2018年10月03日 UPDATE

ウォーキング1時間のダイエット効果やカロリー消費量は?【毎日継続するコツ】

1時間ウォーキングをしたときのダイエット効果、消費カロリーって気になりませんか?炎天下、激しい湿気、とてもじゃないですが走るのには厳しい環境、といった時期には無理せずウォーキングをされる方が多いのです。1時間ウォーキングでダイエット効果は如何ほどでしょうか?

目次

  1. はじめに:ウォーキングで無理せずダイエット!どのくらい効果があるの?
  2. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】そもそもウォーキングってなに?
  3. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】カロリー消費はどのくらいなの?
  4. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】何故太っている人ほど痩せやすい?
  5. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】毎日継続した方が良いの?
  6. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】継続のコツ、秘訣は?
  7. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキングアプリを使ってモチベーションの向上も。
  8. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキングに慣れてきたら…。
  9. 【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキング必需品を揃える!
  10. まとめ:ウォーキングは1時間でもダイエット効果アリ!毎日ないし頻度高めに継続するのがコツ!

はじめに:ウォーキングで無理せずダイエット!どのくらい効果があるの?

2015y06m03d 220403603
引用: https://walking-walk.com/wp-content/uploads/2015/06/2015y06m03d_220403603.jpg
11014026991
引用: https://cdn.amanaimages.com/preview640/11014026991.jpg
今年の夏は非常に厳しい暑さに見舞われました。それは現在も進行形ですが、度重なる猛暑、高すぎる湿度、とても運動に適した気候とは言えない日々が続いていました。そんな時に無理に運動をすると倒れてしまうというところで、ウォーキングをする方が多くなりました。運動効果はジョギングなどよりかは落ちますが、身体に負担がかかりにくいうえに、倒れる心配も低くなります。しかしそこで気になってくるのは効果薄になったウォーキングはどれほどの運動効果をもっているのか、カロリー消費はどのくらいなのか、詳しく見ていきましょう。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】そもそもウォーキングってなに?

Running01
引用: http://style.irobot-jp.com/wp-content/uploads/2016/05/running01.jpg
20170302 2
引用: http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017ima/20170302-2.jpg
当記事を見ていただいている方の大部分は分かっているとは思いますが、まずは「ウォーキングとは何なのか」ということについてですね。ウォーキング、つまり歩くことによって運動をすることですね。勿論闇雲に歩けば良いというわけではありません、それではただの歩行ですからね。基本的にはしっかり腕などもリズム良く振ることによって全身を使っている感覚を生みだすこと、またリズム良く、テンポ良く歩くことによって運動の間隔を忘れないこと、主にここに気を付けていればウォーキングになっていきます。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】カロリー消費はどのくらいなの?

Pixta 24691224 l
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/7/0/0/7/9/201707101302/pixta_24691224_L.jpg
Shutterstock 226560094
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2015/09/shutterstock_226560094.jpg
さて、気になるカロリー消費に関してですね。おそらく皆様の予想している通りなのですが、ウォーキングのスピードによってカロリー消費は変わってくるので、実は明確な指標ってないんですよね。あくまで平均値で表すとするならば、大体1時間のウォーキングで【150~350kcal】の消費が見込めます。なぜこんなにも振れ幅があるのか、それはこのカロリー消費量、実は【体重が重い人ほど消費量が大きいです】。例えば体重50kgの男性と体重60kgの男性を比べてみますが、前者は1時間で消費量は【約158kcal】、後者は1時間の消費量が【約189kcal】と、微々たる差ですが、ダイエット効果は少しばかり値が違ってきます。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】何故太っている人ほど痩せやすい?

Https%3a%2f%2fimgix proxy.n8s.jp%2fcontent%2fpic%2f20170202%2f96958a9f889de3e0e3e2ebe5e5e2e0e7e2e3e0e2e3e5e2e2e2e2e2e2 dsxzzo1210987025012017000000 pb1 14.jpg?auto=format%2ccompress&ch=width%2cdpr&crop=focalpoint&fit=crop&fp x=0.5&fp y=0.5&h=433&ixlib=php 1.1
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20170202%2F96958A9F889DE3E0E3E2EBE5E5E2E0E7E2E3E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1210987025012017000000-PB1-14.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=cffc7dec3cfd8fda76d68306ba809e02
Img main
引用: https://www.taisho-direct.jp/pages/special_tmp/exercise/fitness/walking_resources/img/img-main.jpg
さて、前章で少し触れましたが、何故太っている方の方がカロリー消費が大きいのでしょうか。しかもこの値はウォーキングのスピード、時間、距離などを全て合わせての値です。何故こんなにも差が生じるのか、それは【筋肉量の違い】です。「いや、痩せていても筋肉が多い人はいるよ?」と思っているでしょう。勿論その通りですが、実は体重が重い人って、【体重を支えるために自然と筋肉がついていくのです】。筋肉量が多い人ほど代謝が良くなって痩せやすい、というのはご存知でしょう。このことから太っている方ほどダイエットの指標であるカロリー消費が大きい、そしてそれはウォーキングも例外ではない、ということですね。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】毎日継続した方が良いの?

