Sfrrjxx08oqqsswnwdkk

Tシャツ

CATEGORY | カテゴリー

ポリエステルの毛玉がイヤ!防止策やブラシでの毛玉の取り方を紹介!

2018.09.29

ポリエステル素材のTシャツなどの洋服などは気づいたら毛玉ができていることがありますよね。ポリエステルは毛玉ができやすい素材でもあるのですが、防止法やブラシなどでの毛玉の取り方のポイントが存在しますので、今回はポリエステルの毛玉についてご紹介したいと思います。

目次

  1. ポリエステル素材の服でも毛玉に悩む人は多い!
  2. ポリエステル素材を含め毛玉ができる原因とは?
  3. 毛玉ができやすいポリエステル素材の予防法・防止策は?
  4. 毛玉ができやすいポリエステル素材の予防法・防止策① 1日着たら休ませる
  5. 毛玉ができやすいポリエステル素材の予防法・防止策② ブラシで毛並みを整える
  6. 毛玉ができやすいポリエステル素材の予防法・防止策③ 摩擦が起きにくいようにする
  7. 毛玉ができやすいポリエステル素材の予防法・防止策④ 人混みが多いところを避ける
  8. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方は?
  9. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方① カミソリ
  10. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方② 台所スポンジ
  11. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方③ 小型ハサミ
  12. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方④ 毛玉取り器
  13. ポリエステル素材の洋服に毛玉ができてしまった場合の取り方⑤ 毛玉取りブラシ
  14. 【まとめ】ポリエステルでも毛玉をしっかり取っておしゃれに!
6196075.1.5bc9075595d408710c6782334b7e4cac
引用: http://39lec.com/wp-content/uploads/2018/05/6196075.1.5bc9075595d408710c6782334b7e4cac.jpg

皆さんはポリエステル素材の毛玉で悩んだことがありませんか?毛玉と言えば洋服で気がついたらできてしまうことが多いのですが、毛玉が付いているとせっかくのおしゃれも台無しになってしまいやすいです。今回はそのようなおしゃれをしっかりと維持してくれるポリエステル素材の毛玉の取り方についてや防止策についてご紹介していきたいと思います。

O0500037513237417752
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20150307/02/styledeli/97/d7/j/o0500037513237417752.jpg?caw=800

毛玉と言えばコットン素材・ウール素材が特にできやすいのですが、ポリエステル素材でもできる場合があります。このポリエステル素材の毛玉でも悩むことが多いのですが、毛玉ができる原因はやはり「摩擦」が原因となっています。摩擦によって静電気も発生し、素材同士が絡み合って毛玉となります。そのため摩擦に起きないようにするのが好ましいです。

やはり冬の時期が毛玉ができやすい!

300x300s ffffffff?key=56395f1dea29410c7c3f1decc6124b15a1e5b3aa5a9833c03daa59792ead63df
引用: https://img.cdn.nimg.jp/s/niconews/articles/images/2518966/2221142l.jpg/300x300s_FFFFFFFF?key=56395f1dea29410c7c3f1decc6124b15a1e5b3aa5a9833c03daa59792ead63df

ポリエステルでも毛玉ができやすいとご紹介しましたが、やはり毛玉ができやすい時期は冬です。冬はやはりウールやコットン素材・ポリエステル素材の服を着ることが多いですよね。さらに、乾燥した空気であると共に、寒いので重ね着をすることが多く、静電気も発生しやすいためです。そのため、冬の時期はやはり毛玉ができないように注意しましょう。

コットンとポリエステル混合は特にできやすい!

500363838.5
引用: https://im7-a.mbokimg.dena.ne.jp/2/7/838/500363838.5.jpg

最近はTシャツでもポリエステル素材のものが多くなっていますよね。着やすい点やストレッチ性・耐久性を高めるためにも上記の画像のようにポリエステルとコットンの混合が多くなっています。このようなTシャツでも毛玉ができてしまうことが多いので、Tシャツの場合も注意しましょう。もちろんTシャツ以外にも上着などで毛玉できる場合も多いので、Tシャツと合わせて注意しましょう。

関連記事

1/7