2018年10月03日 UPDATE

ダイハツウェイクのカスタムアイデア!広々室内が車中泊にぴったり!

新車のダイハツ ウェイクはカスタムをすることで、自分好みのダイハツ ウェイクにすることができます。おすすめのパーツやカスタムの方法を画像付きで紹介したり、燃費や車中泊を快適にするための方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

  1. 新車のダイハツ ウェイクのおすすめのカスタム方法を画像付きで紹介!
  2. 新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムについて画像付きで紹介
  3. 新車のダイハツ ウェイクのカスタムの基本がローダウンが基本【画像有】
  4. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法① ダウンサス
  5. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法② 車高調
  6. ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法③ エアサス
  7. 新車のダイハツ ウェイクをローダウンカスタムするときは方法は用途などに合わせる
  8. 新車のダイハツ カスタムはアルミホイールをカスタムすることで見た目を大幅に変えられる
  9. 新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムの王道がエアロパーツ【画像有】
  10. 新車のダイハツ ウェイクの排気系のカスタムの定番がマフラー【画像有】
  11. 新車のダイハツ ウェイクの内装のカスタムのポイントを紹介
  12. 新車のダイハツ ウェイクはパネル部分をカスタムすることで自分らしさを出せる【画像有】
  13. ダイハツ ウェイクはシートカバーを装着して自分好みの空間にカスタムできる
  14. ダイハツ ウェイクは燃費が悪いことに注意が必要
  15. ダイハツ ウェイクで車中泊をするのにおすすめのオプションを紹介【画像有】
  16. ダイハツ ウェイクはカスタムをすることでより自分好みのウェイクにすることができる!

新車のダイハツ ウェイクのおすすめのカスタム方法を画像付きで紹介!

220617
引用: https://cvimg01cv.c.yimg.jp/cvmaterials/modelimages/gallery/8/220617.jpg
20141126 20102288 carview 000 6 view
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20141126-20102288-carview-000-6-view.jpg
新車のダイハツ ウェイクは荷室を広く使うことができて、使い勝手にも優れている軽自動車として幅広い世代に人気があります。そのウェイクはカスタムベースとして使うのにも人気が高い軽自動車です。ここではウェイクのカスタムのことについて画像付きで紹介をしますので、カスタムの参考にしてみてください。

新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムについて画像付きで紹介

70063003653016101500100
引用: https://picture1.goo-net.com/7006300365/30161015/J/70063003653016101500100.jpg
ウェイクは四角く角ばっているフォルムになっています。そのウェイクのカスタムポイントを紹介していきます。

新車のダイハツ ウェイクのカスタムの基本がローダウンが基本【画像有】

Bjzmdqcaa
引用: https://www.taiyakan.co.jp/shop/uploads/BjzmdQCAA
自動車をカスタムするときにもっとも基本になるのがローダウンになっています。ローダウンは車高を下げることを言うのですが、ローダウンをするための方法は大きく分けると、ダウンサスと車高調とエアサスの3つの方法がありますので、なのでその3つの方法を紹介していきます。

ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法① ダウンサス

Stech products
引用: http://mst24.com/wp/wp-content/uploads/2013/01/stech_products.jpg
いくつかあるローダウンをすうための方法で、もっとも手軽にローダウンを楽しむことができるのがダウンサスです。ダウンサスというのは純正のスプリングをダウンサスに交換をするだけで車高を下がることがきますし、価格も安めになっていることから、カスタムの初心者にもおすすめをすることができる方法となっています。
しかしメーカーが定めているダウン量しか車高を下げることができないので、装着をするときにはそれぞれのメーカーのダウン量はちゃんと調べる必要があります。

ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法② 車高調

Column 172 01
引用: https://www.diylabo.jp/images/column-172-01.jpg
車高調とは純正のサスペンションをそっくりと交換をすることで、ローダウンをする方法のことです。車高調の場合はメーカーの推奨範囲内なのであれば自由に車高の高さを調整することができますし、自動車の乗り心地も調整をすることができます。なので固めや柔らかめなどを調整することができるのもメリットとなっていますが、ダウンサスと比較をすると、パーツの価格であったり取り付けの工賃も高くなってしまうことに気をつけなければいけません。

ダイハツ ウェイクをローダウンカスタムする方法③ エアサス

96f0730800a82cc31fb3330efe9e06aa
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/05/96f0730800a82cc31fb3330efe9e06aa.jpg
エアサスとは通常がバネのところがエアバックになっているところに、エアバックに空気が入ることにより車高が上がって、その反対に空気を抜いてしまうことで車高が下がるという仕組みとなっています。エアサスはカスタムの上級者向けとなっていて、イベントに出るようなオーナーの多くに使われている方法になっています。
エアサスの魅力は瞬時に車高を上げたり下げたりすることができるので、走行をしているときに意外な段差があったようなときにも、スイッチ一つで車高を上げることで段差を回避することができることです。しかしエアサスキットは値段がとても高いことから、手軽に導入をすることができる方法にはなっていません。

新車のダイハツ ウェイクをローダウンカスタムするときは方法は用途などに合わせる

Img 4847 thumb 450x337 339311
引用: http://www.craft-web.co.jp/blog/suzuka/assets_c/2016/04/IMG_4847-thumb-450x337-339311.jpg
ローダウンパーツによって価格であったり性能も違ってくることから、ウェイクのオーナーそれぞれの使用条件であったり用途に合わせて、ローダウンの方法を選ぶ必要があります。ローダウンを上手く行うことでより魅力的で自分好みのウェイクにすることができます。

関連記事

新車のダイハツ カスタムはアルミホイールをカスタムすることで見た目を大幅に変えられる

180607
引用: https://image.cargeek.jp/item/image/normal/180607.jpg?time=1446600150
ローダウンをしたら次にカスタムをしたいところがアルミホイールです。ウェイクはアルミホイールを変えるだけでも見た目を大幅に変えることができます。ウェイクをカスタムをするのに適合するアルミホイールは4本で数万円から数十万円とかなりの違いがあります。アルミホイールは購入をする前に、適合の確認を忘れずにする必要があります。

新車のダイハツ ウェイクの外装のカスタムの王道がエアロパーツ【画像有】

180612
引用: https://image.cargeek.jp/item/image/normal/180612.jpg?time=1446600202
外装をカスタムするときの王道なのがエアロパーツです。エアロパーツは大きく分けるとハーフタイプとフルバンパータイプがあり、フルバンパータイプはウェイクの雰囲気を大きく変えることができます。ウェイクのエアロパーツは色々なデザインのエアロパーツがあるので、他の人とは違うウェイクにカスタムをしたいのであれば、エアロパーツを装着するのがおすすめです。

新車のダイハツ ウェイクの排気系のカスタムの定番がマフラー【画像有】

180620
引用: https://image.cargeek.jp/item/image/normal/180620.jpg?time=1446600255
排気系でのカスタムの定番なのがマフラーです。純正のマフラーに飽きてしまったときにも、マフラーをカスタムすることでウェイクに乗るときの気分を一新することができるかもしれません。マフラーを購入するときにはリアバンパーにマフラーが当たったりしないのかなどを、しっかりと確認をしなければいけないので、購入をする前には絶対にマフラーメーカーに相談であったり確認などをする必要があります。

新車のダイハツ ウェイクの内装のカスタムのポイントを紹介

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af%e5%85%88%e4%bb%a3%e7%94%bb%e5%83%8f0153
引用: https://k-sokuhou.com/wp-content/uploads/2016/07/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E5%85%88%E4%BB%A3%E7%94%BB%E5%83%8F0153.jpg
快適で自分好みの車内空間を作るために重要なのが内装カスタムです。ウェイクは内装カスタムパーツも多くあるので、内装のカスタムをするためのポイントを紹介していきます。

