Xaot0fiq0rqkojailh1f

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

俳句の作り方!初心者におすすめのコツとは?小学生・中学生でも簡単!

2018.09.11

俳句は皆さん作ったことがありますか?俳句の作り方は小学校や中学校の授業などでも習うのですが、初心者には難しいイメージがあるかと思います。しかし、実は初心者におすすめの俳句の作り方は存在します。初心者におすすめの俳句の作り方や季語の使い方のコツをご紹介します。

目次

  1. 俳句の作り方にはコツがある!
  2. 初心者の方におすすめの俳句の作り方・コツ① 5・7・5を守る
  3. 初心者の方におすすめの俳句の作り方・コツ② 季語の使い方 
  4. 初心者の方におすすめの俳句の作り方・コツ③ 自然の雰囲気を中心に
  5. 小学生や中学生でも使いやすい季語はこちら!
  6. 【まとめ】俳句を作って気持ちを表す
Mmt.160819 2
引用: https://img.dmenumedia.jp/mamatenna/wp-content/uploads/2016/08/mmt.160819_2.jpg
Course card10
引用: https://lms.gacco.org/c4x/gacco/ga007/asset/course_card10.jpg

俳句は小学生や中学生の国語の時間で習うことが多いですよね。昔の人も俳句を詠んで楽しんでいたと言われているほどで、昔から馴染みのある習慣でもあります。しかし、初心者の方からするとやや俳句は難しいイメージがありますよね。今回はそのような俳句の作り方のコツについてご紹介したいと思います。

Fm100 l 1
引用: https://ikujira.com/wp-content/uploads/2016/03/FM100_L-1.jpg

まず最初は俳句の作り方・コツについて3点ご紹介します。まず最初に挙げられるのが5・7・5を守るという点です。これは多くの方がご存知のように俳句のルールとして5・7・5の計17字のルールで作るのですが、字余りなどや字足らずという技もあります。これは気持ちやその光景をより強く印象づけたいときに使うのですが、初心者が使うと失敗しやすいです。そのため、できればこの17字のルール内で作るのが好ましいです。

362
引用: http://higoan.jp/gift/wp-content/uploads/2016/09/362.jpg

次にご紹介するコツは季語の使い方です。季語と言えば俳句で最も大切な部分ですよね。季語を上手に使うことによっていい作品はやはり生まれやすいのですが、良い作品と言うだけでなく、上手な季語の使い方ができると相手にもイメージさせやすいです。そのため、俳句を作るときは季語もしっかりと意識しましょう。季語のレパートリーをたくさん持っていると上手な俳句はかなり作りやすいです。

Img main travel
引用: https://www.hotel.kyoto/okura/wp-content/themes/hotel_okura_2018_template/img/travel/img_main_travel.png

次にご紹介する俳句の作り方のコツは自然の雰囲気をしっかりと入れるです。というのも、俳句や川柳でもそうですが、人物・人事を中心にしたり、風景や景色を中心にする人がいます。俳句はこの中では景色・季語といった季節感を感じられるような自然の描写にスポットを当てると良い作品になりやすいです。夏なら夏の風景・春なら春を感じる雰囲気をしっかりと季語と共に入れましょう。

関連記事

Iro 01
引用: https://watsunagi.jp/wp-content/uploads/2018/03/iro_01.jpg

俳句の作り方のコツについてご紹介しましたが、次は実際に小学生や中学生・初心者の方でも使いやすいおすすめの季語について簡単にご紹介したいと思います。途中でもご紹介しましたが、この季語を知っているだけでも日常での季節の感じ方が変わると共に、俳句を作るときにその時のイメージをより鮮明に作りやすいのでぜひご参考いただけたらと思います。

1 / 2