Playing21 1 01
引用: http://hawaiing.com/wp-content/uploads/2013/09/playing21-1_01.jpg
Pho running walking
引用: http://www.enospa.jp/img/program/pho_running_walking.jpg
ウォーキングって実はコツなんてものはないですし、継続で着る方は恐らく相当な長時間継続させることができます。そんなウォーキングですが、「毎日やった方が良いの?」なんて意見をよく耳にします。これについての回答ですが、「身体の状態によります」。例えば久しぶりの運動だったから次の日筋肉痛になってしまった、なんて場合は、必ず休むようにしてください。筋肉痛の期間は筋繊維が切れ、新しい繊維を構築し、筋肉がついていっている期間です。ダイエットとはいえ無理に運動をするのは危険なので、やめましょう。筋肉痛と相談して、毎日できるようならやる、毎日は厳しいようなら1日おきにやる、など自己管理をしっかりしましょうね。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】継続のコツ、秘訣は?

News walking 02
引用: https://fuminners.jp/wp-content/uploads/2018/01/news_walking_02.jpg
Img 2494
引用: http://www.pro-walkingcoach.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2494.jpg
「ウォーキングって手軽にできるけどつまらない」「ただ歩いているだけだから、継続しにくい」こんな声をよく耳にしますね。確かにウォーキングは目だったコツなどは一切ありませんが、それ故に結構単調です。毎日ないし頻繁に継続させるためのコツってあるのでしょうか。それは【モチベーション】です。ウォーキングは大体の方がダイエットのために行っているかと思いますが、そのダイエットは何のために行っているのでしょうか。モテるため?着たい服を着るため?それが全てモチベーションにつながってきます。ダイエットして”したいこと”を強くイメージしながら取り組むと継続しやすいですよ。簡単なことですが、これが継続のコツです。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキングアプリを使ってモチベーションの向上も。

Alkoo spot
引用: http://mhealthwatch.jp/wp-content/uploads/2015/04/alkoo_spot.jpg
366626332
引用: http://www.pbweb.jp/media/2015/06/366626332.jpg
これは人間の習性ですが、何事も目で見る情報が正しいと思いこみがちです。それと同じように、何事も目で見えるようになっていると意欲が高まります。そこでおすすめするのがウォーキングアプリです。毎日の記録が可視化されるようになりますので、どれだけ頑張ってきたか、どれだけ継続してきたかを目で確認することができます。こうした記録もモチベーションにつながりますし、何よりデータとして自分の身体のことを分析しやすくなるので、ダイエットの効果に影響を及ぼすかもしれません。1時間を測れるタイマーが付いていることもあるので、便利ですよ。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキングに慣れてきたら…。

141122longwalk w960
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2014/11/141122longwalk-w960.jpg
11004104097
引用: https://cdn.amanaimages.com/preview640/11004104097.jpg
「ウォーキングに慣れてきて、あまり疲れなくなってきた!」それは良いことですが、しかし現状を維持するのは得策ではありません。カロリー消費に関しても筋肉の増加に関しても、基本身体を疲労状態にもっていくことがベストとなります。なので、ウォーキングに慣れてきたと感じたら、コースを変える、速度を速める、少し時間を伸ばすなど、少しずつ進展させるようにしていくのが効果を実感できるコツです。毎日同じコースじゃ飽きてしまう、なんて方も多いでしょうし、何かと変化をつけて取り組むのは良いことですよ。

【1時間のウォーキングでダイエット効果は?】ウォーキング必需品を揃える!

As605bm10058 1 l
引用: https://sc3.locondo.jp/contents/commodity/shop/SALP0482D/commodity/AS/AS605BM10058_1_l.jpg
Trend 20170828132003
引用: https://www.j-cast.com/trend/images/2017/08/trend_20170828132003.jpg
ウォーキングをするうえでここだけは蔑ろにしてはいけない点があります。それは【シューズ】です。シューズにこだわることはウォーキングを充実させることに他なりません。安いシューズ、劣悪なシューズを履いて続けていると、あなたの実力以上に疲労が早くなってしまって、実力を発揮できないなどの悪い要素が起こってきます。毎日のように続けることですから、せっかくなら良いものを、足にあったものを履いて取り組むようにしましょう。おすすめは【ランニングシューズ】です。軽量で踏み心地も心地良いので、長くウォーキングをしても疲れにくくなりますよ。

まとめ:ウォーキングは1時間でもダイエット効果アリ!毎日ないし頻度高めに継続するのがコツ!

ウォーキングを1時間したときのカロリー消費量、そして毎日継続させるためのコツ、モチベーションアップ法など色々なことについて紹介させていただきました。ウォーキングは誰でもできる手軽な運動です。しかし手を抜いてはいけません、立派な運動で、きちんとダイエットに貢献してくれます。そのため、モチベーションなどは常に高くもち、意欲的に取り組みましょう。楽しく取り組んで、結果がきちんと実感できるような状態にしてやれば、きっと結果はついてきますよ。
3
引用: https://d15no6vzq701ao.cloudfront.net/image/production/acp/3000001519/pln3000003576/3.jpg
Ddffeffe7e73680037ea17026967edb1 s 1
引用: https://borntobebeauty.com/wp-content/uploads/ddffeffe7e73680037ea17026967edb1_s-1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://walking-walk.com/wp-content/uploads/2015/06/2015y06m03d_220403603.jpg