新車のダイハツ ウェイクはパネル部分をカスタムすることで自分らしさを出せる【画像有】

Wake 2014 11 013
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/autoparts-kurubu/cabinet/daihatsu/wake_2014_11-013.jpg
ウェイクをカスタムして自分らしさを出したいときに、こだわってカスタムをするのがパネル部分になっています。カスタムをすることがで、シックな雰囲気を出せる黒パネルやシルバーであったり、木目調や黒木目調などの多くのデザインにカスタムをすることができます。自分のこだわりを出すためにウェイクをカスタムしてみたいけど、ウェイクらしさはそのまま残したいのであれば、まずはパネルをカスタムしてみるのがおすすめです。

ダイハツ ウェイクはシートカバーを装着して自分好みの空間にカスタムできる

3e07118bc6
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/storage/1540629/plus/3e07118bc6.jpg
インテリアパネルの次にカスタムをしたいのがシートです。ウェイクの純正シートの被せることをするだけのシートカバーは多くの色やデザインが販売されていますので、自分好みのシートカバーをきっと見つけることができますので、気に入ったシートカバーを装着して自分好みのウェイクの空間を作りましょう。注意点としてはDIYでシートカバーを取り付けるのは、力が必要なので2人以上で作業をするのがおすすめです。

関連記事

ダイハツ ウェイクは燃費が悪いことに注意が必要

20170824135438
引用: https://www.cblink.jp/admin/application/niconori/carimage/37/main/20170824135438.jpg
063 o
引用: https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/image/images/1962759/063_o.jpg
カスタムをするのに人気が高いウェイクですが、燃費が悪いことには注意が必要です。燃費が悪い理由としては大きいことから車重が重いことです。車重はグレードによって少しかわりますが、およそ1トンとなっています。ミニバンと比較をしたときは燃費はいいですが、軽自動車と比較をすると燃費が悪いので、燃費を気にするのであればウェイクはおすすめすることは難しくなりますので、ウェイクの購入を検討するときには燃費のことも考慮する必要があります。

ダイハツ ウェイクで車中泊をするのにおすすめのオプションを紹介【画像有】

137a8a2b23c58c37a118e1ad75abeee6 728x485
引用: http://recharge-house.com/wp-content/uploads/2017/07/137a8a2b23c58c37a118e1ad75abeee6-728x485.jpg
8b6c2142d3096612ba6296bd236e6433
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2016/09/8b6c2142d3096612ba6296bd236e6433.jpg
ウェイクで快適に車中泊をするためには、2つのオプションが必要です。まず上下2段調節式デッキボードです。これはGグレードのみ標準装備となっています。寝るときに荷室のスペースも使用するために必要なボードとなっています。なので車中泊を快適にするためにはGグレード以外ではオプションでレジャーベースパックを注文する必要があります。
運転席シートリフターも車中泊をするときには重要です。これは運転席の高さを調整して、シートアレンジ時に後席との高低差を減らすことができる機能となっています。車中泊をするのに便利なこの機能はどのグレードにも標準装備はされてないので、車中泊をしたいならドライビングサポートパックというオプションを忘れないで注文をする必要があります。

ダイハツ ウェイクはカスタムをすることでより自分好みのウェイクにすることができる!

20141126 20102288 carview 003 6 view
引用: https://amd.c.yimg.jp/amd/20141126-20102288-carview-003-6-view.jpg
P1020825
引用: https://autoprove.net/cms/wp-content/uploads/2014/12/P1020825.jpg
新車のダイハツ ウェイクはカスタムをすることで、より自分好みのウェイクにすることができます。ウェイクは様々なカスタムをすることができます。カスタムをするのにもっとも大事なことは楽しんでカスタムをすることなので、無理をしない範囲で自分好みのウェイクにしましょう!