2018年09月11日 UPDATE

ジャズサックスおすすめプレイヤー!【テナー・アルト、男性・女性】

ジャズサックスの演奏に魅了された人も多いのではないでしょうか?ジャズサックスのカッコよさは聞いていると一度は自分もこんな演奏してみたいと思うものです。今回はジャズサックス奏者のおすすめを男性・女性そしてアルト奏者テナー奏者をご紹介していきます。

目次

  1. ジャズといえばサックス!ジャズサックスの魅力に迫る!
  2. おすすめのジャズサックスプレイヤー①チャーリーパーカー【アルト・男性】
  3. おすすめのジャズサックスプレイヤー:チャーリーパーカーの代表曲
  4. おすすめのジャズサックスプレイヤー② John Coltrane(ジョン・コルトレーン)【テナー・男性】
  5. おすすめのジャズサックスプレイヤー:コルトレーンの代表曲
  6. おすすめのジャズサックスプレイヤー③Johnny Griffin【テナー・男性】
  7. おすすめのジャズサックスプレイヤー④キャンディ・ダルファー【アルト・テナー・女性】
  8. おすすめのジャズサックスプレイヤー⑤小林香織【テナー・女性】
  9. おすすめのジャズサックスプレイヤー⑥ミンディ・エイベア【アルト・女性】
  10. おすすめのジャズサックスプレイヤー!【男性・女性・アルト・テナー】:まとめ

ジャズといえばサックス!ジャズサックスの魅力に迫る!

4165354340 2ce49fff5b z
引用: http://egakki.com/sax_nayami/wp-content/uploads/2012/06/4165354340_2ce49fff5b_z.jpg
ジャズミュージックで欠かせない楽器がやはりサックスですよね。サックスを綺麗にカッコ良く演奏している姿をみると心を奪われてしまいます。初心者の人からしたら、どのプレイヤーもとても上手に聞こえますが、ジャズサックス界でも伝説級の奏者など有名なプレイヤーが多く存在します。ソロパートの多いジャズサックスですから、実はプレイヤーによって全く演奏が違うのです。今回はそんな有名なジャズサックスプレイヤーをご紹介していきたいとおもいます。
Sax jazz
引用: https://www.yamahamusic.jp/library/oc/inst/sax-jazz.jpg
ジャズサックスには7種類ほどあります。ソプラノ アルト テナー バリトンサックスなどがありますが、ここではアルトとテナーのサックスプレイヤーをご紹介していきたいとおもいます。

おすすめのジャズサックスプレイヤー①チャーリーパーカー【アルト・男性】

Ucci 1040 fon extralarge
引用: https://content-jp.umgi.net/products/uc/UCCI-1040_fon_extralarge.jpg?16062017011616
それではここからどんどん有名なジャズサックス奏者をご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは男性のアルトサックス奏者であるチャーリーパーカーからご紹介していきます。ジャズサックスを語る上で彼の名前が出てこない事はまずないでしょう。天才的な感覚の持ち主で、その演奏力は郡を抜いています。彼が奏でるフレーズはもはや伝説級になっています。
Charlieparker
引用: http://100sax.com/wp-content/uploads/2013/05/CharlieParker.jpg
チャーリーパーカーが活躍していたのは1940年代です。彼はその当時麻薬やお酒に溺れなんと1955年に34歳という若さでこの世を去ってしまいます。現代のジャズサックス界においても彼の影響を受けた人は多く、間違いなく彼がジャズサックス界を牽引してた事は間違いありません。

おすすめのジャズサックスプレイヤー:チャーリーパーカーの代表曲

こちらのConfirmationという曲がcharlie parkerの代表曲といってもいいでしょう。とても繊細な演奏力に力強さもあってカッコイイですよね。このようなサックス奏者が現代に現れたとしても、大注目を浴びていたこと間違いありませんね。charlie parkerが亡くなった後に出てきたサックス奏者の中で、パーカーに似ていると言われた人は多くいました。それだけ影響力の強いサックス奏者なわけです。
こちらもパーカーの代表曲です。こちらの曲はいきなりパーカーのアドリブから入るというパーカーの遊び心がある曲になっています。アドリブでこんなにすごい演奏ができるなんてやはりパーカーは天才と思わせてくれますね。他にもたくさんチャーリーパーカーの曲は多く存在します。どの曲を聴いてもパーカーはすごいと思わせてくれるのでハズレ曲というものが存在しません。おすすめのサックスプレイヤーです。是非みなさんも聴いてみてくださいね

関連記事

おすすめのジャズサックスプレイヤー② John Coltrane(ジョン・コルトレーン)【テナー・男性】

92e8556fb376c6412b61162d222eddc5b6e74591.88.2.9.2
引用: http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/92e8556fb376c6412b61162d222eddc5b6e74591.88.2.9.2.jpeg
こちらも伝説級のカリスマサックスプレイヤーである、ジョンコルトレーン。1950年代に活躍し、1967年になくなっていますが、現代でもコルトレーンに魅了され続けている人は多いのではないでしょうか?彼のジャズサックスには感性をすごく感じ、自分を全面に押し出してくるような演奏が特徴的です。コルトレーンのレコーディングは本当に聞き手を想像してレコーディングをしているという感じが全くなく、自分の音楽の高みを常に目指したような曲が多いです。妥協などは一切感じることなく、常に挑戦実験のようなサウンドを作り出しているというイメージです。そんなコルトレーンだからこそジャズサックスにカリスマ性がにじみ出ているのでしょうね。
7e407471f82f1f1fd9b5b61df37293f3 770x462
引用: https://www.udiscovermusic.jp/wp-content/uploads/2018/06/7e407471f82f1f1fd9b5b61df37293f3-770x462.jpg
現代でもCDは多く発売されています。是非みなさんもレコードショップに足を運んでみてはいかがでしょうか?ジャズサックスを聴いてみたいという人は、ジョーンコルトレーンは外せない存在だとおもいます。

