Rhbhpzdsfbackr9getgv

インテリア

CATEGORY | インテリア

ボタニカルアートとは?歴史や有名アーティスト、描き方を徹底解説!

2018.10.02

ボタニカルアートとは写実的な植物画。ボタニカルアートの歴史は長く、多くの有名アーティストの作品はインテリアとしても魅力的です。ボタニカルアートとは何か、魅力を歴史や有名アーティストから紐解きます。また描き方を学びたい人向けに東京都内の教室やレッスン本も紹介!

  1. ボタニカルアートの知識~まずは歴史や有名アーティストを知ろう
  2. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~そのはじまり
  3. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~ヨーロッパでの広がり
  4. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~世界への広がり
  5. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~アーティストとパトロン
  6. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~科学の発展による影響
  7. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~フランスでの発展
  8. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~イギリスでの発展
  9. ボタニカルアートとは?その歴史を振り返る~日本での発展
  10. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~ルドゥテ
  11. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~エーレト
  12. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~フィッチ
  13. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~スミス
  14. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~ブラックウェル
  15. インテリアにもおしゃれ!ボタニカルアート界の有名アーティストをご紹介~関根雲停
  16. ボタニカルアートの描き方を学びたい!!~絵画教室のすすめ<東京編>
  17. ボタニカルアートの描き方を学びたい!!~通信教育のすすめ
  18. ボタニカルアートの描き方を学びたい!!~レッスン本のすすめ
  19. ボタニカルアートで豊かな心を…
Page 12 02
引用: http://www.arch-img.co.jp/wp-content/themes/temp01_05/images/under/page_12_02.png
ボタニカルアートとは、背景や花瓶などを描かず、植物だけを描く絵です。そのはじまりは何だったのか、そしてどんなアーティストたちがこの世界を切り開いていったのでしょうか。まずはボタニカルアートの歴史から振り返ってみましょう。

関連記事

Mig?src=http%3a%2f%2flivedoor.blogimg.jp%2fcordthree cosmorama%2fimgs%2fb%2fb%2fbb6a07d1
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Flivedoor.blogimg.jp%2Fcordthree_cosmorama%2Fimgs%2Fb%2Fb%2Fbb6a07d1.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
ボタニカル(botanical)とは、「植物の」という意味です。ファッションの世界でも、ボタニカルファッションと呼ばれる、植物をデザインした服を目にするようになりました。そして、アートの世界でも、ボタニカルアートの人気が高まり、インテリアにも重宝されていますね。
S n scan0007
引用: https://www.karakusamon.com/2016k/20160807k/s-n-SCAN0007.jpg
このボタニカルアート、もともとは古代エジプトや中国で、薬草を見分けるための図譜が起源といわれています。近代医学が発達する以前は、、薬イコール植物。薬物の研究には、植物をちゃんと見分ける必要がありました。そこで役立ったのが、細密で詳細な植物図です。
64
引用: https://sumau.com/2016/wp-content/uploads/sites/3/2016/02/64.jpg
15世紀になると、活字印刷の発明により、書物がヨーロッパ中に広がるようになります。植物図についても、ルネサンス期に見られる、自然をありのままにみつめようとする精神の高まりにより、どんどん細密度を増していきました。このころには、研究としてだけでなく、純粋に美術の主題としても、植物が描かれていくようになり、ボタニカルアートがヨーロッパで広がり始めます。
33
引用: https://sumau.com/2016/wp-content/uploads/sites/3/2016/02/33.jpg
16世紀にかけての大航海時代には、世界の各地から続々と新しい植物がヨーロッパにやってきました。ヨーロッパでは未知の世界とされていた、こうした各所からの見慣れない植物は、人々に大きな驚きと関心を与えることになります。
20151201 msf 0106 sub 02
引用: http://www.yumeori.net/cms/photo/item/20151201_MSF_0106_sub_02.jpg
それまで薬草としての植物だったものは、17世紀以降、見て楽しむ鑑賞としての対象となり、王侯貴族や大商人といった富裕層の間で、趣味として定着していきます。ヨーロッパの貴族文化の時代、彼らはパトロンとなり、文化の担い手であるボタニカルアートのアーティストたちの保護と育成を行ってきたことで、文化はさらに発展していきます。
1 / 4