Gjjwzepl4tritjkgnkpf

ファッション

CATEGORY | ファッション

髪色は赤系に挑戦!市販ヘアカラーやアレンジ髪色を紹介【暗め・明るめ】

2019.03.20

髪色を赤に染める、実は結構勇気のいることかもしれません。日本人の主流な髪色は黒か茶色、これが赤に挑戦するのだからなかなかのチャレンジですよね。しかしそんなチャレンジャーなあなたを応援するかのような市販のヘアカラーがありますよ!

  1. はじめに:赤の髪色ってカッコ良い!でも少し勇気がいる色ではある…。
  2. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】市販のメリット:安いので失敗を恐れず染められる
  3. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】市販のメリット:自分で明るめ、暗めを調節できる
  4. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】市販のデメリット:クオリティとカラーの幅は美容院のカラーには勝てない。
  5. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】メッシュが入れたい方は断然市販!そのワケは?
  6. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】おすすめ市販ヘアカラー:Liese_メンズ泡カラー_スタイリッシュロゼ
  7. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】おすすめ市販ヘアカラー:MOTE_WAXシリーズ
  8. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】おすすめ市販ヘアカラー:emajinyシリーズ
  9. 【ブリーチなしでも赤い髪色再現!?】おすすめ市販ヘアカラー:マニックパニックシリーズ
  10. 番外編:マニックパニック独自のアレンジ髪色紹介!
  11. まとめ:赤の髪色はメンズを引き立てるカッコ良いカラー!是非一度お試しを!
B013666337 271 361
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/63/37/B013666337/B013666337_271-361.jpg
B015163079 154 205
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/30/79/B015163079/B015163079_154-205.jpg
赤の髪色って非常にカッコ良いですよね。たまに街中で見かけると、そのカッコ良さに思わず振り向いたり、二度見してしまったり、一度は経験があるのではないかと思われます。やっぱりメンズの赤系の髪色は明るめ、暗め問わず人気があるものなので、女性ウケも高いかと思われます。しかしいざ自分がやるとなると、これが結構勇気がいるんですよね。「似合わなかったらどうしよう」「赤色になった自分が想像できない」なんて方も多いでしょう。そこでやはり失敗しても良いように市販のヘアカラーを使って染めるのが吉かと思われます。
Medium
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.cosmic/production/imgs/images/000/082/062/medium.jpg?1513646782
Gv0ooyzfgnhwvvukzlgz
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1517733599/gv0ooyzfgnhwvvukzlgz.jpg
では市販でやるメリットから紹介していきましょう。まず第一に市販の特権はその安さですね。ヘアカラーの相場は結構ピンキリですが、どんなに高くても3000円程度でしょう。この金額というのは美容院でカラーを行った場合のおよそ3分の1、つまり2回失敗してもそこまでの金額にはならないのです。しかも3000円台のヘアカラーは基本的に1回で使いきる物ではないので、実は一回あたりのカラー金額は1000~2000円程度に収まっているのです。メッシュにしたい、なんて方は使う量が少ないので、もっと説y苦になりますね。メンズのヘアカラーは色も結構入りやすいので、こうした安さという観点からは非常におすすめできます。
Hfg 225x300
引用: https://smartlog-stat2.imgix.net/wp-content/uploads/2015/05/50289910/hfg-225x300.jpg?w=225&h=300&auto=compress&q=35
1f0bf319ab4449ea3d359b9b7a94c406 225x300
引用: https://matakuhair.net/wp-content/uploads/2018/02/1f0bf319ab4449ea3d359b9b7a94c406-225x300.jpg
美容院でカラーを頼み、「明るめでお願いします」といって完成版を見たとき、「明るすぎた…」なんて経験をしている方、実は結構います。暗めでオーダーした時も同じような場面が結構あり、自分では調節できない、というのは実は結構ネックなのです。しかし市販とあらば自分で染め時間を調節し、また自分で目視で染まり具合を見ながら進められるので、自分の好みの色に仕立て上げることが可能です。明るめ、暗めは基本的に放置時間によって決まるので、時間を測りながらでも、染まり具合を見ながらでも、調節してみてください。
Miyazakida1
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2016/01/miyazakida1.jpg
Tyeri5 thumb autox1067 5889
引用: https://mens-hairstyle.jp/lipps_omotesando/assets_c/2016/01/tyeri5-thumb-autox1067-5889.jpg
市販のヘアカラーはメリットだらけに見えますが、それでは美容院のカラーの立つ瀬がありません。やはりクオリティで美容院に勝てるとは思わないようにしましょう。素人が行うのですから、色ムラが発生することは当然です。美容院では基本このようなことは起こりません。このようなクオリティの違いはどうしても美容院に軍配が上がりますね。また色の調節は利きませんが、色の自在さに関してはやはり美容院は秀逸です。同じ赤の髪色をとっても非常にたくさんの種類があります。そしてそれを忠実に再現してくれるので、カラーの幅が利かせられるのは美容院、ということも頭に入れておきましょう。
1 / 3