おすすめのジャズサックスプレイヤー:コルトレーンの代表曲

こちらはジョンコルトレーンの代表曲でブルートレインという曲です。ブルーノートというレーベルから出された唯一の曲でテナーの心地よいサウンドが特徴的ですが、バック奏者も有名な人が多いので是非そちらも注目してほしい曲です。ジャズサックスとバック奏者が相互に引き立てあう音色をお楽しみください。
テナーサックスの探求者ジョン・コルトレーンがハードバップの名門レーベル、ブルーノートレコードに残した唯一のリーダー作。モードに移行する前のコルトレーンが、リズムセクションにマイルス・デイビスカルテットの仲間、ポール・チェンバース(ベース)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラムス)、同郷のケニー・ドリュー(ピアノ)を迎え、リー・モーガン(トランペット)、カーティス・フラー(トロンボーン)とフロントラインを形成する。  上り坂にある若いミュージシャン達が果たした、一期一会のハードブローイングセッションだ。主役のコルトレーン(当時はセロニアス・モンクカルテットのメンバー)は、タイトなリズムセクションにプッシュされビパッシュなフレーズを連発する。シーツ!・オブ・サウンドの原点がここにある。典型的なハードバッパーであるリー・モーガン(まだ19歳)が撒き散らすトランペットの炸裂音にも耳を奪われる。

ジャイアントステップもコルトレーンの代表曲です。この曲を聞くと、コルトレーンが常にサックスの探究者だなと言うことがわかる曲になっています。是非一度は聞いて欲しい曲です。

おすすめのジャズサックスプレイヤー③Johnny Griffin【テナー・男性】

9047116685 72be06157b b
引用: https://c1.staticflickr.com/6/5484/9047116685_72be06157b_b.jpg
続いてご紹介するのはジョニーグリフィンとよばれるジャズサックス奏者です。グリフィンのしっとりとした緩やかに仕上げられている曲ハッシャバイはとても有名で、多くの人を魅了しました。グリフィンのジャズサックスは豪快でテンポの速い曲を演奏することが有名ですが、ハッシャバイはとてもしっとりとしています。
こちらがそのハッシャバイと言う曲です。
ジョニーグリフィンは豪快でスピード感のある演奏が特徴的です。それがわかる動画がこちらの動画になります。一度ご覧になってみてください。

おすすめのジャズサックスプレイヤー④キャンディ・ダルファー【アルト・テナー・女性】

Special candy2
引用: http://rittor-music.jp/wp-content/uploads/2014/04/special_candy2.jpg
次に女性のジャズサックス奏者をご紹介します。現代におけるサックス奏者で最も活躍が目立っている女性はキャンディダルファーさんでしょう。力強いサウンドと、ポップな華麗さも感じてファンキーな感じが人々を魅了しています。ジャズサックスのテクニックもものすごく、女性のサックス奏者を語る上では欠かせない存在です。是非彼女の曲を一度聞いてみてください。

おすすめのジャズサックスプレイヤー⑤小林香織【テナー・女性】

%e5%b0%8f%e6%9e%97%e9%a6%99%e7%b9%94%e3%81%95%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%82%af%e3%83%b3%e9%ad%9a%e8%82%89%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%8b%e3%82%89%e9%a8%92%e3%81%8e 1
引用: https://chanare.com/wp-content/uploads/2017/07/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%A6%99%E7%B9%94%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%AF%E3%83%B3%E9%AD%9A%E8%82%89%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%8B%E3%82%89%E9%A8%92%E3%81%8E-1.jpg
日本人でも活躍しているジャズサックス奏者がいます。それはこちらの小林香織さんです。とても上手で思わず聞き入ってしまうような演奏力を持っています。力強いサウンドも繊細なサウンドも耳を突き抜けていくようなキレイさがあってとても良いです。小林香織さんのジャズサックスは本当に上手くカッコいいです。

おすすめのジャズサックスプレイヤー⑥ミンディ・エイベア【アルト・女性】

55141
引用: https://tower.jp/images/41/55141.jpg
ミンディエイベアさんはアメリカ生まれのジャズサックスプレイヤーです。彼女の曲を最初聞いた時はとてもサスティン、音の伸びが良いなと感じました。肺活量があるので、彼女独特のサウンドを作り出しているように感じます。とってもカッコいいので是非皆さんも一度聴いてみてください

関連記事

おすすめのジャズサックスプレイヤー!【男性・女性・アルト・テナー】:まとめ

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%b9 thumb 1482x1111 7764
引用: http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/assets_c/2017/07/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9-thumb-1482x1111-7764.jpg
いかがでしたでしょうか?数々のサックス奏者をご紹介しました。男性・女性・アルト・テナーの奏者をご紹介しました。ジャズサックスはアドリブが基本となっているので奏者によって本当に色があって面白いですよね。聴いてて飽きないです。ジャズサックスに興味がある人は是非今回ご紹介したサックス奏者を一度聴いてみてくださいね
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/assets_c/2017/07/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B9-thumb-1482x1111-7764.jpg