Zdp4y5iktkvmavo37yem

CATEGORY | 車

ダイハツウェイクのカスタムアイデア!広々室内が車中泊にぴったり!

2018.10.03

新車のダイハツ ウェイクはカスタムをすることで、自分好みのダイハツ ウェイクにすることができます。おすすめのパーツやカスタムの方法を画像付きで紹介したり、燃費や車中泊を快適にするための方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

  1. 新車のダイハツ ウェイクのおすすめのカスタム方法を画像付きで紹介!
  2. 新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムについて画像付きで紹介
  3. 新車のダイハツ ウェイクのカスタムの基本がローダウンが基本【画像有】
  4. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法① ダウンサス
  5. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法② 車高調
  6. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法③ エアサス
  7. 新車のダイハツ ウェイクをローダウンカスタムするときは方法は用途などに合わせる
  8. 新車のダイハツ カスタムはアルミホイールをカスタムすることで見た目を大幅に変えられる
  9. 新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムの王道がエアロパーツ【画像有】
  10. 新車のダイハツ ウェイクの排気系のカスタムの定番がマフラー【画像有】
  11. 新車のダイハツ ウェイクの内装のカスタムのポイントを紹介
  12. 新車のダイハツ ウェイクはパネル部分をカスタムすることで自分らしさを出せる【画像有】
  13. ダイハツ ウェイクはシートカバーを装着して自分好みの空間にカスタムできる
  14. ダイハツ ウェイクは燃費が悪いことに注意が必要
  15. ダイハツ ウェイクで車中泊をするのにおすすめのオプションを紹介【画像有】
  16. ダイハツ ウェイクはカスタムをすることでより自分好みのウェイクにすることができる!
220617
引用: https://cvimg01cv.c.yimg.jp/cvmaterials/modelimages/gallery/8/220617.jpg
20141126 20102288 carview 000 6 view
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20141126-20102288-carview-000-6-view.jpg

新車のダイハツ ウェイクは荷室を広く使うことができて、使い勝手にも優れている軽自動車として幅広い世代に人気があります。そのウェイクはカスタムベースとして使うのにも人気が高い軽自動車です。ここではウェイクのカスタムのことについて画像付きで紹介をしますので、カスタムの参考にしてみてください。

70063003653016101500100
引用: https://picture1.goo-net.com/7006300365/30161015/J/70063003653016101500100.jpg

ウェイクは四角く角ばっているフォルムになっています。そのウェイクのカスタムポイントを紹介していきます。

Bjzmdqcaa
引用: https://www.taiyakan.co.jp/shop/uploads/BjzmdQCAA

自動車をカスタムするときにもっとも基本になるのがローダウンになっています。ローダウンは車高を下げることを言うのですが、ローダウンをするための方法は大きく分けると、ダウンサスと車高調とエアサスの3つの方法がありますので、なのでその3つの方法を紹介していきます。

Stech products
引用: http://mst24.com/wp/wp-content/uploads/2013/01/stech_products.jpg

いくつかあるローダウンをすうための方法で、もっとも手軽にローダウンを楽しむことができるのがダウンサスです。ダウンサスというのは純正のスプリングをダウンサスに交換をするだけで車高を下がることがきますし、価格も安めになっていることから、カスタムの初心者にもおすすめをすることができる方法となっています。

しかしメーカーが定めているダウン量しか車高を下げることができないので、装着をするときにはそれぞれのメーカーのダウン量はちゃんと調べる必要があります。

Column 172 01
引用: https://www.diylabo.jp/images/column-172-01.jpg

車高調とは純正のサスペンションをそっくりと交換をすることで、ローダウンをする方法のことです。車高調の場合はメーカーの推奨範囲内なのであれば自由に車高の高さを調整することができますし、自動車の乗り心地も調整をすることができます。なので固めや柔らかめなどを調整することができるのもメリットとなっていますが、ダウンサスと比較をすると、パーツの価格であったり取り付けの工賃も高くなってしまうことに気をつけなければいけません。

96f0730800a82cc31fb3330efe9e06aa
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/05/96f0730800a82cc31fb3330efe9e06aa.jpg

エアサスとは通常がバネのところがエアバックになっているところに、エアバックに空気が入ることにより車高が上がって、その反対に空気を抜いてしまうことで車高が下がるという仕組みとなっています。エアサスはカスタムの上級者向けとなっていて、イベントに出るようなオーナーの多くに使われている方法になっています。

1 / 4