかし、アップルウォッチのパスコード入力をオフに設定しなおすと、入力されているアップルペイのデータがすべて消失してしまうのです。画面上に警告も表示されますが、パスコードの設定をオフにするときには十分注意するようにしましょう。

バッテリーが切れると使えない

アップルウォッチはバッテリーによって動いているため、バッテリーが切れるとその機能も同時に停止します。そうすると、当然ながら登録しているアップルペイは使えなくなるので要注意。改札やコンビニなどで焦らないためにも、バッテリー残量には常に気を配るようにしましょう。

アップルウォッチで使うのに便利なアプリもご紹介!

アップルウォッチは、アップルペイだけでなくアプリをインストールすることで様々な使い方をすることができます。以下ではおすすめのアプリを厳選して2種類ご紹介。心拍数計測アプリと睡眠計測アプリについてまとめました。

アップルウォッチで使うのにおすすめなアプリ:①心拍数を自動で計測してくれる『HeartWatch』

つけているだけで心拍数を自動計測するアプリ

Hw3compalertspulse
引用: http://heartwatch.tantsissa.com/_/rsrc/1473655951961/heartwatch3/HW3CompAlertsPulse.jpg
こちらの『HeartWatch』は、つけているだけで心拍数を自動で計測してくれるアプリです。ヘルスケアというプリインストールアプリでも心拍数は計測できますが、このアプリはわかりやすく心拍数を可視化してくれるのが特徴。グラフにして1日の中の心拍数の変化を見やすく表示してくれます。

アップルウォッチで使うのにおすすめなアプリ:②睡眠の質を自動計測してくれる『AutoSleep』

睡眠を計測して良質な睡眠をサポートするアプリ

Resize?key=fd92ebbc52fc43fb98f69e50e7893c13&url=http%3a%2f%2fautosleep.tantsissa.com%2f %2frsrc%2f1477370392226%2fhome%2fautosleepsplashweb
引用: https://i-cdn.embed.ly/1/display/resize?key=fd92ebbc52fc43fb98f69e50e7893c13&url=http%3A%2F%2Fautosleep.tantsissa.com%2F_%2Frsrc%2F1477370392226%2Fhome%2FAutoSleepSplashWeb.jpg&width=175
こちらの『AutoSleep』は、睡眠時間や睡眠効率を計測してくれる便利なアプリ。アップルウォッチをつけたまま眠るだけで自動で睡眠の質を計測してくるため、余計な手間がかからないのが特徴です。

睡眠の深度や時間を一目で確認できる

計測した睡眠データは、上記のようにグラフにして可視化できるのが嬉しいところ。睡眠の深さや、目覚めた時間、平均の心拍数なども計測してくれるため、日ごろの健康維持に役に立ちます。

アップルウォッチのアップルペイを設定して使い方を知ろう!

以上、アップルウォッチでのアップルペイの使い方やおすすめのアプリをご紹介いたしました。アップルペイをアップルウォッチに登録しておくと、あとはかざし方も簡単。手首をかざすだけで簡単に会計できるので非常におすすめです。アップルウォッチの目玉機能ともいえるアップルペイをぜひ使いこなしてみてくださいね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BQg4uVWD2k3/?hl=ja&tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%82%A4